メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

メルカリの独自ルールがうざい?無視するとどうなる?規約違反・キャンセルも?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メルカリ・ラクマの独自ルールとは?規約違反になる?購入者はどこまで守るべき?

メルカリでは出品者によっては、独自のルールを設けている人がたまにいます。

中には「こんなルールあり?」と思ってしまうような、出品者独自のルールを設けている人もいます。

そんなメルカリの出品者の独自ルールとはどんなルールなのか?独自ルールはどこまで許されるのか?などについてご紹介します。

 

メルカリの独自ルールとは?

メルカリで独自ルールを設けている人は意外にも多いです。

 

その独自ルールとは、その名の通りメルカリ事務局が定めていない、ユーザーが勝手に決めたルールのことです。

 

メルカリには事務局が決めた様々なルール・規約がありますが、そのルール以外に出品者が勝手に決めた独特のルールがプロフィール文に書かれていることがあるのです。

メルカリ出品者の独自ルール【許される編】

メルカリを見ていると、出品者の中には様々な独自ルールを設けている人がいます。

まずは「これはメルカリのルールや規約には載っていないけど、まあ許される範囲かな」と思える優しいルールからご紹介します。

 

これらは事前にプロフィールにルールを書いていても購入者を大きく困らせることはないですし、トラブルを防ぐために設けていることなので、私個人的には許される範囲内だと思います。

プロフ必読

このプロフ必読とは「私のプロフィールをしっかり読んでから購入してくださいね」という意味です。

恐らく、プロフィール内に禁止していることや購入の際の注意点、購入者に守って欲しいことなどを出品者が書いているので「購入前に事前に読んでくださいね。購入後にトラブルが発生しても『プロフィールを読んでいなかった』ということはやめてくださいね」ということです。

 

メルカリでは、商品ページの内容だけでなく出品者のプロフィールも見てから購入することはとても大事なことです。

 

そのため、「プロフ必読」と書いていなくても事前に出品者のプロフィール文を読んでから購入手続きをするようにしましょう。

即購入OK

「即購入OK」と書いている出品者もよく見かけます。

この即購入OKとは「コメントなしですぐに購入していいですよ」ということです。

 

本来、メルカリではこのようにわざわざ書かなくても即購入しても良いルールになっていますが、「即購入禁止」と書いている出品者もいるため「購入前にコメントはいらないですよ」と親切に言ってくれているのでしょう。

即購入禁止

これは上の「即購入OK」の反対で「購入する前に必ずコメントをください」という意味です。

 

上でご説明した通り、メルカリでは基本的に欲しいと思った商品をすぐに購入できるルールのため、正直「即購入禁止」はギリギリなラインではあります。

 

即購入禁止にしている出品者は、他ショップ(ラクマやヤフオク)でも同じ商品を販売している人が多いです。

万が一2ショップで同時に売れてしまうと、欠品・キャンセルが発生することを恐れて「購入前にコメントをください」と言っているのです。

 

取り置きOK・取り置きお断り

取り置きとはその名の通り、商品を一人のユーザーのために売れないように確保しておくことです。

例えば「すごく欲しい商品があるけど◎日までクレジットカードが使えないから◎日まで取り置きして欲しいな・・・」という購入者が稀にいます。

その場合、取り置きOKな出品者の場合、お願いをすれば商品を期限まで確保しておいてくれたりします。

また、その逆で「取り置き禁止・お断り」と表記している出品者の場合は、取り置きはできないということです。

私も取り置きは基本的にお断りしていますが、その理由は過去に取り置きをしたのに購入をしてくれない人が何人かいたからです。

メルカリでは基本的には購入が早かった人がその商品を購入できますが、ある一人のユーザーのために取り置きをしたのに結局買ってくれなかったとなると、その間本当に購入意思のある人がいたとしても購入してもらえないことになります。

これは出品者にとってはかなりの機会損失となります。

そのため、取り置きをOKにしている出品者と、事前に「取り置きはしません」と記載している出品者がいるのです。

 

値引き不可・値下げ不可

これもその名の通り「値引きコメントをしていただいても値引きはしませんので、現在の価格でご検討ください」ということです。

値引きに関してはメルカリでは当たり前になってしまっていますが、値引きに応じるか応じないかは出品者が決めることなので、予め値引きはできないと書いている人は多いです。

 

コメント逃げ禁止

メルカリでは頻繁に「コメント逃げ」というものが発生します。

 

コメント逃げとは、コメントや値引き交渉をしておきながらその後返信も購入もないことを言います。

出品者からすれば、商品のコメントが来て返信をしたら「ありがとうございます。では購入します」「申し訳ありませんが検討します」など、そのコメントに対して購入はどうするかの返信が欲しいのです。


もし値引き交渉に対して出品者が断りのコメントを返信したのならコメント逃げをするケースも理解できるのですが、中には「その価格でOKですよ!価格を変更したので購入お待ちしております」と値引き交渉を受け入れても、その後一切返信も購入もないということもよくあるのです。

そのため「コメント逃げ禁止」とプロフィールに書いていている出品者が多いのです。

悪い評価がたくさんついている方とは取引しません

これは少しグレーゾーンですが、やんわりと書いておく分には許されると思います。

メルカリでは、ユーザーが購入したらすぐに取引がスタートし、どんな相手であろうが基本的にキャンセルは不可となっています。

 

ですが、お互いの個人情報を開示してまで取引をするなら、出品者からすればなるべく良い評価が多く付いている人と取引をしたいはずです。

「悪い評価ばかりの方は絶対に買わないでください!」と書いていても、そのユーザーが買ってしまったらそのルールもないようなものになってしまいますが、事前に書いておくことで悪い評価ばかりのユーザーが購入を控える可能性はあります。

ただし、「悪い評価が一つでもついている人とは取引しません!」というのはルールが厳しいと思いますが、「悪い評価が著しくついている方とのお取引はお断りさせていただく場合があります」などとやんわり書いておく分にはセーフだと思います。

メルカリ出品者の独自ルール【許されない編】

稀に「これは厳しすぎるだろ・・・」と思ってしまうような、購入者の立場を考えない独自のルールを設けている出品者もいるのです。

これは自己中過ぎると思いますので、これらを書いている出品者さんは記載をやめるかをおすすめします。

ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセル・3N・NCNR

一時期のメルカリでは、このように書いている人は非常に多かったですが、今でも言葉を変えてこのようなルールを設けている人は多いです。

 

これらのルールの意味は下記となります。 

・ノークレーム:
商品が届いた後に何か不備があってもクレームは受け付けません

・ノーリターン:
商品が届いた後に何か不備があっても返品は受け付けません

・ノーキャンセル:
購入者都合のキャンセル・届いてからのキャンセル(返品)は受け付けません

・3N:
ノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセルをまとめたもの

・NCNR:
ノークレーム・ノーリターンの略

 

商品に問題があっても何が何でも返品・キャンセルは受け付けないというのは、非常に自分勝手なルールです。


また、購入者からすれば「購入した後に商品に不備があっても一切クレーム、返品は受け付けない」なんて言われたら購入をやめてしまいます。

これはメルカリを利用する上でマナー違反なルールですので、絶対にこのようなルールは設けてはいけません。

「ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセル」はメルカリで禁止

ですが、メルカリでは「ノークレーム」「ノーリターン」「ノーキャンセル」「3N」というワードを禁止していて、メルカリに限ってはプロフィールや商品説明文にこれらの文言を入れると出品ができないようになっています。

それでも残念なことに、その禁止行為を事務局にバレないように「NCNR」と記載している出品者がいるのです。
(現在、メルカリではNCNRは入力できてしまいます)

また、「購入後の返品・クレームは受け付けません」などと、意味は一緒でも言い回しを変えて記載している人も多く見かけます。

これらをプロフィールや商品説明文に記載することは自由ですが、メルカリの規約では下記のように書かれています。 

禁止行為:商品に問題があっても返品に応じないという記載をすること

記載箇所、投稿箇所にかかわらず、商品に問題があっても返品に応じないという記載をすることを禁止します。

 

■主な記載例

・返品不可

・ノークレーム (NC)

・ノーリターン (NR)

・ノーキャンセル (NC)

・3N (略語)

・その他、商品に問題があっても返品に応じないことを記載しているもの

引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/getting_started/prohibited_conduct/

 

つまり、ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセル・3N・NCNRとプロフィールに書いたところで、「絶対に返品・クレームは受け付けませんよ!だって事前に書いてますから!」と出品者が言っても、結局は何かあれば返品・返金対応はしなければいけないということです。

独自ルールでこれらの文言を書くのは自由ですが、これを見て「商品不良でも返品受け付けてくれないんだ」と思ってユーザーが購入を諦めてしまう確率も高いですし、何かあれば対応はしなければいけないので、結局は意味はありません。

 

配送トラブルがあっても責任は負いません

「こんな出品者いるの!?」と思ってしまいますが、意外にもこのような独自ルールを設けている出品者います。

「追跡番号のない配送方法で送るため、商品の未着や配送トラブルがあってもこちらでは対応できません。
何かトラブルがあればご自身で荷物を探すなり、配送業者へ連絡をしてください。」
と鬼のようなことを書いている出品者が稀にいるのです。

少しでも送料を安くしたい気持ちはわかりますが、やはり何百件に1回くらいの確率で配送トラブルは起こってしまいます。

その配送トラブルを防ぐためにも、追跡番号がある配送方法でなるべく送るようにしなければいけません。

購入者に届くまでは荷物の責任は出品者にあり

そもそもですが、その荷物は出品者が発送した荷物なのです。

それは購入者の手元に届くまで出品者が責任を持って対応するのがマナーですし、「発送はしたので後は全て購入者さんが何かあれば対応してくださいね」という姿勢はおかしいです。

この「配送トラブルがあっても対応はしませんのでご自身でお願いいたします」なんてプロフィールに書いていれば、購入をやめるユーザーも絶対にいます。

 

また、購入者側もこのような危険な独自ルールを設けている出品者から商品を購入してしまうと、トラブルがあった際に何も対応してもらえないということが起こり得ます。

 

そんな無責任な独自ルールは直ちにやめましょう。

 

私のルールを1つでも守らなかったら悪い評価をつけます

こんな出品者も見たことがあります。

その出品者は今回上で挙げたようなルールをたらたらと長~く書いていたのですが、最後には「最後までトラブルなく取引が完了したとしても、このルールを一つでも守れなかった場合は悪い評価をつけさせていただきます」と書いていました。

「物を提供した側の出品者はそんなに偉いのか?」と思ってしまいますよね。

悪い評価をつける基準は「自分の独自ルールを守らなかった人」ではなく、「メルカリのルールを守らなかった人」です。

 

例えば、支払い期限を守らなかった、発送期限を守らなかったなどがあれば悪い評価をつけても良いですが、自分の独自ルールを勝手に設けておいてそれを守らなかったら悪い評価で返すなんてことは、これはルール違反です。

 

それでは出品者も購入者も気持ち良く取引ができないので、この独自ルールは直ちにやめましょう。

独自ルールをメルカリでは認められていない!無視してもペナルティはない

 メルカリにはこれだけの独自ルールを設けている出品者がいますが、実はこの独自ルールはメルカリでは認められていません。

 

その独自ルールについてメルカリガイドでは、下記のように記載されています。

独自ルールの取引について

メルカリには「コメントなし購入禁止」や「プロフィール必読」「いいね!不要」といったルールはありません。

お取引を円滑にする目的であっても、メルカリのシステムが対応していないお客さま独自のルールを強要することはトラブルの原因になることがあります。

安全のため、ガイドに沿って取引を進めてください。

 引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/getting_started/original_rule/

そのため、出品者が独自ルールを設けていてユーザー(購入者)がそのルールを無視したり守らなかった場合でも、特にメルカリ事務局からペナルティが課されることはありません。

 

そのルールはあくまで、出品者が勝手に決めたルールであるからです。

 

また、独自ルールを設けたことで様々なトラブルに発展することもあるので、独自ルールを設けることは絶対にやめるべきです。

 

さらに、独自ルールは設ければ設けるほど出品者への印象が悪くなりますし、取引をしたいとは思えなくなります。

 

なぜなら、何かトラブルが起きた時に面倒臭そうだからです。

安心できる相手と最後まで気持ち良く取引したい気持ちは誰でもありますが、独自ルールを設ければ設けるほど、自分の首を絞めることにもなります。

自分が購入者の立場だったらそのルールは守れるのか?そんなガチガチのルールを設けている人から物を買いたいと思うのか?をよく考えて、プロフィールを書くようにしましょう!