メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

招待コードをぜひ使ってください!
メルカリXMYJNC
ラクマkBzKK

PayPayフリマTT6A1E

新規会員登録時に上の招待コードを入力すると、
メルカリは500ポイント、ラクマで100ポイント、
PayPayフリマで300円相当のPayPayボーナスをGET!
(↑各サイトの入力方法に飛べます)

メルカリの価格設定はゾロ目がおすすめ?売れやすい・利益が出る3つの理由

メルカリではなぜ端数の商品が多いの?777円等の値段をつける出品者の理由は?

 

この記事では、下記のことについてまとめています。

 

● メルカリの価格設定でゾロ目が多い理由

ゾロ目で出品することでのメリット

ゾロ目価格の商品に値下げ交渉する時のコツ

 

メルカリの価格設定でゾロ目が多い理由とは?売れやすい?

 

メルカリで商品を探していると、こんな価格設定の商品をよく見かけます。

 

777円

1999円

11111円  など

 

思わず「なんでこんな1円単位で販売するの?」「価格がすごく中途半端・・・」と思ってします。

 

また、これだけゾロ目の商品が多いと「ゾロ目にすることで何か得があるの?」と思ってしまいます。

これだと1円単位で払わなければいけないので、購入者にとってはなんだか面倒に感じてしまいます。

 

ですが実はゾロ目価格に設定することで、出品者にとってはこのようなメリットがあるのです。

1, 最終利益が分かりやすくなる

メルカリで商品が売れた際、販売手数料10%が出品者にかかります。

 

これは商品の販売価格から販売手数料が差し引かれた金額が、出品者に入る仕組みです。

 

実はメルカリでゾロ目の価格で販売されている商品は、売れた時にかかる「販売手数料10%」を考えてのことでもあります。

 

例えばメルカリで777円、1999円で販売した場合、最終利益は下記のようになります。

 

【例】

販売価格777円-販売手数料77円(10%)=利益700円

販売価格1999円-販売手数料199円(10%)=利益1800円


このようにゾロ目にすることで、出品者が最終的に受け取る利益(売上金)の数字が分かりやすくなります。

 

「1000円の利益が欲しい」と具体的に考えている場合は、販売価格をゾロ目に揃えるだけで最終利益の計算がしやすくなります。

2, 購入者側に安いと感じてもらえる

メルカリのゾロ目の価格設定は、購入にとってもメリットがあります。

 

例えばメルカリで、全く同じ商品が2つ並んでいたとします。

 

その2つの商品の違いは、価格が1円差ということだけでした。

 

1, 価格:2000円

2, 価格:1999円

 

この商品が2つ並んでいた場合、1円でも安い方がいい人にとっては2を購入するはずです。

実はどちらでも出品者の利益が変わらない

実は、この2つが売れた際の最終利益は全く同じなのです。

 

1, 価格:2000円

販売価格2000円-販売手数料200円=利益1800円

 

2, 価格:1999円

販売価格1999円-販売手数料199円=利益1800円

 

2000円と1999円では、購入者にとっては「1000円台」というだけで1999円の方が断然安く感じます。

 

ですが出品者が得る利益は、どちらの価格であっても同じなのです。

ゾロ目は購入者・出品者にこんなメリットが

つまり購入者・出品者にとって、下記のようなメリットがあります。

 

購入者:

2000円の商品より1999円の商品の方が、1円安く購入できる

 

出品者:

販売価格2000円でも1999円でも最終利益が同じ

 

利益が変わらないのであれば、出品者は1999円で出品した方が良いのも納得です。

3, 1円下げただけで断然売れやすくなる

上の利益シミュレーションでもわかるように、出品者にとっては1999円で出品しても2000円で出品しても利益が全く同じなのです。

 

それなら2000円で販売したい商品であっても、1円下げて1999円で販売した方が購入者の目に止まりやすくなります。

 

1円安いだけで売れやすくなるのに、出品者は損をせずに売れやすい状況を作ることができます。

価格設定がゾロ目の商品の値引き交渉は危険?失敗する?

 

上のような理由から、メルカリではゾロ目価格をつけている出品者が多くいます。

 

ですが購入者側にとっては、ゾロ目価格の商品は値引き交渉がしづらい傾向にあります。

 

その理由は、出品者が最終利益をしっかり考えた上で値段設定をしている可能性があるからです。

 

売れた時に残る最終利益を明確するためにゾロ目価格にしている場合、値引き交渉を受け入れることで想定の利益が取れなくなってしまいます。

ゾロ目価格商品におすすめの値下げ交渉術

「ゾロ目だと値下げ交渉しづらいのかあ・・・」とガッカリした方もいるかもしれません。

 

実はゾロ目価格商品であっても、値引き交渉を受け入れてもらえる可能性は十分あります。

 

その方法は、希望の値引き価格をゾロ目にして交渉をすることです。

 

例えば下記のような価格です。

 

777円→666円

1999円→1777円

 

このように希望の値引き価格もゾロ目にすると、出品者にとって最終利益が分かりやすくなります。

 

出品者が利益を計算しやすくなるため、値引き交渉を受け入れてもらえる可能性が高くなります。

 

もしもゾロ目価格の商品の値下げ交渉をする場合は、ゾロ目価格で希望を出してみることがおすすめです。

 

メルカリのゾロ目価格設定は出品者・購入者にメリットが

 

メルカリでは中途半端な数字・ゾロ目の価格設定の商品が多くありますが、実は出品者はしっかり意図があってのことだったのです。

 

出品者にとっては最終的に大事になるのは、販売価格ではなく最終利益です。

 

少しでも利益を残して利益額をわかりやすくするためにも、ゾロ目の価格設定はおすすめです。

 

また、ゾロ目価格の商品は1円安く購入できるため、購入者にもメリットがあります。

 

「メルカリに出品したけどなかなか売れない・・・」と思う商品があれば、試しにゾロ目で出品してみることもおすすめです。

メルカリ出品者さんにおすすめ情報・サイト

 

メルカリ出品者さんにおすすめの情報やサイトをまとめています。

 

興味があるものがあれば、ぜひ日頃のメルカリ販売に役立ててください。

【仕入れ】グッズステーション

【ラクマ転売におすすめ】個人仕入れが可能なサイトまとめ

画像引用:ネット販売向け卸サイト「グッズステーション」

 

グッズステーションは、人気な輸入商品を卸販売しているサイトです。

 

商品を仕入れてメルカリで販売したい方は、グッズステーションはとてもおすすめです。

 

主にAmazonで商品を出品している人向けになりますが、仕入れた商品をメルカリやラクマなどに出品することも可能です。

グッズステーションの特徴

人気な輸入商品を卸販売しているサイト

購入した商品の「商品撮影・販売用画像」の作成サービスあり

販売先がAmazonの場合は「販売用ページ」を作成するサービスもある

中国の上海に物流倉庫を確保

トレンドに準じて、売れ筋商品の輸入から新製品の開発まで行っている

 

 

メルカリで物販もやってみたい方は、安心安全な卸サイトから商品を仕入れてみるのもおすすめです。

 

 

\ メルカリで物販をするなら! /

グッズステーションをチェックする

【買取】バイセル

f:id:colotanblog:20220416144644j:plain

画像引用:満足価格!お引越しで整理したいモノの買取【バイセル】

 

バイセルは、幅広い商材を高額で買い取ってくれる買取サービスです。

 

メルカリで売るのは面倒な大型商品や出品時にルールがあるカテゴリーは、バイセルで一気に買い取ってもらうのも手です。

バイセルの特徴

フリマアプリで売るには面倒で大変なものを、一気に買い取りしてくれる

ブランド品 お酒 切手 楽器 食器 家電 ゴルフ用品 など)

宅配買取・出張買取・店頭買取から選べる

査定は無料

出張買取は全国対応

 

無料で査定をしてもらえるため、どのくらいの買取価格になるか試しに申し込んでみるのもおすすめです!

 

 

\ なかなか売れなかったものが売れるかも! /

バイセルをチェックする

【買取】Pollet(ポレット)

 

ポレットは使わなくなった不要品、商品券、ポイントまで、身の回りのものを簡単に現金化できる買取アプリです。

 

アプリ操作のため手順も簡単、不要なモノをダンボールに詰めるだけですぐに買取してもらえます。

ポレットの特徴

不用品から金券類まで幅広い買取が可能

フリマアプリでは出品禁止のものも買い取ってもらえる

(余った年賀状・金券・ポイント・外貨・株主優待券など)

不要なものをダンボールに詰めて送るだけ

自宅に箱がない場合も取り寄せ可能

身分証の提出や買取リストの作成など一切不要でラク

 

 

\ アプリで簡単買取! /

ポレットをチェックする