メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

ヤフオクの取引の流れやトラブルを徹底解説!取引中止(キャンセル)や返金はできる?

スポンサーリンク

ヤフオクの取引の流れやトラブルを徹底解説!取引中止(キャンセル)や返金はできる?

ヤフオクでは、商品が落札された時点で取引がスタートします。

 

ヤフオクの取引には流れが決まっており、その流れに沿って出品者・落札者ともに取引を行なっていきます。

 

この流れや取引方法を知らないとトラブルが発生することもあるので、落札者・出品者さんともに事前に知っておきましょう。


そんなヤフオクの取引の流れや取引方法、代金の支払い方法、取引中のキャンセルや返金方法など、詳しくご紹介します!

ヤフオクの取引方法・流れとは?取引中止や返金はできる?

ヤフオクでは、商品が落札される(する)とその相手と取引がスタートします。

 

まずは「ヤフオクの使い方や出品方法を知りたい」という方は、下の記事で詳しくご紹介していますのでこちらもご確認ください。

 

 

ヤフオクでは下のような流れで取引を行っていきます。

①出品した商品が落札される
     ↓
②落札者が代金を支払う
     ↓
③落札者が代金を支払ったことを出品者に通知がされる
     ↓
④出品者が落札者に商品を発送する
     ↓
⑤商品が届いたら受け取り連絡をし、落札者が出品者の評価をつける
(非常に良い・良い・どちらでもない・悪い・非常に悪い)
     ↓
出品者が落札者の評価をつける
(非常に良い・良い・どちらでもない・悪い・非常に悪い)

     ↓

⑦後日、ヤフオクから出品者に代金が支払われる

 

お互いの評価をつけ合い、商品代金が出品者に支払われることでヤフオクの取引完了となります。

ヤフオクの支払い方法はYahooかんたん決済のみ

ヤフオクでは、商品代金の支払い方法はYahooかんたん決済のみとなっています。

 

このYahooかんたん決済とは、ヤフオクでの商品代金の支払い・受け取りをヤフオク事務局を通すことで簡単・安心に行える決済サービスです。

 
落札者と出品者が直接代金のやり取りをするのではなく、ヤフオク事務局が代金のやりとりを仲介をすることで安心して取引ができます。
 
落札者は商品を落札後、クレジットカード、コンビニ支払い、銀行振込、Yahoo!マネー、Tポイント、預金払いの中から好きな支払い方法を選び、ヤフオク側に支払いをします。
 
その後、出品者が商品を発送し落札者が商品の受け取りをすると、ヤフオク事務局から出品者へ代金が支払われる流れとなっています。

 

ヤフオクでは評価は5段階評価

フリマアプリのメルカリ・ラクマでは相手につける評価は「良い・普通・悪い」の3段階の中から選びますが、ヤフオクでは「非常に良い・良い・どちらでもない・悪い・非常に悪い」の5段階から選ぶ仕組みとなっています。

 

5段階もあるとどのように評価をつければ悩んでしまうかもしれませんが、メルカリ・ラクマのように「良い・普通・悪い」の3段階で考えてつけても良いでしょう。

 

・良い:非常に良い・良い

・普通:どちらでもない

・悪い:悪い・非常に悪い

 
また、ヤフオクの評価の付け方などについては下の記事で詳しくご紹介していますので、こちらも参考に!
 

トラブルが起これば取引中止(キャンセル)・返金も可能

ヤフオクでは取引がスタートしても、必ずしも全ての取引が無事に完了するわけではありません。

 

中には「商品代金を支払ったのに出品者が商品を発送してくれない」ということや「落札者が代金を一向に支払ってくれない」ということも起こります。

 

その場合は、代金支払い前か支払い後によって操作方法が異なるものの取引中止(キャンセル)は可能です。

 

ただし、ヤフオクでは原則取引のキャンセルは禁止となっているため、止むを得ない場合のみ取引のキャンセルを行うようにしましょう。

 

取引キャンセル完了後、落札者に商品代金の返金が自動で行われます。

 

ただし支払い後14日以上経つと返金ができないので注意

ヤフオクを利用する上で出品者・落札者共に必ず知っておかなければいけないことは、ヤフオクでは落札者の支払いから14日が経過すると自動で出品者に商品代金が支払われてしまうということです。

 

つまり、落札者の支払いから14日以上経ってから取引をキャンセルしても、商品代金の返金がされません。

 

その場合は、ヤフオクの取引画面上では一切返金作業が行えないため、出品者・落札者共に口座情報を教え合うなどして直接返金作業を行う必要があります。

 

落札者の支払いから14日以上経つとヤフオク事務局は支払い・返金に一切関与してくれませんので、取引のキャンセルは支払いから14日以内に行うようにしましょう。

 

支払いから14日以上経過した返品の場合も同様に、双方で話し合って直接返金手続きをする必要があります。

 

ヤフオクの取引方法や取引中の疑問を解決!こんな場合どうする?

ヤフオクの取引の流れはわかったものの、ヤフオク初心者さんからすると様々な不安や疑問があるはずです。

 

そんなヤフオク初心者さんが思う取引に関する疑問を解決していきます。 

匿名配送を利用したい場合は?

ヤフオクでは、落札者・出品者ともに個人情報を教えあわない匿名配送が利用できます。

 

そんな匿名配送をヤフオクで利用するには、配送方法をヤフネコパック・ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)に設定していることが条件です。

 

ヤフオクではこれら3つの配送方法のみ匿名配送となり、それ以外の配送方法は匿名配送ではありません。

 

匿名配送を利用したい場合は、必ず商品を出品する際にヤフネコパック・ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)のいずれかを選ぶようにしましょう。

 

落札者側が匿名配送の商品を落札したい場合

落札者側も匿名配送で取引をしたい場合も、ヤフネコパック・ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)で発送される商品を落札しないと匿名配送で取引はできません。

 

匿名配送に対応した商品は、商品ページの商品名下に「匿名配送」と表示されます。

ヤフオク 匿名配送商品の見分け方


このように表示されていない商品は個人情報を教え合う通常の発送方法になるため、心配であれば匿名配送商品を落札するようにしましょう。

落札後に匿名配送への変更はできる?

ヤフオクで商品落札後、匿名配送ではない配送方法を設定していたものの「やっぱり匿名配送を利用したい」と思うこともあるでしょう。

 

通常の配送方法よりも匿名配送のヤフネコパック・ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)の方が送料が安いですし、何より個人情報を伏せられるのでお互いに安心です。

 

ですが、通常の発送方法からこれら3つの匿名配送への変更はできなくなっています。

 

その理由は、落札された時点で既に取引ナビ上に出品者・落札者共に個人情報が表示されてしまっているからです。

 

また、ヤフネコパックから他の配送方法への変更・ゆうパック/ゆうパケット(おてがる版)から他の配送方法への変更は可能ですが、落札者に住所・氏名を教えてもらう必要があるため落札者から嫌がられる可能性があります。

 

さらに、ヤフネコパックからゆうパック/ゆうパケット(おてがる版)への変更、その逆はヤフオクではできないようになっています。

 

いずれにしても、匿名配送に関わる落札後の配送方法の変更は個人情報が開示が絡むため、行わない方が良いでしょう。

 

落札後に商品の同梱はできる?

ヤフオクでは、1人のユーザーが同じ出品者から複数の商品を一度に落札するケースがあります。

 

落札者からすれば荷物を一つにまとめてもらえれば送料が1つに済みますし、同梱によって荷物が1つになるので受け取りも楽になります。

 

その場合は、落札者が出品者に「まとめて取引」の希望を出すことができます。

 

このまとめて取引を行えば、簡単に複数の取引ナビを1つにまとめて取引をすることができるため、出品者・落札者ともに楽になります。

 

そのまとめて取引のやり方や注意点、条件などについては下の記事でご紹介していますので、こちらもご確認ください。

 

落札者が受け取り連絡をしてくれない場合は?

また、落札者の中には確実に商品が届いているのに一向に受取連絡や評価をつけてくれないという人がいます。

 

そんな時、出品者からすれば「商品代金が支払われないのでは?」と心配になってしまいますが、ヤフオクでは落札者が受け取り連絡・受け取り評価をしなくても商品発送から14日後に自動で代金が出品者に振り込まれるようになっています。

 

つまり、ヤフオクではお互いの評価をつけ合わなくても出品者に代金が支払われるようになっていて、ヤフオクは出品者・購入者共にお互いがよければ評価をつけ合わなくても良いのです。

 

実際にヤフオクでは、落札者から受取連絡が来ても評価をつけてくれないという人は多いですし、事前に「評価はいりません」と取引メッセージで言われるパターンもあります。

 

「無事商品が届いて出品者に商品代金が支払われればそれでいい」という考えのユーザーがヤフオクには多く、わりとさっぱりとした取引をする人が多い印象です。

 

取引完了後に支払われた売上金の確認方法は?

落札者が受取連絡すると数日後に商品代金が出品者に支払われます。

(もしくは落札者の支払いから14日後に自動的に支払われます)
 

その際、ヤフオクの売上金はアカウント内に計上されていき、ヤフオク内に売上金を貯めることもできます。

 

その売上金の確認方法はこちらとなります。

ヤフオクアプリ「マイオク」>「支払い関連」>「売上金管理」

(SMS認証後、ログインをすると売上金管理ページに入ることができます)

 

ここで貯めた売上金は現金として銀行口座に振り込みをするか、PayPayにチャージをしてお買い物に使うこともできます。

 

PayPay(ペイペイ)ならオートチャージ設定もできるため、売上金が入る度に自動でPayPay残高にチャージをすることも可能です。

ヤフオクを始める前に取引方法や取引中の疑問は解決しておこう

以上が、ヤフオク初心者さんが知っておくべき取引の流れ・取引中の疑問などについてでした!

最近ではメルカリやラクマに慣れてからヤフオクデビューをする方も多いですが、ヤフオクは特殊な操作方法や流れがあるため、個人間取引に慣れている方もヤフオクのルールはしっかり把握してから利用することがおすすめです。

 

特に支払い後14日以上経ってしまうと自動で出品者に代金は振り込まれてしまうため、キャンセルや返金をする場合は注意が必要です。

 

また、ヤフオクにも匿名配送のヤフネコパック・ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)があるため、個人情報を教えることに不安な方はこれらの配送方法を上手に使って安心安全に取引をするようにしてください。

 

また、ヤフオクヘルプにも詳しく使い方や困ったときのQ&Aが載っているので、そちらも参考にしながらヤフオクを正しく安全に使うようにしてくださいね。