3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

始める前に知っておきたい!メルカリ・ラクマ・フリル・ヤフオクの取引の流れとは?

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170628155104j:plain

 

 

こんにちは!ころたんです。

フリマアプリやオークションサイトでは基本は個人同士のやりとりとなります。

私も始める前は顔を見たこともない人とやりとりすることに不安がありました。

これがネックになって始めるのをためらっている方もいるんじゃないかなと思います。


私も最初友達がメルカリでものを買っていると聞いた時、

「大丈夫なの?お金を払うのとか怖くないの?」
と聞いてしまいましたが、友達は
「全然大丈夫だよ~。間に運営会社が入ってくれるし」

と言っていました。


その時はそんなにフリマアプリに興味がなかったので「ふーん」程度に聞いていましたが、その後フリマアプリやオークションを始めることになった時、「運営会社が間に入る」の意味を知り安心したのを覚えています。


以前の私のようにメルカリ、ラクマ、フリル、ヤフオクの取引の流れや仕組みを知らないと、なかなか始めるのが怖いという方もいるかと思いますので、フリマアプリやヤフオクの取引の流れについて書いてみたいと思います!



フリマアプリ・ヤフオクの取引の流れ

フリマアプリ(メルカリ・ラクマ・フリル)の場合


フリマアプリの取引の流れは下記となっています。

①出品した商品が売れる
     ↓
②購入者が運営会社(メルカリなど)に代金を支払う
     ↓
③購入者が代金を支払ったことを、運営会社が出品者に通知する
     ↓
④出品者が購入者に商品を発送する
     ↓
⑤商品が届いたら購入者が出品者の評価をつける
(とても良い・良い・悪いなど)
     ↓
出品者が購入者の評価をつける
(とても良い・良い・悪いなど)
     ↓
⑦お互いの評価をつけあったことを確認した上で、運営会社が預かっていた商品代金を出品者に振り込む



以上がフリマアプリの取引の流れです!

お金のやりとりを個人同士で行わず、運営会社が支払い代金の確認・代金を預かってくれるので安心なのです。


ですがもし、購入者が代金を支払ったのに出品者がずっと商品を発送しないだとか、売れたのに購入者がずっと代金を支払わないだとか、そういうことがあったとしても運営会社が取引のキャンセルや代金の返金を行ってくれるのでそれも安心です。


また、購入者に確実に商品が届いているのに一向に評価をつけてくれない場合でも、運営会社に連絡を入れれば状況を確認した上で評価・代金の振込も行ってくれます。


ヤフオクの場合


ヤフオクも①で紹介したフリマアプリと取引の流れは基本的には同じですが、支払い通知・振込みの確認という点で少しフリマアプリとは異なります。

ちなみにヤフオクの場合は購入者のことを落札者と呼ぶのでここでも呼び方を変えさせていただきます。


①出品した商品が売れる
     ↓
②落札者が代金を支払う
     ↓
③落札者が代金を支払ったことを、落札者自身が出品者に通知する
     ↓
④出品者は代金が自分の口座にきちんと振り込まれているかを確認する
     ↓
⑤出品者が落札者に商品を発送する
     ↓
⑥商品が届いたら落札者が出品者の評価をつける
(非常に良い・良い・どちらでもない・悪い・非常に悪い)
     ↓
出品者が落札者の評価をつける
(非常に良い・良い・どちらでもない・悪い・非常に悪い)



以上がヤフオクの取引の流れとなります。


ヤフオクは独自の作業があり、フリマアプリと支払い方法が一部異なるので注意!

 

ヤフオクの場合、支払い方法がフリマアプリ(メルカリ・ラクマ・フリル)とは異なり、下記の作業が発生します。

 

《ヤフオク独自の作業》
・支払いが完了したら落札者自身が出品者に支払い通知をする
・出品者自身で振り込みを確認する



また、ヤフオクでは購入者が代金の支払いをする際、どのような方法で商品代金を支払うかを出品者自身が下記から選べます

 

(1)Yahoo!かんたん決済
落札者がクレジットカードまたは銀行口座・ATM、コンビニなどで代金を支払うことができます。

落札者が支払った代金はヤフオクを経由して出品者の登録口座に代金が支払われるため、落札者・出品共に口座番号を開示せずにヤフオクを経由して代金のやりとりができます。


(2)銀行振込
出品者の銀行口座を落札者に開示して、直接出品者の口座に振り込んでもらう支払い方法です。

 

ヤフオクの場合、どちらの支払い方法もすぐに自分の口座に商品代金が振り込まれる仕組みになっています。

そのためフリマアプリのように「1万円以上でないと手数料無料で振込申請ができない」ということはないのです。


ですが2つの支払い方法に共通する注意点として、落札者からの支払い通知が来たら必ず出品者は自分で口座に振り込みを確認する必要があります。

理由としてはヤフオクのシステム上、落札者が支払った代金が商品代金と一致していなくても落札者が出品者に支払い通知を送ることができてしまうからです。

(私は実際にヤフオクで代金が不足しているのに落札者から支払い完了の通知が着たことがあります)

 

つまり、出品者が自分の口座に振り込まれた代金を確認する前に商品を発送してしまうと、「代金が足りない!」というトラブルにつながる恐れがあるのです。

ヤフオクで商品を出品する際は振込確認を忘れないように気をつけてくださいね。



以上がフリマアプリ・ヤフオクの取引の流れ・仕組みについてでした!

ヤフオクだけは支払い方法がやや特殊ですが、他の部分では基本的には取引の流れは同じとなっています。

いずれにしてもフリマアプリもヤフオク(Yahoo!かんたん決済のみ)も代金の面で運営会社を挟むことができるので安心です♪

フリマアプリ・ヤフオクの取引の流れをしっかり把握した上で利用するようにしてくださいね!