3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

「再出品しても売れない・・・」そんな時はここを見直してみて!「すぐ売れた!」となる可能性大の修正すべきポイントをご紹介♪

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170627162738j:plain

 

フリマアプリ・オークションサイトで物を販売していると、「なかなか売れない・・・もう値段を下げるしかないかも」と思ってしまうくらい、何度再出品をしても売れない商品ってあるんですよね。

 

中には「もう売れないからいいや!」と思ってその販売していた商品を捨てて、商品ページを削除してしまう方もいるのではないでしょうか?

 

それ本当〜にもったいないです! あきらめたら売れるものも売れないままで終わってしまうんです!

 

実はその売れないと思っている商品、まだまだ見直すべきところがあるかもしれないのです。

 

ある点を修正するだけで「ずっと売れなかった商品が簡単に売れた!」ということも起こりうるのです♪

 

今日はそんな「なかなか売れない商品を諦める前に見直すべきポイント」についてご紹介していきたいと思います!

 

このポイントを押さえた上で再出品すれば、きっといいね!やウォッチリストの数も変わり購入されやすくなるはずです♪

諦めたらだめ!まだまだ見直すポイントはあるんです!

①商品画像を撮り直してみる

メルカリやラクマ・フリル・ヤフオクで商品を探しているユーザーは、ずらっと商品が並んでいる時に「あるもの」しか見ていません。

 

それは何だと思いますか?

 

商品名でしょうか?

商品画像でしょうか?

販売価格でしょうか?

 

 

実はそれは「商品画像」なんです。

 

自分でもこれらのサイトを開いて商品を探す場合、ずらっと一覧で商品が並んだ時にパッと目に入ってくるのは自然と商品画像だと思います。

 

理由は「一目でどんな商品かがわかる」からです。

 

商品名は一文字一文字読まなくてはどんな商品かがわからないですし、価格だけを見て商品を探す人なんていないでしょう。

 

それくらい商品画像はフリマアプリやオークションサイトで物を販売する上で重要なものになっているのです。

 

そこでもし「なかなか売れないな」と思うのならまずは商品画像を見直してみましょう!

 

もしかすると、その商品画像が原因で商品をクリックしてもらえていないのかもしれません。

見直すポイントとしては下記となります。

 

<商品画像を見直すポイント>

(1)メインの商品画像一枚でどんな商品かが一目でわかるか

(2)2〜4枚目の画像に、メイン画像には写っていない詳細画像をきちんと入れているか(背面・側面・裏側など)

(3)画像が暗すぎていないか

(4)画像に対して商品が傾いていないか

(5)衣類の場合、しわがよったりしていないか

(6)背景はシンプルな所で撮影をしているか

(7)不自然に加工をしすぎていないか

 

これが一つでも当てはまる場合は、必ず商品画像を撮り直しましょう!

 

特にメイン画像に設定している1枚目の画像は、商品が一覧で並んだ際に使われる画像になるため、非常に重要な画像となります。

 

このメイン画像1枚でクリック数が変わると思っていいくらい大事な画像となるので、上のポイントに一つでも当てはまるならすぐに撮り直しましょう。

 

また、デジカメを使って撮影をする出品者さんもいるようですが、スマホの画像で十分です。

 

デジカメで撮影をしてしまうと、データをスマホに送る作業などで時間が取られてしまいますし、デジカメで撮影した鮮明な画像の方が売れるというわけではないのでお手持ちのスマホから撮影するので十分です。

 

▼もっと詳しく商品画像の撮り方を知りたい方はこちらも参考に♪▼

colotanblog.hatenablog.com

 

②商品名・商品説明文に十分な情報を入れているか

商品名・商品説明文が十分でないと検索にもひっかかりにくくなる上、どんな商品かがわからず売れるものも売れなくなってしまいます。

 

商品名は検索に非常に関わる部分になるので、ユーザーがどんな検索ワードでその商品を探すかをよく商品名を作成するのがポイントです。

 

また、商品説明文に関しても検索に関わっているため、検索されることを想定しながら丁寧に書くようにしましょう。

 

ポイントとしては、「商品に対する質問が来なくてもいいくらいに十分な説明文を書くこと」です。

 

「1商品1商品そんなことをしていたら大変じゃない?」と思うかもしれませんが、下記のポイントを押さえて商品説明文を書くだけで十分内容のある商品説明文になります。

 

<商品説明文の見直すポイント>

(1)ブランド品なら英語表記とカタカナ表記どちらも入れる

(2)購入時期、使用頻度、サイズをしっかり書く(衣類の場合は細かく採寸もする)

(3)高価な商品の場合は、購入時の定価を書いておくと売れやすい

(4)商品のアピールポイント(どんなシーンに便利なのか、使ってみてどの点が気に入っているかなど)

 

商品名・商品説明文の作り方は別記事でかなり詳しく紹介していますのでこちらを参考にしてください♪

 

colotanblog.hatenablog.com

 

 

③送料・配送方法・配送までの日数を見直す

なかなか売れない場合、送料や配送方法、配送目安に問題があるのかもしれません。

 

フリマアプリやオークションサイトで物を販売する際、送料を出品者負担にしていなければ基本は売れません。

 

今まで購入者負担にしていた方はにとっては「えー利益が減ってしまう!」と思うかもしれませんが、送料分を商品価格に上乗せしてでも「送料込み」にしないと売れないと思っていた方がいいです。

 

なぜなら今の時代、ネット通販で商品を探す際、「送料込み」の物に絞り込んでから商品を探すユーザーが増えているほど、送料がかかるかかからないかはユーザーにとって非常に重要なポイントになっているのです。

 

また、「この商品安い!」と思っても、別途着払いの送料がかかるとわかった途端、購入意欲ががくっと下がってしまうんです。

 

この「がっかり感」がユーザーが購入に至らない原因なのかもしれません。

 

ですので、多少販売価格を高くしてでも「送料込み」で販売するようにしましょう。

 

また、配送方法に関しては、ユーザーにとってそこまで重要視されていないと思いますが、もしメルカリの場合なら匿名配送ができる「らくらくメルカリ便」に変更することをおすすめします♪

 

個人情報の開示を気にする人もいるため、購入者・出品者共に匿名で取引のできるらくらくメルカリ便は今メルカリで人気の高い配送方法となっています。

 

また、他の出品者よりも商品価格が高くても、匿名配送を理由にらくらくメルカリ便で発送してくれる出品者から商品を購入する人もいるようです!

 

▼らくらくメルカリ便についての詳細はこちら▼

colotanblog.hatenablog.com

colotanblog.hatenablog.com

  

また、配送までの日数を4〜7日に設定している場合は、配送が遅いことでユーザーが購入に至らないのかもしれません。

 

今の時代、楽天市場ではあす楽サービス、Yahoo!ショッピングではあすつくサービス、amazonではアマゾンプライムがあったりと、ネットでの購入は購入後すぐに届くことが当たり前になってしまっています。

 

そのため、購入してから作成するオーダー商品やメーカーに取り寄せる商品などでない限り、配送目安は1〜2日、遅くて2〜3日後の発送に設定するようにしましょう。

 

この送料・配送方法・配送までの日数はユーザーはかなり見ていますので、このどれかに当てはまる場合も見直すことをおすすめします!

 

④出品する時間を変えてみる!

フリマアプリ、オークションサイトでは出品する時間によってユーザーに見てもらえる回数が変わるのをご存知でしょうか?

 

実は、メルカリ・ラクマ・フリル・ヤフオクは就寝前の22〜翌1時頃が一番アプリを見ているユーザーの数が多いと言われています。

 

この22〜翌1時頃が一番アクセスが増える理由は、1日の仕事を終え、食事を済ませお風呂に入ってベッドでくつろいでいる時間帯となるため、ゆっくりスマホを触ることができるからです。

 

そのため、22時頃までに商品を出品すると、一番ユーザーの多い時間帯にアプリのトップページの新着アイテムに表示させることができ、購入される確率がぐっと高くなるのです。

 

その逆で、あまりアクセスの高くない朝方や昼過ぎなどに商品をアップしても、アクセスが少ないままどんどん新しい商品に埋もれていってしまい、結局なかなか売れないということにつながってしまうのです。

 

「出品時間を変えてみただけで売れた!」ということも十分にありえますので、出品時間を意識してみるだけでもやってみる価値ありです♪

 

⑤それでも売れない場合は価格を下げてみる!

上で紹介した商品画像の撮り直し、商品名・商品説明文の見直し、送料設定・配送方法・配送目安、出品する時間帯、全てを変えてみたけど「それでも売れない!」という時は、最終手段で値段を下げて再出品をしてみましょう。

 

ですが、一気に価格を下げるのではなく最初は前回の価格の5%オフから、次に10%オフ・・・といったように段階を踏んで値下げするようにしましょう。

 

できるだけ利益は確保したいので、徐々に価格を下げていき、いいね!やウォッチリストの付き具合、コメントの入り具合など様子を見ながら値段を下げていくことをおすすめします♪

 

 

以上が、「なかなか売れない商品を諦める前に見直すべきポイント」についてでした!

 

あくまで価格を下げるのは最終手段です!

こうやって挙げてみると意外と見直すべき点はあるのです。 できていなかった部分から少しづつ変更していき、ユーザーの反応を見ていきましょう!