メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

メルカリでキャンセルをしたい!返金方法や使ったポイントは戻ってくる?

スポンサーリンク

メルカリでキャンセルをしたい!返金方法や使ったポイントは戻ってくる?

「メルカリで商品を購入したけど、なんらかの理由で取引がキャンセルとなってしまった場合、既に商品代金を支払っていたらそのお金は戻ってくるのか?」


このケースの場合、購入者さんからしたら既に支払ってしまった商品代金のことがとても心配になってしまうと思います。


既に支払ってしまった商品代金はどうなるのか?返金が可能な場合どんな方法で返金されるのか?など、取引キャンセル後の商品代金について詳しく解説していきたいと思います!

メルカリでの購入者都合のキャンセル方法とは?

まずはメルカリで購入後にキャンセルをしたい場合は、下記の記事で詳しく紹介していますので、こちらを参考にしてください。

  

www.colotanblog.com

 

購入者さんがキャンセルしたい場合の方法となっていますので、まずはこちらからキャンセルの方法や流れを読んでいただき、下の紹介している返金方法などへ進みましょう。

メルカリでキャンセルになっても商品代金は戻ってくる?

メルカリで商品を購入したものの、下記のようななんらかの理由で取引がキャンセルとなってしまうケースがあると思います。

メルカリで取引がキャンセルになる例

メルカリで開始した取引がキャンセルとなる場合は、下記のケースがあります。 

 

・購入者から「商品の購入をキャンセルしたい」と申し出た
出品者が発送期限を過ぎても発送してくれない
商品の欠品・商品の破損が発覚し、代替商品を用意できないため出品者から取引のキャンセルのお願いされた

 

 これらの理由で購入後のキャンセルが発生してしまう場合があります。

 

購入後でも商品代金は購入者へ戻る

この場合、取引のキャンセルは可能ですが既に購入者が商品代金を支払っていた場合、その商品代金はきちんと戻ってくるのか不安になってしまいますが、商品代金は戻ってくるので安心してください。

ただし、商品代金が戻る条件があります。 

受け取り評価前でないと商品代金は戻らない

キャンセル後に商品代金が戻る条件として、受け取り評価前であることが前提となります。

 

メルカリでは受け取り評価をしていない限り、取引のキャンセルや返品をすることができるルールとなっています。

そのため、受け取り評価前であれば事務局が取引のキャンセルを確認次第、購入者に商品代金を返金してくれるようになっているのです。

メルカリでは支払い方法により返金対応が異なる

メルカリでは支払い完了後に取引のキャンセルを行なった場合でも、支払った代金は購入者に返金されるようになっています。

ただし、支払い方法によって返金内容が異なるのでご注意ください。

クレジットカード支払い

取引キャンセルと同時に、決済取り消し処理を行われます。 
※商品代金の請求は発生いたしません
※取引キャンセルのタイミングによっては商品代金が引き落とされた後、翌月以降にカード会社から返金される場合もあります
①デビットカード/プリペイドカードで支払いの場合

一時的に二重の引き落としが発生する可能性があります。

詳細はクレジットカード会社のご利用明細を確認する必要があります。

②Apple Payで支払いの場合

Apple Payでご利用いただいたクレジットカード会社からの返金となります。

詳細はクレジットカード会社のご利用明細を確認する必要があります。

メルペイ電子マネー利用の場合はメルペイ残高またはポイントに返金されます。

コンビニ/ATM支払い

決済手数料もあわせて購入者に売上金として返金

dケータイ払いプラス(ドコモ)・anかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い

購入日時とキャンセル日時によって返却方法が異なるため、利用明細を確認ください

売上金で支払った場合

購入者に売上金として返金

ポイントで支払った場合

購入者にポイントで返金

メルカリ月イチ払い

・支払い前:支払い金額からキャンセル分を減額される

・支払い後:キャンセル分を売上金として返却される

 

※取引キャンセルのタイミングによっては、クレジットカード決済・キャリア決済の請求が確定しているため、取り消しの相殺、もしくは取り消しを行えない場合は別途返金方法について案内がされることもあります。

メルカリで利用したポイントはいつ戻る?

メルカリの購入時に、ポイントを利用して購入することもあるでしょう。

 

上でもご紹介した通り、購入時にポイントで支払った場合はポイントで返金がされます。

 

そのポイントの返金のタイミングは、事務局がキャンセル依頼を確認し取引キャンセルの手続きを行い、キャンセル処理が完了した時となります。

 

事務局へキャンセル依頼をすると、だいたい3〜7日程度キャンセル完了までに時間がかかります。

 

そのため、利用したポイント返還もだいたい3〜7日程度かかると思っておいたほうがいいでしょう。

 

また、キャンセル完了となると事務局から通知やメールも来ますので、ポイントも戻っているかを確認をしましょう。

利用したポイントが期間限定ポイントの場合は?

ここで疑問なのが、利用したポイントが期間限定ポイントだった場合ですよね。

 

例えば、購入時にポイントの有効期限がその日までだった場合、ポイントが返還されたタイミングでは期限が切れてしまっています。

 

「その場合はポイントは戻らないのか?」と不安になってしまいますが、期間限定ポイントでもポイントは返還されます。

 

ただし、取引中にポイントの有効期限が切れた場合は、取引キャンセルした日から5日間有効期限が延長された状態でポイントが戻ります。

 

有効期限は短いので、この返還ポイントも早めに利用するようにしましょう。

※注意 受け取り評価後は返金不可!

上で挙げたとおり、返金方法については支払い方法により異なります。

ですが全ての支払い方法で共通して言えることは「購入者が受け取り評価をしてしまうと返金は一切できない」ということです。

受け取り評価をするということは「商品を無事に受け取り、返品やキャンセルを希望せず取引を無事に終える」ということなのです。

つまり、受け取り評価をしてしまうと「この取引を終了する」ということになるため、受け取り評価完了後すぐに事務局で預かっていた商品代金が出品者に支払われてしまいます。

出品者に商品代金が渡ってしまうと、その後はどんな理由があろうと事務局は一切キャンセル・返金手続きをしてくれないので、返金が必要となる場合は受け取り評価をしないようにしましょう。

 

購入後のキャンセルはなるべく起こさないように!

以上が取引キャンセル後の商品代金についてでした!

「商品を購入したけどやっぱりキャンセルしたい。だけどもう商品代金を払っちゃったからな・・・」と思って無理に取引をしなくても、キャンセルを申し出て出品者が了承をすれば、キャンセル完了後にしっかり商品代金は返金されますので安心してください。

ですが、基本的には商品購入後のキャンセルはマナー違反です。

 

そのため、今回ご紹介したキャンセル後の返金については、どうしてもキャンセルせざるを得ない理由がある場合のみ、活用するようにしてください。

 

またその場合は、しっかり出品者に相談してトラブルがないようにしてくださいね。