メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

招待コードをぜひ使ってください!
メルカリXMYJNC
ラクマkBzKK

PayPayフリマLNWRRF

新規会員登録時に上の招待コードを入力すると、
メルカリで 500ポイント、ラクマで100ポイント、
PayPayフリマで300円相当のPayPayボーナスをGET!
(↑各サイトの入力方法に飛べます)

らくらくメルカリ便を着払いで送るやり方は?送料購入者負担で送れる?

らくらくメルカリ便は匿名のまま着払いで送れる?送料を購入者負担にできない理由とは?

 

この記事では、下記のことについてまとめています。

 

らくらくメルカリ便は着払いで送る方法

らくらくメルカリ便で送料を購入者負担にする方法

 

メルカリのらくらくメルカリ便は着払い発送はできない

 

らくらくメルカリ便は、メルカリとヤマト運輸が提携した配送サービスです。

 

送料が格安で匿名配送が利用できとても便利ですが、メルカリで売れた商品にのみにしか利用することはできません。

 

 

ですがらくらくメルカリ便は、着払い不可の配送方法となっています。

 

らくらくメルカリ便が使えるのは、送料を出品者負担にした時のみです。

 

つまり、元払いであることが条件となっています。

らくらくメルカリ便が着払い発送ができない理由

らくらくメルカリ便が着払いで利用できない理由は、らくらくメルカリ便は出品者に入る販売利益から送料が自動で差し引かれる仕組みだからです。

 

つまり、送料込み(出品者負担)であることを条件に利用できる発送方法となっています。

 

着払いは受取人(購入者)の受け取り拒否・支払い不能(手持ちのお金がない)などの理由から、トラブルの多い発送方法の一つです。

 

らくらくメルカリ便は匿名配送・追跡番号付き・配送補償付きなどのメリットを付けている分、送料を確実に徴収するようにしているのでしょう。

 

そのため、らくらくメルカリ便を使うと着払いでの配送ができないため、必ず出品者が送料を負担するしかありません。

メルカリでは着払いを選択すると配送方法が限られる 

メルカリでは出品時に送料を「送料別・着払い(購入者負担)」を選択すると、下記の配送方法しか選べなくなっています。

 

未定

クロネコヤマト

ゆうパック

ゆうメール

 

この場合、全てメルカリを通さない通常の配送方法となります。

(「ゆうゆうメルカリ便」「梱包発送たのメル便」も着払い不可です)

 

この着払いで選べる発送方法は全て、匿名配送ではなく送料も通常料金となります。

 

そのため、送料を負担する購入者にとっては匿名配送でもなく送料も高いため、メリットが一つもありません。

送料購入者負担(着払い)は売れない可能性大

また、最近のメルカリでは、送料出品者負担(送料無料)であることが当たり前になってきています。

 

これはメルカリに限らず、他の楽天・Amazonなどのネットショッピングサイトでも当たり前になってしまっています。

 

そのため、ユーザーも送料が自分負担と分かれば購入しない傾向にあります。

 

また、最近はメルカリで商品を検索する際に「送料無料(送料込み)」に絞ってから検索するユーザーも多いです。

 

そうなれば送料別(購入者負担)の商品は検索にヒットされにくく、商品ページ自体見てもらえない可能性もあります。

 

つまり、「送料別・着払い(購入者負担)」を選択したがために「出品しても売れない」ということも起きてしまうのです。

 

着払いは出品者・購入者ともにメリットがなく売れない原因にもなるため、メルカリでは基本は「送料込・元払い(出品者負担)」を選択することをおすすめします。

らくらくメルカリ便を着払いで送るやり方はない?

 

らくらくメルカリ便は、着払いの配送はできません。

 

ですが中には「どうしても匿名配送のらくらくメルカリ便を使って着払い(送料購入者負担)で送りたい!」と言う人もいるかもしれません。

 

匿名配送のメリットは、やはり出品者としても絶対に使いたいです。

  

ですがその答えは、やはりそれは無理です・・・

 

それでも「どうしても!!!」という場合は、下記の方法がおすすめです。

 

発送方法を「らくらくメルカリ便」にする

商品代金に送料分を上乗せして販売する

 

この方法は、つまりこのようなことです。

送料を上乗せした場合の利益シミュレーション

送料を上乗せしてらくらくメルカリ便で発送する場合の、利益シミュレーションをしていきます。

 

例)

商品は1000円で販売

らくらくメルカリ便の送料が60サイズで送る

 

この場合、通常ならば最終的な利益は下記となります。

 

商品代金1000円-販売手数料100円(10%)-送料750円=150円

 

送料を負担したことで、結局出品者にはこのくらいしか利益が残らないということになります。

 

そこで、商品代金に送料を上乗せした価格(1750円)で販売すると下記になります。

 

商品代金1750円-販売手数料175円(10%)-送料750円=825円

 

このように販売することで、販売利益が825円となります。

 

1000円で販売したかったものが、最終的に825円の利益が残れば十分ではないでしょうか。

それが売れる値段かどうか相場を調べるのが大事

もしこの販売方法を行うのであれば、果たしてメルカリでその価格で売れるのかどうかを調べることが大事です。

 

一度メルカリでその商品の相場を調べ、他の出品者も1500~1700円で販売しているようであれば販売価格を1700円程度で販売してもいいでしょう。

 

ですが明らかに他の出品者が同じ商品を1000円以下で販売していれば、1700円で販売すればなかなか売れないです。

  

それでも「送料を負担して販売利益が少ししか残らないのは嫌!」というのならこの方法しかないので、一度試しにこの方法で出品してみてください。

らくらくメルカリ便は着払い不可のため送料込みで出品を

 

残念ながららくらくメルカリ便ではメルカリの仕様上、着払いでの発送はできません。

 

そのため、らくらくメルカリ便を匿名で安全に利用したいのであれば、送料は出品者負担で発送するようにしましょう。

 

また、上でもご紹介した通り、送料着払い(購入者負担)に設定していることで売れづらい傾向があります。

 

最近は送料込みの商品に絞って検索をするユーザーも多いため、送料込み商品でないと検索にヒットしづらくなっています。

 

そのためにも、らくらくメルカリ便では送料出品者負担で販売をするようにしましょう。