メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

匿名配送「らくらくメルカリ便」の使い方が一発でわかる!利用方法、発送・集荷の方法などすべてを解説!

スポンサーリンク

匿名配送「らくらくメルカリ便」の使い方が一発でわかる!利用方法、発送・集荷の方法などすべてを解説!

メルカリでは匿名配送ができる配送方法が人気が高まっており、今では匿名配送が当たり前になってきています。

 

やはり「自分の住所や名前を相手に教えたくない」という個人情報を守りたいユーザーが増えていきているのもありますし、会社相手ならまだしも見知らぬ人に自分の住所や本名を教えるのはやはり抵抗があります。

 

そんな中でメルカリでは、匿名配送ができるらくらくメルカリ便ゆうゆうメルカリ便の利用が増えてきています。

 

そこで、この記事ではらくらくメルカリ便の利用方法や発送方法について詳しく解説していきたいと思います。

まずらくらくメルカリ便とは?

らくらくメルカリ便は、メルカリを利用したユーザーのみ利用できる、メルカリとヤマト運輸が提携した配送方法です。

 

特徴は下記となっています。

 

A4から160サイズまで、対応サイズが幅広い

匿名配送のため、購入者・出品者共に名前・住所を伝えなくても取引ができる

③配送時にトラブルが発生した際には、商品代金・販売利益を全額補償してもらえる

宛名書き不要

全国どこでも一律の送料で遠方への配送も格安

配達状況がいつでも確認できる

 

らくらくメルカリ便については下記の記事で詳しく書いていますので、下記も参考にしてください。


らくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便の違い

この商品出品時の配送方法を選ぶ際に「らくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便ってどう違うの?」と思う方も多いでしょう。

 

どちらの配送方法が良いのか、二つの配送方法の違いを知りたい、料金などを確認したい場合は、下記の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

 

らくらくメルカリ便の利用方法とは?

らくらくメルカリ便は出品者が商品を出品する際に設定しなければいけません。

 

その出品時の設定方法はこちらです。

 

①商品出品時に送料負担を「出品者負担」を選択

らくらくメルカリ便は送料負担を「送料込み(出品者負担)」にしないと選択できなくなっているため(着払い不可)、必ず「送料込み(出品者負担)」にしましょう。

                  ↓

②配送方法をらくらくメルカリ便を選択する

出品時に、配送方法の欄で「らくらくメルカリ便」を選択し、出品をします。

らくらくメルカリ便の二次元コードの作成方法

次に、らくらくメルカリ便の発送方法を詳しく解説していきます。

 

商品が売れて購入者の支払いが完了したら次に進みましょう。

 

(1)取引画面でファミリーマート・セブンイレブン・宅配便ロッカーPUDOから発送するなら「コンビニ・宅配便ロッカーPUDOから発送」、ヤマト運輸営業所から発送するなら「ヤマトの営業所へ持ち込んで発送」を選択

らくらくメルカリ便の発送方法

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

 

(2)「コンビニ・宅配便ロッカーPUDOから発送」をタップした場合は、「ファミリーマート」「セブンイレブン」「宅配便ロッカーPUDO」を選択

らくらくメルカリ便の発送方法2

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

(画像ではファミリーマートを選択した場合の画像となっています)

 

(3)商品のサイズを選択し品名に間違いないか確認

らくらくメルカリ便の発送方法3

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

 

この時、商品のカテゴリー「その他>その他」で出品した場合、品名が空になります。

 

また、品名が空だと2次元コードが表示できないため、必ず具体的な品名を入力しましょう。

  

(4)「配送用の2次元コードを表示する」をタッチ

 

(5) 2次元コードが表示される

 

以上の手順でらくらくメルカリ便の二次元コードを作成することができます。

 

この二次元コードは配送の際に利用するので、スクリーンショットに撮ってカメラロールに保存しておくと、配送の際にすぐに利用することができます。

らくらくメルカリ便の発送方法

二次元コードが作成できたら荷物を配送場所へ持ち込みます。

 

持ち込む場所によって操作方法が異なるので、それぞれ確認しましょう。

①ファミリーマートから発送する場合

取引画面に表示されている2次元コードをファミリーマートにあるFamiポートに読み込ませて、申込券を出力します。

 

(1)Famiポートのメニュー「配送サービス」を選択

らくらくメルカリ便・ファミリーマート

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

 

※Famiポートは、毎週月曜日午前2時30分から午前5時00分までシステムメンテナンスのため、利用不可となります。

 

(2)「らくらくメルカリ便の発送はこちら」を選択

らくらくメルカリ便・ファミリーマート2

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/


(3)取引画面に表示されている2次元コードを読み込ませる

らくらくメルカリ便・ファミリーマート3

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

 

(4)配送情報確認画面で内容を確認し「OK」を選択

らくらくメルカリ便・ファミリーマート4

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

 

この際、発送予定日の選択は出来ません。

また、ネコポスの場合にはお届け希望日時が指定不可となります(「お届け希望日時の選択・変更はこちら」から「希望なし」を選択 )

 

※匿名配送の場合は、お届け先の情報が入りません

 

(5)申込券が出力されるので、30分以内にレジへ持参し発送手続きをする

 

荷物が複数ある場合に配送伝票の貼り間違いによる配送ミス(テレコ発送)を防止するためにも、出品者が自分で配送伝票を貼り付けましょう。

 

(6)「荷物貼付用」を専用袋に入れ、商品へ貼り付けたらレジ店員へ渡す

らくらくメルカリ便・ファミリーマート4

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

※上の写真は 宅急便コンパクトの配送例です

②セブンイレブンから発送する場合

セブンイレブンの場合は店頭端末での操作はないため、荷物をレジへ持っていき、発送手続きをします。

 

(1)レジでバーコードが表示された取引画面を提示する

らくらくメルカリ便・セブンイレブン

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

 

この際、セブンイレブンではヤマト運輸営業所用・ファミリーマートの2次元コードは読み込めませんのでご注意ください。

 

また、お届け希望日時の指定がある場合は、レジでお願いしましょう。

 

(2)レジで、「ご依頼主控」「荷物貼付用」の用紙と「専用袋」を受け取る

※匿名配送の場合、お届け先の情報は印字されません

 

(3)「荷物貼付用」の用紙は、専用袋に入れ、商品へ貼り付けたらレジ店員へ渡す

セブンイレブンでは、荷受け時にレジスタッフはサイズの計測はしないため、送り状控えにサイズの記載はありません。

その後荷物がヤマト運輸へ引き渡された後、計測したサイズが取引画面に反映されます。

③ヤマト運輸営業所での発送する場合

ヤマト運輸営業所にあるネコピットから送り状を出力します。

 

(1)ネコピットの最初の画面で「提携フリマサイト」をタッチ

らくらくメルカリ便・ヤマト

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/



(2)「2次元コードをお持ちの方」をタッチ

らくらくメルカリ便・ヤマト2

 画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

 

(3)2次元コードをかざして読み取らせる

 

(4)内容を確認して「次へ」をタッチ

らくらくメルカリ便・ヤマト3

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

 

(5)「お届け希望日選択」で希望の日付をタッチ

※ネコポスは、お届け希望日を選択不可

 

(6)「お届け希望時間帯選択」で希望の時間帯をタッチ

※ネコポスは、お届け希望時間帯を選択不可

 

(7)内容を確認して「印刷」をタッチ

らくらくメルカリ便・ヤマト4

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

 

(8)印刷された送り状を確認して「終了する」をタッチ

 

(9)送り状と荷物を窓口に渡せば発送が完了

④宅配便ロッカーPUDOステーションで発送する場合

(1)PUDOステーション前面の画面で「発送」をタッチ

らくらくメルカリ便・PUDOステーション1

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

 

(2)メルカリ上で発行した2次元コードを、操作画面下部の読み取り機でスキャンする

らくらくメルカリ便・PUDOステーション2

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

 

(3)「日時指定」で希望のお届け日付と時間帯をタッチ

※ネコポスの場合にはお届け希望日時が指定できないため「日時指定」より「指定なし」を選択

 

(4)日時指定の内容を確認して「続ける」をタッチ

 

(5)荷物を預けるボックスのサイズを選択

らくらくメルカリ便・PUDOステーション3

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

 

ボックスサイズは下記となっています。

BOXサイズ 高さ 横幅 奥行き
Sサイズ 8.5cm 44cm 61cm
Mサイズ 18cm 44cm 61cm
Lサイズ 37cm 44cm 61cm

 

(6)荷物をロッカーのボックス内に入れたことを確認して扉を閉め、荷物の受付番号を確認して「確認しました」をタッチ

らくらくメルカリ便・PUDOステーション4

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/


※荷物を入れずに扉を閉めてしまった場合は「キャンセル」ボタンをタッチ

 

(7)完了画面が表示されると手続き完了

らくらくメルカリ便の集荷依頼の方法

らくらくメルカリ便ではヤマト運輸に集荷依頼をすれば、自宅まで荷物を取りに来てもらえます。

 

この集荷依頼は別途30円がかかり、販売利益から差し引かれます。

 

集荷依頼方法は下記となっています。

 

(1)取引画面で「ヤマトの集荷サービスを利用して発送」を選択

らくらくメルカリ便・ヤマト集荷

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

 

(2)商品のサイズを選択

らくらくメルカリ便・ヤマト集荷2

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/


集荷の場合は、ネコポスは利用不可となります。

また、カテゴリー「その他>その他」で出品した場合、品名が空になります。

 

(3)集荷希望日・希望時間帯をそれぞれ選択

らくらくメルカリ便・ヤマト集荷3

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/



集荷希望日の当日受付は下記となっています。

※集荷希望日は、当日含め4日間選択できます

 

希望時間帯

受付締切時間

13時まで

当日10時まで

14時から16時まで

当日14時まで

16時から18時まで

当日16時まで

17時から18時30分まで

当日17時まで

指定なし

当日17時まで

 

(4)「ヤマトへ集荷依頼をする」をタッチ

 

(5)集荷時にヤマトのドライバーに送り状番号を提示して発送完了

らくらくメルカリ便・ヤマト集荷4

画像引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/category/13/

 

手続きを行ったデータが反映次第、発送通知ができるようになります。

らくらくメルカリ便の送料はいつ払うの?

らくらくメルカリ便の送料は、取引完了後に販売利益から差し引かれるようになっています。

 

そのため、荷物の発送の際にコンビニやヤマト運輸で支払う必要はありませんので、支払わないようにご注意ください。

らくらくメルカリ便の利用方法・配送方法はとても簡単!

以上がらくらくメルカリ便の利用方法や発送方法についてでした!

 

らくらくメルカリ便は、メルカリのアプリ内・配送場所に置いてある端末操作を操作するだけで簡単に送り状(配送伝票)を作成することができるので、慣れれば本当に簡単で宛名書きがないのでとても楽です。

 

また、らくらくメルカリ便は配送場所が多く、コンビニでもヤマト運輸営業所でも宅配便ロッカーでも配送ができるのが特徴ですし、通常のヤマト運輸での発送よりも格安で送ることができます。

 

今では匿名配送希望の購入者も多くなっていますので、メルカリ出品者さんはぜひらくらくメルカリ便を利用してみてくださいね。