メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

メルカリで取引完了後でもメッセージは送れる?取引画面のメッセージ機能が使えるのはいつまで?

スポンサーリンク

メルカリで取引完了後でもメッセージは送れる?取引画面のメッセージ機能が使えるのはいつまで?

メルカリで問題なく取引が終わったはずなのに、取引完了後に商品の不備に気づいた・返品がしたいなどの理由で「取引相手と連絡がとりたい」と思うことがあるでしょう。

 

また、取引完了後に出品者・購入者に聞きたいことがあるということがあるかもしれません。

 

そんな時、メルカリでは取引完了後に取引相手(出品者・購入者)と連絡を取ることはできるのか?について詳しく解説していきたいと思います。

メルカリで取引完了後に相手と連絡を取ることは可能

メルカリでは、取引が完了しても出品者・購入者間でメッセージのやり取りは可能です。

 

ただし、メッセージのやりとりができるのは取引完了から2週間までとなります。

 

メルカリの取引画面上から取引メッセージの欄があるので、そこから取引完了後も送ることができます。

 

ですが、この取引メッセージ欄は取引完了から2週間が経過すると消えてしまうので、相手に何か送りたいことがあれば取引完了から2週間以内に送るようにしましょう。

ただし取引完了後にクレームをつけたり返品を要求するのはNG

メルカリでは取引完了から2週間以内であれば、購入者・出品者間で取引メッセージを送り合うことができます。

 

ですが、購入者が取引完了後に「商品が壊れていた・動かない」などといったクレームや返品を要求するのは基本的にはNGです。

 

その理由は、商品が動くか・壊れていないかなどの確認は、商品が届いてすぐに行うべきだからです。

 

メルカリに限らずラクマでもヤフオクでも「受け取り評価をつける=商品に問題なかったので取引を終える」という意味となります。

 

そのため、「商品が無事に届きました!商品に問題はなかったです!」という意味の購入者側の受け取り評価をつけておきながら、その後に「やっぱり壊れていた!返品して!」と連絡をしても、出品者からすれば「じゃあなぜ受け取り評価をつけたの?」ということになります。

 

また、メルカリのルールでは、届いた商品に不備があった・説明文と違う商品が届いた場合はこのように書かれています。

 

Q.届いた商品が説明文と違う・壊れている

A.受取評価をせずに、取引メッセージで商品の状態など詳しい状況を出品者にお伝えください。

※出品者に伝えていない場合や、受取評価をしてしまった場合、事務局での対応は難しくなります

 引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/article/55/

 

メルカリのルールでも商品の不備の連絡や返品は「受け取り評価前に」と書いてありますし、受け取り評価前であればメルカリ事務局が仲介して返金作業などを行なってくれます。

 

ですが、受け取り評価後は、既に出品者に商品代金が支払われてしまっているため、返品を要求しても返金作業もお互いに銀行口座情報を教えあう必要があり、個人間で行わなければいけないため非常に面倒くさいです。

(取引完了後はメルカリ事務局は仲介してくれません)

 

 

また、返品についても受け取り評価前でないと基本的にはできませんので、取引完了後に「返品して!」と購入者が要求しても、出品者が無視して対応してくれないということも起こり得ます。

 

もちろん事務局に問い合わせをしても、受け取り評価後(取引完了後)は対応をしてくれないでしょう。

 

取引完了後に返品だクレームだと騒いでも、それは「受け取り評価前にやるべき」ことですので、取引完了後にやりとりをするメッセージは慎重に送るようにしましょう。

 

また、もし取引完了後にメッセージを送る場合は、商品に対しての使い方を聞く・取引完了のお礼を送る程度が良いかと思います。

取引完了から2週間以上経ったら出品者とは連絡は取れなくなる

取引完了から2週間以上経ってから「やっぱりこの人と連絡を取りたい!」と思うことがあるかもしれません。

 

ですが、取引完了から2週間以上も経っている場合は、メルカリでは基本的に相手と連絡を取ることはできません。

 

その理由は、メルカリ自体で「取引完了後のメッセージは2週間以内」と決められているからこそ、取引メッセージ欄が取引完了から2週間で消されてしまうのです。

 

取引完了から2週間も経てば「無事に問題なく取引が終了した」と出品者も事務局も判断するので、その後に連絡を取ることはできなくなっています。

 

取引完了から2週間以上経ってから何か取引相手にメッセージを送りたいということは滅多にないとは思いますが、これはできませんので何かあれば取引完了から2週間以内に送るようにしましょう。

どうしても取引相手にメッセージを送りたい場合はこの方法を

それでもどうしても、取引完了から2週間以上経って取引相手にメッセージを送りたいということがあるかもしれません。

 

その場合は、取引画面からその出品者・購入者のプロフィールに飛んで、そのユーザーが出品している商品のコメント欄にコメントを残すという方法があります。

 

ですが、これはかなり相手から嫌がられる行為ですし、もし私が同じようなことをされたらとても嫌なので、おすすめしません。

 

既に取引が終わった相手から取引画面上ではなく、全てのユーザーが見られる商品のコメント欄にコメントがついたら、相手からすれば迷惑です。

 

また、匿名配送を利用しなかった場合は、相手は自分の個人情報も知っているので、そんな相手からいきなり商品コメント欄にコメントが来れば不快に感じるでしょう。

 

もしそのコメント欄で揉めるようなことがあれば、いつ自分の個人情報をばらまかれるかもわかりません。

 

もちろんコメントの内容にもよりますが、商品コメントは全てのユーザーが見ることができるので、そのような場所での個人的なやりとりは相手から嫌がられるでしょう。

 

また、出品者の判断で削除される可能性もありますので、相手にメッセージを送る必要性が高い場合のみ、この方法を利用するようにしましょう。

基本は取引完了後のメッセージのやりとりはしないのがマナー

以上が、メルカリで取引が完了しても取引相手と連絡を取ることはできるのか?についてでした。

 

上で書いた通り、メルカリでは取引完了から2週間以内であれば取引相手(出品者・購入者)宛にメッセージを送ることは可能です。

 

ですが、基本は取引完了後にメッセージを送ることはしないほうがいいでしょう。

 

その理由は、「無事商品を受け取り、取引が終了してもいいですよ」という意味で、購入者は出品者に受け取り評価をつけるからです。

 

また、出品者も「これで取引を終了する」という意味で購入者へ評価をつけて取引が終了するのです。

 

それなのに後からどんな理由であれ相手にメッセージを送るというのは、相手へ不快感を与えますしマナー違反にもなります。

 

またそれが購入者側がクレームや返品を要求する内容であれば、出品者に対してとても失礼です。

 

実際に私もメルカリで取引完了後に取引相手からメッセージが来たことがありますが、やはり「今更なに?もう取引終わったよね?」と思ってしまいました。

 

何か取引相手にメッセージを送りたいことがあれば必ず受け取り評価前に送るようにし、基本は取引完了後はメッセージのやりとりをしないというようにしましょう。