メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

スポンサーリンク

ラクマのノークレーム・ノーリターンの意味とは?禁止の理由や返品はできる?

スポンサーリンク

ラクマのノークレーム・ノーリターンの意味とは?禁止の理由や返品はできる?

ラクマでは「ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセル」の文言が使用禁止となっています。

 

これはラクマガイドにも記載があり、このような文言を使って商品を出品はしてはいけません。

 

そんなラクマの「ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセル」とは一体どんな意味なのか?禁止の理由やその場合でも返品はできるのか?などについてご紹介します。

ラクマのノークレーム・ノーリターン(NCNR)の意味は?禁止の理由は?

ラクマの「ノークレーム、ノーリターン」とは「購入後の返品やクレームは一切受け付けません」という意味です。

 

つまり、購入後(商品到着後)に商品に問題がある・壊れていた・配送中に商品が破損していたなどが起きても、一切出品者は返品やクレームを受け付けないということです。

 

中には「ノーキャンセル」という言葉を使っている人もいますが、これも購入後のキャンセルは一切受け付けないという意味です。


また、「NCNR」などの略語を使っている人もいますが、これは「ノークレーム・ノーリターン」の略となり、「3N」は「ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセル」の略語です。

ラクマではノークレーム・ノーリターンは使用禁止

そんなノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセルですが、ラクマではこの言葉を使うことは禁止されており、ラクマガイドにもこのように記載されています。

取引における独自ルールについて

ラクマでは、取引についてノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセルなどの独自ルールの設定をすること、およびそれを理由にお話し合いに応じないことを認めておりません。

お互いの認識の違いによるトラブルを防ぐためにも、商品の状態(汚れ・傷の状態や動作・非動作の状況等)や配送方法を詳細に説明文に記載してください。


また、購入者様より商品の品質等についてご意見があった場合は、十分にお話し合いいただき、誠実な対応をしていただくようお願いします。

引用:取引における様々な注意点 « フリマアプリラクマガイド集

 

ラクマでは商品に問題がある場合は、出品者・購入者間で話し合い出品者は返品を受け付けなければいけません。

 

その「商品に問題がある」とは下記のような状況で、出品者に落ち度がある場合です。

・商品が壊れていた

・届いた商品が商品ページと異なる

・梱包が甘く配送中に商品が壊れていた

偽ブランド品が届いた

 

購入者が「ただ単に必要じゃなくなった」などの購入者都合の返品要求は、出品者は拒否しても良いこととなっています。

(ラクマでは購入後のキャンセルは原則不可のため)

 

ですが、ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセルなどはラクマでは認められていないルールとなっており、このようなルールを設けても商品に問題があった場合は、出品者は話し合い・返品に応じなければいけません。

ラクマでノークレーム・ノーリターンが禁止されている理由

ラクマでこの「ノークレーム」「ノーリターン」「ノーキャンセル」「3N」などの言葉が禁止されている理由は、それを許可してしまうと取引において様々なトラブルにつながるからです。

 

購入者に商品が届いた時に、商品が壊れていた・商品ページと違う商品が届いた・ページには書いていなかった汚れやシミがある・配送中に破損があったなど様々なトラブルが起こる可能性があります。

 

ですが、ラクマでノークレーム・ノーリターンをOKとしてしまうと、購入者が圧倒的に不利な立場になり、返品ができず泣き寝入りすることにもなります。

 

そうなると「ラクマは粗悪品を送りつけてくるサイト」「厳しく取り締まってくれないサイト」などと思われてしまい、ラクマの評判が落ちるだけでなく、ラクマ側に問い合わせやクレームが多く入るのは大いに想像ができます。

 

それを防ぐためにも、ラクマでは商品に問題があれば出品者・購入者間でしっかり話し合いを行った上で返品を受け付けるようにお願いをしているのです。

ノークレーム・ノーリターンを書いても出品ができてしまう

ただし、ラクマでは「ノークレーム」「ノーリターン」「ノーキャンセル」などの言葉を使うことはルール違反としていますが、このような言葉を使っても出品ができてしまうのが現状です。

 

ラクマ ノークレーム・ノーリターン商品

 

同じフリマアプリのメルカリでは、ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセルなどの言葉を商品ページ内に入れると出品ができないようにエラーが出ますが、ラクマではそのような措置はなく通常通り出品ができてしまいます。

 

そのためラクマ内で「ノークレーム」検索をすると多くの商品がヒットしてしまいます。

 

このような商品を購入後に万が一商品に問題があった場合、商品が壊れていても返品を受け付けてくれない・連絡を無視されるなどのトラブルに発展する可能性があります。

 

それを防ぐためにも、購入者はできるだけこのような商品は購入しないことが大事です。 

ノークレーム・ノーリターン商品でも返品は可能

ラクマで売られている商品の中には「ノークレーム・ノーリターン」と書いてある商品は多く存在しますが、このような商品の場合でも商品に問題があれば出品者は返品を受け付けなければいけません。

 

それは上でもご紹介した通り、ラクマではノークレーム・ノーリターンなどの言葉が禁止となっているため、出品者が勝手に決めた独自ルールに過ぎないからです。

 

出品者がいくら細かく独自ルールを設けても、それはラクマで認められているルールではないため、ラクマ事務局は何も守ってはくれません。

 

独自ルールはトラブルになった際に何も効力はないため、面倒なトラブルを防ぐためにも設けない方が良いです。

 

また、その場合は購入者はすぐに出品者に商品の状態を説明し、返品をしてもらえるようにお願いをしましょう。

 

万が一、出品者が「返品できないと商品ページに書いているから」と返品を拒否した場合は、ラクマ事務局に連絡をして事務局に動いてもらいましょう。

 

ノークレーム・ノーリターンは書いても意味なし!書くと売れない原因にも

以上が、ラクマの「ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセル」についてでした。

 

ラクマでは「ノークレーム」「ノーリターン」「ノーキャンセル」「3N」「返品不可」などの言葉は、購入者が圧倒的に不利な立場になり、悪質な取引を防ぐためにも使用禁止となっています。

 

また、このような文言を書いて出品をしたりプロフィールに書くなどすると「この人トラブルになっても何も対応をしてくれないんだな」「一方的に返品不可とされたら何かあったときに嫌だな」などと思われ、なかなか購入をしてもらえない可能性があります。

 

そのためにもノークレーム・ノーリターン(NCNR)などは書かない方が良いですし、それが原因で商品が購入されないのは非常にもったいないです。

 

また、それを理由に返品を拒否すれば悪い評価を付けられる可能性もあるので、状況によっては出品者は速やかに返品を受け付けることも大事です。