メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

メルカリ・ラクマ・ヤフオクの 【ノークレーム・ノーリターン・NCNR】とはどういう意味?このルールは必ず守らなきゃダメ?

スポンサーリンク

 メルカリ・ラクマ・ヤフオクの 【ノークレーム・ノーリターン・NCNR】とはどういう意味?このルールは必ず守らなきゃダメ?

こんにちは!ころたんです。

メルカリやラクマ、フリル、ヤフオクなどの販売サイトでこちら見かけたことありませんか?

「NCNR」
もしくは
「ノークレーム、ノーリータンでお願いいたします」


知らない人からすると、なんのこっちゃわからないと思いますが、フリマアプリ・ヤフオク内で結構使われている文言だったりするのです。


これは一体なんなのでしょうか?

さっそくこの謎の文言について説明していきたいと思います。

NCNR、ノークレーム、ノーリターンの意味とは?


まず「ノークレーム、ノーリターン」とは「購入後の返品やクレームは一切受け付けません」という意味です。

また、「NCNR」とは「ノークレーム、ノーリターン」の略となります。


出品者が「NCNR、ノークレーム、ノーリターン」と書く理由

 

これらの文言を書いている出品者は、ただ単に「返品・返金を受け付けたくないから」なのです。

 

出品者側からすると購入後に返品やらクレームやらがあるとそりゃあ面倒です。

 

中には「やっぱりいらない」という理由で返品を要求してくる購入者もいるので、こういった返品を防ぐためにも「ノークレーム・ノーリターン」と予め書いておきたいのでしょう。

なんらかの理由で返品を受け付けた場合、返金処理などの手間も発生しますし、返金手数料も発生するので、出品者としてはできれば返品・返金は受け付けたくないのです。



こういった理由で、「ノークレーム、ノーリターンでお願いします」とプロフィールや商品説明文に入れている出品者は多いのです。

 

「ノークレーム、ノーリターン」は書かない方がいい理由

 

私個人の印象ですが、「ノークレーム・ノーリターンで!」とプロフィールや商品説明文に書いている出品者は、「思いやりがないなぁ」と思ってしまいます。

 

もちろん上で説明したように自分勝手な理由で返品を要求してくる購入者もいるので、その人たちの返品まで受け付けていたら出品者も大変です。


ですが、私は過去にメルカリ・ラクマ(フリル)・ヤフオクで販売してきた数は2000件以上になりますが、自分勝手な理由で返品を要求されたことは2回ほどしかありません。(私の統計上0.2%くらいです)

 

出品者が心配するほど意外と返品は起こらないですし、購入者も「こんな理由で返品しちゃいけないよな」とわかっているので、商品不良などがない限りは滅多に返品は起こりません。

 

また、商品を購入する前のユーザー側からするとどうでしょうか?

「ノークレームノーリターンで!(=返品・クレームは一切受け付けません!)」なんて書かれていたら買うのが怖いですよね。

そんな強気な出品者から購入したいと思いますか?


「ノークレーム、ノーリターン」=不良品が届いても文句を言うな!と言っているようなものです。


この文言を入れている方は結構多いですが、これでは購入率を一気に下げてしまうので、「ノークレーム、ノーリターン」をプロフィールや商品ページに入れることのメリットはほぼないような気がします。

強いて言うなら「私は絶対に返品・クレームは受け入れませんよ!」と購入者に事前に伝えられることくらいです。


ですが、結局は売り逃しにつながるような文言のような気がするので、私はおすすめしません。


「ノークレーム、ノーリターン」と書いてある商品を返品したい場合は?


では、「ノークレーム、ノーリターンでお願いします」と書いてある商品を購入し、商品到着後に商品が不具合だと気付いた場合、返品はできるのでしょうか?

答えは、返品できます


実は、メルカリでは「ノークレーム・ノーリターン」という単語を禁止していますし、基本は出品者の独断だけで返品を禁止をすることがルール上できなくなっています。


また、メルカリのルールにも、「ノークレーム・ノーリターンと書いてあっても購入者が返品を希望する場合は、出品者は返品に応じる必要がある」と書いてあります。


ですが、現在のところラクマ、ヤフオクでは「ノークレーム・ノーリターン」という文言は禁止されていません。


また、メルカリでは「ノークレーム・ノーリターン」といった文言を商品ページのどこかに入れていると出品ができなくなっているため、出品者の中には「返品・クレームは一切受け付けません」と言い方を変えて書いている出品者もいるのです。


もしそのような出品者から商品を購入する際は、事前に「もし商品が壊れていた、不良だった場合は返品はできますか?」と聞いてみたほうがいいかもしれません。


いずれにしても、商品の返品が発生する場合は、出品者と購入者双方できちんと話し合う必要があるため、出品者の独自ルールが書いてあっても返品をしたい旨を一度連絡したほうが良いでしょう。


「ノークレーム、ノーリターン」商品はできるだけ購入しない方がいいかも?

 

以上が「NCNR・ノークレーム、ノーリターン」についての解説でした!

 

上で書いたように、「NCNR・ノークレーム、ノーリターン」と書いてある商品でも、返品はできるので安心してください。

 

これは出品者が勝手に決めたルールであって、メルカリ・ラクマ・ヤフオク上では認められていないルールなのです。

 

ですが、購入者は自分勝手な理由で返品をするのは出品者に迷惑がかかるのでそれはやめましょう。

また、メルカリやラクマ、ヤフオク内には独自の専門用語がたくさんありますので、一つづつ理解してスムーズな取引ができるようにしてくださいね。


返品についての記事もありますので、気になる方は下記の記事も参考に!

 

www.colotanblog.com

www.colotanblog.com