メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

ゆうゆうメルカリ便は匿名を使って着払いでは送れない?元払いになってしまう理由とは?

スポンサーリンク

ゆうゆうメルカリ便は匿名を使って着払いでは送れない?元払いになってしまう理由とは?

メルカリのゆうゆうメルカリ便を使って、送料を「送料別・着払い(購入者負担)」で送りたいということがあるかもしれません。

 

特にゆうゆうメルカリ便のゆうパックの場合は、サイズが大きくなればなるほど送料が高くなるので、出品者からしたら「送料は購入者に負担してもらいたい」と思うかもしれません。

 

また、匿名配送のまま着払いで送れたら出品者としては嬉しいですよね。

 

果たしてゆうゆうメルカリ便は匿名のまま着払いで送れるのか?についてご紹介してきます!

メルカリのゆうゆうメルカリ便・着払いとは?

まず、メルカリのゆうゆうメルカリ便と着払いの配送方法について簡単にご説明します。

ゆうゆうメルカリ便について

ゆうゆうメルカリ便は、メルカリと日本郵便が提携した配送サービスで、メルカリで売れた商品にのみ利用できる配送方法です。

 

 特徴としては出品者・購入者共に匿名配送で送れる、通常よりも送料が安い、宛名書き不要、追跡サービスあり、配送補償あり、取引画面で常に配送状況をチェックできるなど、出品者・購入者共にメリットがたくさんある配送サービスです。

着払いの配送方法について

また着払いとは、出品者は荷物を配送する際に送料は支払わずに発送し、その送料を荷物到着時に購入者が配送員に支払うという配送方法です。

 

元払いの場合は出品者が送料を事前に負担して発送しますが、着払いは荷物到着時に購入者がその場で払うという違いがあります。

ゆうゆうメルカリ便は着払いで送れない

ゆうゆうメルカリ便は結論から言うと、着払い不可の配送方法となっています。

 

その理由はゆうゆうメルカリ便は、その商品を販売したことで出品者に入る販売利益から送料が自動で差し引かれる仕組みだからです。

 

またゆうゆうメルカリ便は、コンビニや郵便局などに設置されている端末でバーコードを読み込み、配送伝票を自動で作成します。

 

その際、「送料込み」で出品していることを前提に配送伝票を作成するため、強制的に元払い伝票で作成されます。

 

そのため、着払いでの配送ができないため、出品者が送料を負担するしかないのです。

メルカリでは着払いを選択すると配送方法が限られる 

ちなみにメルカリでは出品時に送料を「送料別・着払い(購入者負担)」を選択すると下記の配送方法しか選べなくなっています。

 

・未定

・クロネコヤマト

・ゆうパック

・ゆうメール

 ※この「ゆうパック」はゆうゆうメルカリ便のゆうパックではなく、通常のゆうパックになります

 

この場合、全てメルカリを通さない通常の配送方法となるため、送料が格安、匿名配送、宛名書き不要などといったメリットを使うことができず、さらに購入者が負担する送料は大きくなってしまいます。

 

そのため、「送料別・着払い(購入者負担)」を選択したがために「出品しても売れない」と言うことが起こってしまうでしょう。

 

これを防ぐためにも、メルカリでは基本は「送料込・元払い(出品者負担)」を選択することをおすすめします。

どうしてもゆうゆうメルカリ便を着払いで送りたい人への代替案

上でゆうゆうメルカリ便は着払いでの配送不可と説明しましたが、中には「どうしてもゆうゆうメルカリ便を使って着払いで送りたいんだ!送料を負担するなんて嫌!」と言う人もいるかもしれません。(いる?)

  

その答えは、やはりそれは無理です。笑

 

ですが「どうしても!!!」という場合は、送料は「送料込・元払い(出品者負担)」にしてゆうゆうメルカリ便を選択し、商品代金に送料分を上乗せして販売するというしか方法はありません。

 

例えば、商品は1000円で販売したいけど、ゆうゆうメルカリ便の送料が60サイズで700円かかる場合、最終的な利益は下記となります。

 

商品代金1000円-販売手数料100円(10%)-送料700円=200円

 

送料を負担したことで、結局出品者にはこのくらいしか利益が残らないということになります。

 

そこで、商品代金に送料を上乗せした価格(1700円)で販売すると下記になります。

 

商品代金1700円-販売手数料170円(10%)-送料700円=830円

 

このように販売することで、販売利益が830円となります。

 

1000円で販売したかったものが、最終的に830円の利益が残れば十分ではないでしょうか。

それが売れる値段かどうか相場を調べるのが大事

もしこの販売方法を行うのであれば、果たしてその価格でも売れるのかどうかを調べることが大事です。

 

一度メルカリでその商品の相場を調べ、他の出品者も1500~1700円で販売しているようであれば販売価格を1700円で販売してもいいと思いますが、明らかに他の出品者が同じ商品を1000円以下で販売していれば1700円で販売してもなかなか売れないかもしれません。

  

しかしながら、「送料を負担して販売利益が少ししか残らないのは嫌!」というのならこの方法しかないので、一度試しにこの方法で出品してみるといいかもしれません。

ゆうゆうメルカリ便は送料込みで販売するしか方法はない

以上が、メルカリのゆうゆうメルカリ便は匿名配送を利用したまま着払いで送れるのか?についてでした!

 

残念ながらゆうゆうメルカリ便ではメルカリの仕様上、着払いは選択できなくなっていますので、送料は出品者負担で配送するようにしましょう。

 

ですが、メルカリに限らずラクマといった販売サイトでも、送料が出品者負担(送料無料)であることが当たり前になってきていますので、基本的には送料込みでないとメルカリではなかなか売れません。

 

それに納得ができないのであれば、やはり商品代金に送料分を上乗せして販売するしか方法はありませんので、そのような方法で試しに出品してみてくださいね。