メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

スポンサーリンク

メルカリの発送までの日数とは?意味や設定方法、期限を超えたらどうなる?

スポンサーリンク

メルカリの発送までの日数とは?意味や設定方法、期限を超えたらどうなる?

メルカリでは、商品ごとに「発送までの日数」を設定する必要があります。

 

つまりこれは、商品を購入して支払い完了後どのくらいの日数で発送をするかという事です。

 

実はこの「発送までの日数」の選択次第で売れやすくなったり、逆にそれが原因で売れないことも起きてしまうほど購入を左右する部分でもあります。

 

そんなメルカリの「発送までの日数」の設定方法や、選ぶべき発送目安、発送期限が過ぎてしまう場合は?などについてご紹介します。

 

メルカリの発送までの日数の重要性とは?どれが一番売れやすい?

メルカリでは商品の出品画面に「発送までの日数」を選択する欄があります。

メルカリの発送までの日数の選び方

 

ここでは、下記の3つから選択することができます。

・1〜2日で発送

・2〜3日で発送

・4〜7日で発送

商品が購入され購入者が支払いを済ますと、やることリストに「 商品を発送してください」と表示されます。

 

このステータスになったら、選択した日数以内に商品を発送する必要があります。

発送までの日数の数え方

「メルカリの発送までの日数の数え方がいまいちよくわからない」と思う人は多いでしょう。

 

支払日が1日目になるのか、それとも支払日の翌日を1日目とするのかは難しいところです。

 

ですが、メルカリの「発送までの日数」は、設定されている最長の日数までが期限となり、購入者の支払い完了後から数えます。

 

つまり、購入者の支払いが完了した日の翌日が1日目となります。

例:1月1日12時30分に購入者が支払いを完了した場合

【1〜2日で発送】の場合:1月3日12時30分までの発送

【2〜3日で発送】の場合:1月4日12時30分までの発送

【4〜7日で発送】の場合:1月8日12時30分までの発送

どの発送までの日数が一番売れやすい?

1〜2日での発送・2〜3日で発送・4〜7日で発送の3つの中なら、どれを選択するべきなのかを悩んでしまう人もいるかもしれませんが、ズバリ「1〜2日での発送」が一番売れやすいです。

 

その理由は、メルカリを含む今のネット通販ユーザーは「早く届いて当たり前」と考える人が多いからです。

 

今では楽天はあす楽サービス、Yahoo!はあすつくサービス、amazonはアマゾンプライムサービスがあり、今の通販業界は本当に本当に「いかに早く届けるか」が勝負なのです。

 

この大手通販さいとの配送の早さに慣れているユーザーはとても多く、これをメルカリでも求めている購入者もとても多いです。

 

また、メルカリでは「この日までに届いて欲しい!」「この日にその商品を使うから絶対に前日までに必要!」と急いでいるユーザーも多く、この発送までの日数を確認してから購入する人はとても多いです。

 

そのため、できるだけ「1〜2日で発送」を選ぶようにすることがおすすめですし、出品者は発送期限までに必ず商品を発送しなければいけません。

メルカリにはこんなデータがある

また、メルカリの出品画面では「発送までの日数」を選ぶ際「1-2日発送にすると、他の設定よりも平均40時間以上早く売れます」と表示されています。

 

メルカリ 発送までの日数 1-2日

 

実際にメルカリではこのようなデータもあるのです。

 

メルカリ自体も「1〜2日で発送」を強くおすすめするほど、発送までの日数はユーザーが注目している情報の一つとなっています。

「4〜7日で発送」は時間がかかり過ぎて売れないことも

メルカリ出品者の中には、発送までの日数を「4〜7日で発送」を選んでいる人もとても多いですが、これはおすすめできません。

 

商品を購入してから最長で1週間後に発送されるなんて、これは遅過ぎます。

 

さらにゆうパケットやクリックポスト、普通郵便(定型郵便・定形外郵便)の場合は、遅いと発送から荷物到着までに1週間近くかかる場合があるため、結局商品の購入から2週間近く待ってやっと荷物が届くということもあり得るのです。

 

これは購入者からすれば購入を諦めてしまう原因にもなりますし、発送までの日数だけで売れなくなってしまうのはとてももったいないです。

「1〜2日で発送」はスピード発送出品者に選ばれることも

また、メルカリでは発送時間(商品が購入されてから発送するまでの時間)が、一定の基準を満たしている出品者には、商品ページの下部にある出品者の欄で「この出品者は平均24時間以内に発送しています」と表示されるようになっています。

 

メルカリ 発送までの日数 スピード発送

 

この一定の条件とは、下記となっています。

・売却済み商品のうち、カウント対象となる商品の平均発送時間が24時間以内の出品者

・カウント対象となる商品:発送までの日数を1〜2で選択している商品

 つまり、出品している商品の発送目安を全て1〜2日に設定をし、商品が購入されてから24時間以内に発送し続ければ、このような「スピード発送」のバッヂを貰えるため、これがさらに売れやすい要因にもつながります。

発送までの日数は購入前なら変更も可能

このメルカリの発送までの日数は、一度選んで出品をしても購入前であれば変更も可能です。

 

「商品の編集」から出品時と同じように発送までの日数を選択すれば、自由に変更ができます。

 

ただし、商品が購入されてしまったら変更はできないため、購入後はその日数までに商品を発送しなければいけません。

長期の旅行などで発送ができない場合は出品を一時停止に

また、この発送までの日数は購入されてしまえば必ず守らなければいけないため、長期の旅行や出張、入院などで発送ができない期間がある場合は注意が必要です。

 

その場合は、メルカリでは出品した商品を一時的に出品停止にすることが可能です。

 

一時的に出品停止をするという事は、つまり商品を非公開にすることができるため、検索にもヒットしないようにできます。

 

1商品づつ出品停止する方法

商品の編集>画面一番下の「出品を一時停止する」を選択

 

出品している全商品を出品停止する方法

マイページ>出品した商品>右上の「編集」>「全て公開停止する」を選択

 

発送までの日数を超えたらどうなる?

メルカリで発送までの日数を選ぶ際、出品者としては「もしこの発送までの日数を超えたらどうなるの?」と不安になるかもしれません。

 

発送までの日数を超えてしまった場合は「発送期限が過ぎています」というアラートが出るようになっていますが、取引が自動でキャンセルされてしまう事はありません。

 

その場合は、すぐに購入者に発送期限が過ぎてしまった旨をメッセージで謝罪し、すぐに商品を発送することを伝えましょう。

 

また、早急に商品の発送しましょう。

 

それでも商品の発送をしなければ、購入者側からキャンセルを依頼される可能性があり、キャンセルとなれば事務局から警告が来るだけでなくペナルティが課される場合があります。

 

そのためにも、必ず発送までの日数は守り期限までに商品の発送を行いましょう。

 

発送期限が過ぎる場合は事前に購入者に連絡を 

万が一、商品購入後に仕事や旅行、長期の不在が続き発送が期限内にできない場合は、 わかった時点ですぐに購入者に連絡をしましょう。

 

その際、事情を説明し発送が遅れることを伝えれば、理解してくれる購入者は多いです。

 

ただし、それは購入後すぐに連絡をすることが大事です。

 

購入してからだいぶ時間が経ってから、発送期限ギリギリになってから、発送期限を過ぎてからでは遅く、中には怒ってしまう購入者も出てくるでしょう。

 

特に早く商品が必要な購入者からすれば大変なことです。

 

そのためにも、発送が遅れてしまうとわかった時点ですぐに連絡を入れ、発送予定日をきちんと載せた上で謝罪のメッセージを送るようにしましょう。

 

メルカリではできるだけスピード発送を!発送が遅いと悪い評価にも

以上が、メルカリの「発送までの日数」についてでした!

 

メルカリでは3種類の発送目安から選ぶことができますが、「1〜2日で発送」に設定することが一番おすすめです。

 

ユーザーは発送までの日数は必ず見ていますし、早ければ早いほど安心ができ「信頼できる出品者」と思ってもらえます。

 

また、中には「4〜7日での発送」を選択し、その期限までに発送をしたのに「発送が遅い」と悪い評価をつけられてしまったという出品者もいます。

 

発送期限を守っていたとしても、商品の発送までに時間がかかり過ぎるとやはり購入者は出品者に悪い印象を持ってしまいます。

 

発送が早い・遅いの感じ方は人それぞれですが、商品の発送は早いに越した事はないのでできるだけ「1〜2日で発送」を選び、早めに発送をしてあげることが大事です。

 

▼メルカリ出品者さんにおすすめの本▼