メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

メルカリ・ラクマでの「商品の取り置き」は断るのも大事!取り置きをすることで起こるトラブルとは?

スポンサーリンク

メルカリ・ラクマでの「商品の取り置き」は断るのも大事!取り置きをすることで起こるトラブルとは?

メルカリ・ラクマではよく「商品の取り置きをしてください」とユーザーから言われることがあります。

そんな時、心優しい出品者さんは取り置きを引き受けてあげているかもしれません。

 

ですが実は、商品の取り置きをすることで様々なトラブルに繋がることもあるため、私は取り置きを頼まれたら100%断るようにしています。

なぜ私が商品の取り置きを断っているのか?私が取り置きを断る理由について、詳しくご紹介します。

 

「商品の取り置き」とは?

商品の取り置きとは、その名の通り「取り置き」です。

 

一般的なお店でも「後日お金を支払うからこの商品を取り置きしておいてください!」と言えば取り置きを引き受けてくれるお店もあります。

 

それと同じようにメルカリやラクマでも、商品の取り置きという行為が存在します。

 

つまり、商品の取り置きを希望したユーザーにいずれ購入してもらうために、その間出品者が、他のユーザーから購入されないようにその商品を確保しておくのです。


ユーザーが取り置きを希望するケース

メルカリやラクマで取り置きを希望するユーザーは、下記の理由から取り置きを希望するケースが多いです。

 

・今すぐ欲しい商品だけど売上金が近日中に入るので売上金が入ってから購入したい
・クレジットカードの締め日の関係上、今は買えないけど近日中に買えるのでその時に買いたい
・購入はするけど今は忙しくてできそうにないので、ひとまず取り置きしてもらって時間があるときに買いたい
(仕事から帰ってからゆっくり買いたい、子供が寝てからゆっくり買いたいなど)


実際に私はこのような理由で商品の取り置きを希望されたことが何度もあります。

 

また、中には理由もなしに取り置きを希望するユーザーもいました。

 

要するに言い方は少し悪いですが、ユーザーの個人的な都合で取り置きを希望するケースが多いのです。

取り置きはおすすめしない!私が取り置きを断る理由

上でも書いたように、私はユーザーから商品の取り置きをお願いされても、100%の確率で「申し訳ありません。商品のお取り置きはできません」と断っています。

 

それがどんなに良い評価しかないユーザーであってもお断りしています。

(取引数が多く、良い評価しかない人は基本はお取り置きはお願いしてこないですが)

 

私が商品の取り置きを断るのは、下記の理由があるからです。

①専用ページを作る手間・商品を他サイトで全て取り下げる手間がかかる

取り置きを希望された場合、まずその商品がそのユーザー以外の人から購入されないようにするために、そのユーザー専用の専用ページを作成しなければいけません。

つまり、他のユーザーがその商品ページを見て「あ、専用ページか」とわかってもらえるようにその商品ページのあらゆる部分を変えなければいけないのです。


例えば、商品名を「◎◎様専用」と変える、なるべく検索にヒットしないように商品説明文も「◎◎様専用です」に変える・もしくは付け加える、また他のユーザーから見てどんな商品かがわからないように商品画像も商品以外のものに変える・もしくは画像にも「◎◎様専用」と入れるなどです。


専用ページは他のユーザーから見て明らかに「専用ページだ」とわかってもらえるくらい変更をしないと、その商品を欲しいと思っていた他のユーザーに横取りされてしまう場合もあるのです。


つまり、

取り置きをする=専用ページを作成する=出品者に手間がかかる

ということでもあるのです。

この手間と時間を考えると、取り置きする側の出品者も大変なのです。

②取り置きをしたのに購入しない人が多い

取り置きを希望しておきながらも、専用ページを作成したのに購入しないというマナーが残念な方が結構います。

「今すぐ買ってくれなくても必ず買ってくれるならいいか!」と思って取り置きしておいたものの、結局何日経っても購入してくれなかった・・・という経験が何度かあります・・・


上で書いたように時間と手間をかけて専用ページを作成して、他のサイトからもその商品を下げたりもしたのに結局買ってもらえないという切ないことも十分に起こるのです。

③結局のところ出品者にとっては機会損失に繋がる

理由②で書いた通り、取り置きをしたのに結局買ってくれなかったということも何度か経験してきたのですが、これが起こってしまうとこんな負のスパイラルでしかないのです。

①取り置きをする
   ↓
②他のサイトからその商品を削除・一旦停止をする
   ↓
③その人以外購入できなくなる
   ↓
その人がずっと買わなければずっと売れないままに終わる

この「③その人以外購入できなくなる」は非常~~~にもったいなくないですか!?

他にも欲しいと思っている人がいるかもしれないのに、そのユーザーのせいで誰もその商品を買えなくなってしまうのです。


結局、その人が購入しなかったらただの機会損失でしかないのです。

「取り置きをしたのに最終的に買ってくれなかった」となれば、出品者・他にも欲しいと思っている人にとっても痛手でしかありません。

④そもそも取り置きを希望する理由が自己都合すぎる

結構はっきりと書きますが、取り置きを希望するユーザーの取り置き理由に納得がいかないことが多かったりします。

よくよく考えてみたらユーザーが取り置きにしてほしい理由ってなんなのでしょうか?

上でも挙げたように、商品の取り置きをお願いされると「売上金が◎日に入るのでそれまで取り置きしておいて欲しいです」「クレジットカードが◎日から使えるようになるので・・・」と言われることが多いです。

また、人によっては理由もなしに「取り置きをお願いできますでしょうか?」と聞いてくることもあります。


売上金で購入したい気持ちもわかります。

クレジットの限度額?絡みなのもわかります。


ですが、「今購入できるお金がないなら購入すべきではないのでは?」と私は思ってしまいます。


今手元にお金がないのにお店に行ってものを買おうとしますか?

クレジットカードが今使えないのにお店に行ってものを買いますか?


これと一緒ですよね。

こういう「100%買うつもりがなくても取り置きができてしまう」のがフリマアプリなのです。

顔も本名も晒しませんからね。


「出品者がユーザーの金銭事情に振り回されるのはいかがなものなのか?」と私は思ってしまうので、取り置きは全てお断りしています。

取り置きをすればもちろんこちらの手間が増えるわけで、さらにその方が必ずしも購入してくれるわけではありません。

他サイトでの機会損失にもなるので、私は個人的には取り置きはおすすめしません。

取り置きを希望されて嫌だと思ったらはっきり断ることも大事

私が商品の取り置きを断る理由をずらっと書きましたが、今まで商品の取り置きを了承していた方は少し考えが変わりましたか?

「こういうリスクもあるな~」と思った方も多いと思います。

それでも「買ってくれるかもしれないし」と思って取り置きを了承してあげるのもいいと思います。

ですが、「やっぱり私も取り置きを断ろう!」と思った方は、今後商品の取り置きを希望された際にははっきり断ることも大事ですよ。


もし取り置きをお願いされたら、私が取り置きを断る際に使っているフレーズがあるのでぜひこれを使ってください。

 

「以前、取り置きをしたのに購入して下さらなかった方がいたため、取り置きはお断りさせていただいております。
購入が早かった方を優先しておりますので、ご了承ください。」


実際に購入しない人がいたことも事実ですし、このフレーズを言うと「そうなんですね。ではすぐに購入します」と言ってすぐに購入してくださった方もいました。笑


きちんと丁寧にお断りをすればトラブルにもならないですし、「じゃあいらない」と言われることもないと思いますので、商品の取り置きを断りたいと思ったらきちんとお断りを入れるようにしましょう。

取り置きをしても買う気がない人もいるのでしっかり判断を

以上が私がフリマアプリで商品の取り置きをおすすめしない理由についてでした!

もちろん、過去に取り置きをお願いしてきた方全員が購入しなかったわけではありません。

ですが、「100%買う気がない方もいる」ということをしっかり覚えておいてくださいね。


意外と取り置きもトラブルになりかねないので、しっかり自分で判断して嫌なことはきっぱりと断ることも大事なのです。