メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

招待コードをぜひ使ってください!
メルカリXMYJNC
ラクマkBzKK

PayPayフリマTT6A1E

新規会員登録時に上の招待コードを入力すると、
メルカリは500ポイント、ラクマで100ポイント、
PayPayフリマで300円相当のPayPayボーナスをGET!
(↑各サイトの入力方法に飛べます)

【メルカリで売れない人の特徴】イライラ・疲れたを防ぐ見直すべき5つのこと

メルカリで売れないときは自分が原因かも?「こんな出品者は購入されない」特徴5つとは?

 

この記事では、下記のことについてまとめています。

 

● メルカリで売れないのは商品のせいではない

メルカリで売れない人の特徴5つ

 

メルカリで売れない人の特徴はコレ!見直すべきこと5つ

 

メルカリで出品した商品が売れないと「イライラする」「もう疲れた」と思ってしまいます。

 

ですが、中には自分で自分を「売れない出品者」にしている人はとても多いです。

 

商品自体は良くても、ユーザーが商品説明文や出品者のプロフィールを見て購入をやめてしまうケースもあります。

 

これは商品には何の問題はないものの、出品者に問題があるパターンです。

 

そんなメルカリで売れない人の特徴をご紹介します。

1, 商品説明文が一言のみ

メルカリでは、商品説明文を一言しか書かない出品者がよくいます。

例えば下記のような説明文です。

 

「新品 ロクシタンのハンドクリームです」

「新品 未使用 リップグロスです」

「新品 OPI マニキュアです」

「新品未使用です」

 

これでは商品の内容が全く伝わらず、もはや「商品説明文」でもなんでもありません。

 

これが売れない原因になっている可能性は高いです。

商品説明文が一言のみの人からは「親切心」を感じない

商品説明文が一言しか書かれていない商品は、出品者の親切心、信頼感、安心感を全く感じません。

確かにその商品ページには、メーカーで定めた商品名は入っています。

 

そのためその商品名でググれば、大体どんな商品かの情報は得られるはずです。

ですが、その一言の説明文を見てこのように感じる人は多いです。

 

「カラー名は?」

「容量は?」

「サイズは?」

 

このような重要な商品スペックすら書いていない人が多く、商品画像をズームしてユーザーが自ら内容量やカラー名を探さなければならないことが多いです。

 

また、商品名をコピーしてググって商品情報を得なければいけないこともあります。

 

これではユーザー側がストレスを感じてしまいます。

ユーザーはそれ以外に知りたいこともある

また、ユーザーが購入前に下記のようなことも知りたいのです。

 

どのくらいの時期に購入したものなのか

箱やパッケージは付けてくれるのか

中古品ならどのくらい使ったのか など

 

商品説明文は商品の情報を載せる欄であり、一言しか書いていなければ商品説明でもなんでもありません。

ユーザーが「買いたい」と思うような説明文・アピール文を書かなければ、どんなにいい商品で新品であっても売れるものも売れません。

 

2, 商品画像が全てメーカー画像

全てネットから拾ってきた商品画像を使用している出品者もとても多いです。

このような出品者の場合、メーカーがHPで掲載している画像をそのまま使っているのだと思われます。

 

これは新品の商品に限らず、中古の商品でもこのように販売している人がいます。

確かにメーカー画像はとても綺麗に撮影されているので、個人で実物を撮影するよりも写真のクオリティは高いです。

 

ですが、このメーカー画像のみを使うことでユーザーに不信感しか与えません。

たとえ新品であっても実物画像は載せるべき

「新品の商品はメーカー画像の商品状態と同じ」と思い、ネットから画像を拾って載せる出品者は多いです。

 

ですがこれは絶対にNGです。

 

なぜなら商品が新品であっても、その出品している商品はメーカーや会社がきれいに保管していたわけではなく、一度は個人の手元に渡った商品だからです。

そのため、正規店で購入するときよりも商品の外観などに多少問題があることも多いです。

 

箱にへこみがある

シールが剥がれかけている

保存時に傷がついてしまった

 

全てネットから拾ってきたメーカー画像を使ってしまうと、今出品者の手元にある商品の状態を見ることができません。

 

このように「今の商品状態」は目で見てわからなければ、ユーザーの購入意欲が激減することは間違いありません。

メーカー画像の使用はトラブルにもつながるので危険

また、商品画像を全てメーカー画像を使うことによって、下記のようなクレームにつながることもあります。

 

商品画像にはなかった傷がある

画像と実際の商品の色味が違う

商品に仕様変更があり、商品画像と実際の商品が異なる



同じ商品であっても、メーカー画像と実際の商品の一部が異なることもあります。

 

お互いのためにもしっかり今手元にある商品を撮影し、「今の商品状態」がわかる画像を使うようにしましょう。

 

3, 出品者の独自ルールが多すぎる

出品者のプロフィールを確認した途端、「この人から買うのはやめよう」と思ってしまうケースがあります。

 

それは、独自ルールでプロフィールが埋まっている人です。

 

独自ルールとは出品者が勝手に一方的に決めたマイルールのことです。


例えば、下記のようなことを書いている人はとても多いです。

 

荷物の紛失には一切責任をとりません

必ず購入前にコメントをください

無言のままで購入した場合、今後ブロックさせていただきます

悪い評価が3つ以上の方は購入不可です

プロフィールの内容をしっかり読んだかどうかをメッセージで確認させていただいてから購入許可をします

クレーム、返品は一切受け付けません

ノークレームノーリターンでお願いします

 

このように厳しすぎる独自ルールを設けている出品者がとても多いです。

 

中には7個くらいのマイルールを設けている人もいます。

 

確かにスムーズな取引を行う上で、予め伝えておきたいことは載せておいたほうがいいです。

 

無理なものは無理とはっきり書いておいたほうがいいでしょう。

 

ですが、実際に購入者の立場に立つと「商品が届かなくても知りません」「クレーム・返品は受け付けません」なんて言われたら買う気が失せてしまいます。

 

購入者の中には、ただのポイント消化であったり「何かいい商品があれば買いたいな」くらいの人もいます。

 

商品1個買うだけなのにガチガチの独自ルールを提示されると、「この人面倒臭そうだな・・・」と思われて、購入を諦める人も多いでしょう。

 

4, プロフィールが未記入

プロフィールを全く書いていない出品者に対して、購入者側は不安に感じてしまいます。

 

その人から商品を購入する以上、どんな出品者かがわかる内容が全く書かれていないと不信感を感じてしまいます。


メルカリのプロフィール欄は、一般的な通販サイトでいう会社概要やショップ情報と同じ役割をします。

 

ネット通販のショップから物を購入する際、多くの人が「どんなお店なんだろう?」「どこの会社が運営しているんだろう?」と会社概要やショップ情報を確認してから購入します。

 

ですがその際、全く会社概要ページもなくショップ情報も載っていないとなれば、「このショップから購入して大丈夫かな?」と不安になるはずです。

 

つまりメルカリ出品者がプロフィールを書いていないということは、これと同じなのです。

 

プロフィールを全く書いていない出品者と、簡単な内容でもプロフィールが書いてある出品者では全く印象は変わります。

 

メルカリで商品を出品するなら、必ずプロフィール文を書くようにしましょう。

 

5, 評価数が0 

やはり評価が0の出品者はユーザーからすると、「この人から購入して大丈夫かな?」と思ってしまいます。

なぜなら、評価数=メルカリでの取引数=経験値であるからです。

 

もちろんメルカリを始めたばかりであれば、全員が評価0でのスタートなのでそれは仕方ありません。

ですが評価0というだけで「この人メルカリに慣れていないんだな・・・」と思われて、購入をやめてしまうユーザーもいます。

まずは購入側に回って評価を貯めるのも大事

メルカリの評価数は、多ければ多いほど取引相手に安心感を与えます。

 

そのため評価が0の場合は、まずはいくつか商品を購入をして評価数を貯めるということがおすすめです。

 

2~3個でも評価が貯まれば、評価0の時と印象はがらっと変わります。

 

評価が0の場合は、まずは評価を貯める努力から始めましょう。

 

メルカリで売れないを防ぐ!購入者目線に立つことが大事

 

どんなに商品が良くても、商品ページや出品者のプロフィールを見て購入をやめてしまうケースは本当に多いです。

ユーザーが「商品ページを開いてがっかり・・・」「出品者のプロフィールを見てがっかり・・・」となってしまうのは、本当にもったいないことです。

 

そのためにも、一度購入側に立ってこのように考えてみることも大事です。

 

自分だったらこの商品ページから商品を購入しようと思うか?

自分だったらこのプロフィール内容の出品者から購入しようと思うか?

 

これを考えられない人は、売れる商品でもきっと売れないまま残り続けてしまいます。

 

そのためにはしっかり購入者の目線に立ち、「この人から買いたい」と思われる出品者になるよう心がけましょう!

メルカリ出品者さんにおすすめ情報・サイト

 

メルカリ出品者さんにおすすめの情報やサイトをまとめています。

 

興味があるものがあれば、ぜひ日頃のメルカリ販売に役立ててください。

【仕入れ】グッズステーション

【ラクマ転売におすすめ】個人仕入れが可能なサイトまとめ

画像引用:ネット販売向け卸サイト「グッズステーション」

 

グッズステーションは、人気な輸入商品を卸販売しているサイトです。

 

商品を仕入れてメルカリで販売したい方は、グッズステーションはとてもおすすめです。

 

主にAmazonで商品を出品している人向けになりますが、仕入れた商品をメルカリやラクマなどに出品することも可能です。

グッズステーションの特徴

人気な輸入商品を卸販売しているサイト

購入した商品の「商品撮影・販売用画像」の作成サービスあり

販売先がAmazonの場合は「販売用ページ」を作成するサービスもある

中国の上海に物流倉庫を確保

トレンドに準じて、売れ筋商品の輸入から新製品の開発まで行っている

 

 

メルカリで物販もやってみたい方は、安心安全な卸サイトから商品を仕入れてみるのもおすすめです。

 

 

\ メルカリで物販をするなら! /

グッズステーションをチェックする

【買取】バイセル

f:id:colotanblog:20220416144644j:plain

画像引用:満足価格!お引越しで整理したいモノの買取【バイセル】

 

バイセルは、幅広い商材を高額で買い取ってくれる買取サービスです。

 

メルカリで売るのは面倒な大型商品や出品時にルールがあるカテゴリーは、バイセルで一気に買い取ってもらうのも手です。

バイセルの特徴

フリマアプリで売るには面倒で大変なものを、一気に買い取りしてくれる

ブランド品 お酒 切手 楽器 食器 家電 ゴルフ用品 など)

宅配買取・出張買取・店頭買取から選べる

査定は無料

出張買取は全国対応

 

無料で査定をしてもらえるため、どのくらいの買取価格になるか試しに申し込んでみるのもおすすめです!

 

 

\ なかなか売れなかったものが売れるかも! /

バイセルをチェックする

【買取】Pollet(ポレット)

 

ポレットは使わなくなった不要品、商品券、ポイントまで、身の回りのものを簡単に現金化できる買取アプリです。

 

アプリ操作のため手順も簡単、不要なモノをダンボールに詰めるだけですぐに買取してもらえます。

ポレットの特徴

不用品から金券類まで幅広い買取が可能

フリマアプリでは出品禁止のものも買い取ってもらえる

(余った年賀状・金券・ポイント・外貨・株主優待券など)

不要なものをダンボールに詰めて送るだけ

自宅に箱がない場合も取り寄せ可能

身分証の提出や買取リストの作成など一切不要でラク

 

 

\ アプリで簡単買取! /

ポレットをチェックする