メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

メルカリ・ラクマ・ヤフオクの取引の流れとは?始める前に知っておきたい購入〜取引完了まで!

スポンサーリンク

メルカリ・ラクマ・ヤフオクの取引の流れとは?始める前に知っておきたい購入〜取引完了まで!

メルカリやラクマ、ヤフオクでは、個人で簡単に家にある不用品を販売でき、さらにそれをいいなと思った人がいれば簡単に購入することができます。

 

つまり、基本は全て個人同士のやりとりとなります。

 

私も始める前は顔を見たこともない人とやりとりすることに不安がありました。

これがネックになって始めるのをためらっている方もいるんじゃないかなと思います。

メルカリ、ラクマ、ヤフオクの取引の流れや仕組みを知らないと、なかなか始めるのが怖いという方もいるかと思いますので、メルカリやラクマ、ヤフオクの取引の流れについて書いてみたいと思います!

メルカリ・ラクマの取引の流れ

メルカリとラクマの取引の流れは基本的には同じとなっていて、取引完了までの流れが下記となっています。 

①出品した商品が売れる
     ↓
②購入者が運営会社(メルカリなど)に代金を支払う
     ↓
③購入者が代金を支払ったことを、運営会社が出品者に通知する
     ↓
④出品者が購入者に商品を発送する
     ↓
⑤商品が届いたら購入者が出品者の評価をつける
(とても良い・良い・悪いなど)
     ↓
出品者が購入者の評価をつける
(とても良い・良い・悪いなど)
     ↓
⑦お互いの評価をつけあったことを確認した上で、運営会社が預かっていた商品代金を出品者に振り込む

メルカリとラクマはお金のやりとりに事務局が間に入ってくれるので安心

メルカリとラクマの場合は、お金のやりとりを個人同士で行わず、運営会社(メルカリ・ラクマ事務局)が支払い代金の確認・代金を預かってくれるので安心なのです。

もし、購入者が代金を支払ったのに出品者がずっと商品を発送しないだとか、売れたのに購入者がずっと代金を支払わないだとか、そういうことがあったとしても運営会社が取引のキャンセルや代金の返金を行ってくれるのでそれも安心です。

また、購入者に確実に商品が届いているのに一向に評価をつけてくれない場合でも、運営会社に連絡を入れれば状況を確認した上で取引完了の手続きや代金の振込も行ってくれます。

 

ヤフオクの取引の流れ

ヤフオクも上でで紹介したメルカリ・ラクマと取引の流れは基本的には同じですが、少し異なる部分があります。

ちなみにヤフオクの場合は購入者のことを落札者と呼ぶのでここでも呼び方を変えさせていただきます。

①出品した商品が売れる
     ↓
②落札者が代金を支払う
     ↓
③落札者が代金を支払ったことを、落札者自身が出品者に通知する
     ↓
④出品者が落札者に商品を発送する
     ↓
⑤商品が届いたら受け取り通知をし、落札者が出品者の評価をつける
(非常に良い・良い・どちらでもない・悪い・非常に悪い)
     ↓
出品者が落札者の評価をつける・後日、ヤフオクから出品者に代金が支払われる
(非常に良い・良い・どちらでもない・悪い・非常に悪い)
  

ヤフオクは受け取り評価をしなくても代金が出品者に振り込まれる

メルカリ・ラクマの場合は、商品が購入者に届いたら受け取り評価をし、出品者・購入者がお互いの評価を付け合うことで事務局が出品者に代金を支払う、という流れになっています。

 

ですが、ヤフオクの場合は、落札者が受け取り連絡・受け取り評価をしなくても、商品発送から14日後に自動で代金が出品者に振り込まれるようになっています。

 

つまり、お互いの評価をつけ合わなくても出品者に代金が支払われるようになっていて、ヤフオクは出品者・購入者共にお互いがよければ評価をつけ合わなくても良いのです。

 

実際に、私も落札者の方から「評価はいりません」と事前に言われたことがあります。

 

ですが、ヤフオクのルール上は、お互いの評価を付け合うことで取引が終了、ということになっていますので、あくまで暗黙のルールです。

 

始める前にしっかり取引完了までの流れを知っておこう

 以上がメルカリ・ラクマ・ヤフオクの取引の流れ・仕組みについてでした!

ヤフオクだけは評価をつけ合わなくても受け取り通知さえすれば代金が支払われるのでやや特殊ですが、他の部分では基本的には取引の流れは同じとなっています。

いずれにしてもメルカリもラクマもヤフオクも代金の面で運営会社を挟むことができるので安心です。

これらのサイトを始める前に取引の流れをしっかり把握しているとトラブル防止にもなるので、まずは取引完了までの流れをしっかり知っておいてくださいね。