メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

招待コードをぜひ使ってください!
メルカリXMYJNC
ラクマkBzKK

PayPayフリマLNWRRF

新規会員登録時に上の招待コードを入力すると、
メルカリで 500ポイント、ラクマで100ポイント、
PayPayフリマで500円相当のPayPayボーナスをGET!
(↑各サイトの入力方法に飛べます)

ヤフオクで落札後・代金支払い前にキャンセルがしたい!落札者が取るべき方法・手順

ヤフオクで落札後・代金支払い前にキャンセルがしたい!そんな時に落札者が取るべき方法とは?

 

この記事では、下記のことについてまとめています。

 

【落札者向け】ヤフオクで落札後にキャンセルはできる?

 落札者都合でのキャンセル方法

 出品者からキャンセルを断られた場合は?

 

【落札者向け】ヤフオクで落札後にキャンセルは可能?

 

ヤフオクではやっと落札できた商品だったとしても、下記のような理由でどうしてもキャンセルを希望するケースもあるでしょう。

 

購入後にその商品がいらないことに気づく

手持ちのお金がないことに気づいた

商品を間違えた・サイズや色を勘違いした

購入後にこの商品を落札したこと自体に不安になる

  

このような理由は、全て落札者の勝手な都合ではあります。

 

そんな理由であったとしても、ヤフオクでは落札者都合の理由で落札商品をキャンセルできるのでしょうか?

ヤフオクでは落札後でもキャンセルはできる

その答えは、「キャンセルができる」です。

 

ヤフオクでは原則、一度入れた入札は取り消すことができず、落札した商品も取り消すことも禁止になっています。

 

ですがどうしてもという場合のみ、出品者にキャンセルの同意を得た上でキャンセルをすることができます。

ヤフオクでの落札後のキャンセル方法

 

ヤフオクで購入者都合で落札後にキャンセルをしたい場合は、まずは出品者と話し合う必要があります。

 

出品者にキャンセルの依頼をして、出品者の同意がないと取引のキャンセルができなくなっています。

落札者の削除は代金支払い前であることが前提

落札後のキャンセルを希望する場合、出品者によってはその商品の取引自体をキャンセルではなく、落札者の削除を行いたい場合があります。

 

その理由は、落札者を削除することで次の補欠落札者に繰り上げることができるからです。

 

その場合は、商品代金を支払う前でないと落札者の削除(キャンセル)ができないようになっています。

 

もし代金を支払っている場合のキャンセルは、出品者がキャンセルを拒否すれば取引を継続するしか方法はありません。

 

代金の支払い前の場合のみ、次に進みましょう。

 

また、代金を支払ってしまった後にキャンセルがしたい場合は、別の記事で解説していますので、下記の記事も参考に。

 

出品者にメッセージで連絡を入れる

取引ナビから出品者にキャンセル希望の連絡を入れましょう。

 

下記のような内容で良いかと思います。

 

 「この度こちらの商品を落札させていただきました●●です。

 

大変申し訳ありませんが、商品が不要になってしまった<支払いができそうにない・商品サイズや色を間違えて購入してしまった>ため、取引のキャンセルをお願いしたいと思います。

 

こちらの勝手な都合で申し訳ありません。

キャンセルは可能でしょうか?」

 

この際、100%落札者が悪いので丁寧な文章を送る必要があります。

 

また、きちんとキャンセルの理由を伝えなければ、出品者は納得しません。

 

「どうしても取引のキャンセルをしたい」ということを伝え、出品者の同意を得ましょう。

購入者都合でのキャンセル方法

出品者の同意が得られたら、キャンセル手続きに進みます。

 

オークションの管理は出品者に権限があり、キャンセル手続き(落札者の削除)は落札者ではできません。

 

そのため、キャンセル手続きは出品者に行ってもらう必要があります。

 

落札者は出品者にキャンセルの同意を得たら、キャンセル手続きまでお願いするようにメッセージで伝えましょう。

 

ヤフオクでのキャンセル手続きは下記となっています。(出品者の手続き)

 

マイオク>出品終了分>落札者あり>キャンセルをするオークションを選択>落札者削除>落札者都合にチェックを入れて「確認」>「落札者を削除する」を選択

 

この際、落札者の削除を行うと今回の落札者削除は「出品者都合」「落札者都合」かを選ばなければいけません。

 

出品者都合にすれば出品者に「非常に悪い」の評価がつき、落札者都合にすれば落札者に「非常に悪い」の評価がつきます。

 

また、出品者は落札者の削除を行った後、落札者をブラックリストへ登録することも可能です。

 

落札者は、この悪い評価がつくこととブラックリストに登録される可能性があることを理解した上で、キャンセルを依頼する必要があります。

 

出品者からキャンセルを断られた場合は?

 

中には出品者にキャンセル依頼のメッセージを送ったとしても、キャンセルを断られてしまうケースもあります。

 

それでも取引をキャンセルしたい場合は、落札者は商品代金を支払わないという方法もあります。

 

ですがその間も出品者から支払い催促の連絡が来ることもありますし、落札したオークションをずっと放置するのは出品者に対してとても失礼です。

 

そのためにも必ず、出品者へキャンセル依頼の連絡をするようにしましょう。

 

その際も上で紹介した通り、自動で悪い評価がつくこと、ブラックリストに登録される可能性があることを十分理解をしておきましょう。 

落札者都合でキャンセルができない場合もあるので注意

ヤフオクでは落札後にキャンセルができない場合があります。

 

下記のケースに一つでも当てはまり出品者側でキャンセル手続きができない場合は、取引を継続するしかありませんので注意が必要です。

 

オークション終了から42日経っている

Yahoo!かんたん決済で支払い済み

1日の落札者削除件数の上限超え

補欠落札者の繰り上げを行った直後

出品者がまとめて取引に同意をしている場合

ヤフオクでの落札後のキャンセルは悪い評価も覚悟して

 

ヤフオクのルール上は、原則として落札後にキャンセルをすることは禁止となっています。

 

なぜならどんな理由であっても、取引をキャンセルをすること自体に出品者に迷惑がかかるからです。

 

当たり前の話ではありますが、遊び半分で入札を入れたり、さらに落札者都合でキャンセルをすることはしないようにしましょう。

 

そんな中で落札後のキャンセルを行う場合は、悪い評価がつくことも覚悟の上でキャンセル依頼をする必要があります。

 

それを理解した上で「どうしてもキャンセルがしたい」という場合のみ、キャンセルを依頼するようにしましょう。

ヤフオクユーザーは「オークファン」も一緒に使うのがおすすめ!

ヤフオクで出品・入札(落札)する場合は、「オークファン」というサイトを一緒に使うことがおすすめです。

 

f:id:colotanblog:20201008114835j:plain

画像引用:国内のショッピングサイトをワンクリックでまとめて検索【オークファン】

 

オークファンでは無料会員登録をするだけで、下記のことができるようになります。

 

国内外のオークション・ショッピングサイトをまとめて比較できるため、一番安いサイトで商品を購入することができる

680億件以上のデータから過去の落札相場を調べることができる

「入札予約ツール」で予約した時間に狙った商品を入札できる

オークファンを利用することでポイントが溜まり、現金や電子マネー、商品券などに交換できる

 商品説明文が伝わりやすくなる「出品テンプレート」が無料で使える

 

オークファンは会員登録をするだけで、様々な機能が使えるため売り上げアップにつながりやすいです。

 

また、有料のプレミアム会員・プロPlus会員になるとさらに多くの機能が使えるようになり、今仕入れるべき商品なども知れます。

 

ヤフオクユーザーは、ぜひオークファンも一緒に活用してみてください!

 

 

\ 無料会員登録ですぐに使える! /

オークファンをチェックしてみる