メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

スポンサーリンク

メルカリで値段交渉を断られるコメント例とは?価格交渉の内容ではブロックも?

スポンサーリンク

《断るのも大事!》メルカリ・ラクマでたまに起こる謎の値切り交渉!〜実際にあった困ったコメント例〜

フリマアプリのメルカリでは、値段交渉(価格交渉)をすることが当たり前のようになっています。

 

そんな価格交渉では、ユーザーから様々な質問や要求をされることがあり、中には「こんな値段交渉困る・・・」と思ってしまうような謎の値引き交渉をされるケースもあります。

 

あまり出品者を困らせるような値段交渉は価格交渉を断られてしまったり、場合によっては出品者からブロックをされてしまうこともあるので、購入者は注意です。

 

そんな実際にあった、出品者が困る値段交渉のコメント例についてご紹介します。

 

※メルカリのコメントの投稿方法は下の記事でご紹介しています

実際にあったメルカリで値段交渉を断られるコメント例とは? 

メルカリはフリマアプリであるため、購入者が気軽に出品者に値段の交渉ができるようになっています。

 

またこの値段交渉はメルカリのルールでも認められているため、特にペナルティがあるわけではありません。

 

ですが、メルカリではこの値段交渉が当たり前となっていることから、「この人からの価格交渉は絶対に受けたくない・・・」と思ってしまうような、謎の値引き交渉が来ることがあります。

 

これは実際に私が体験した値段交渉の例ですので、他にも経験したことのある出品者も多いかもしれません。

 

そんな実際にあった、出品者が困る値引き交渉のコメント例をご紹介します。

 

●●●円なら即決します

この値段交渉はとても多いです。

 

例えば、1000円で販売している商品に対して「700円なら即決します」「700円なら買います」などと言われるパターンです。

 

そしてその後に「値引きは可能でしょうか?」「お願いできますか?」などの言葉もなく、その一言だけなのです。

 

このようなコメントが来た場合、出品者側としては「上からだな・・・」と思ってしまうのが本音です。

 

値段交渉はあくまで交渉です。

 

出品者にも値段交渉を引き受けるか受けないかを選ぶ権利があり、あまりにも態度が悪い・上から物を言われてしまうと、やはり引き受けたくはありません。

 

もちろん出品者も購入者に対して低姿勢で接するべきですが、このような値引き交渉をする場合は「700円への値引きは可能でしょうか?」「700円でお願いできないでしょうか?」など、購入者側も値引きをお願いしている立場であることは忘れてはいけません。

amazonと同じ価格にして欲しい

以前メルカリで商品を出品・販売していたところ、ある男性ユーザーから謎の値引き交渉コメントが入りました。

 

「この商品、amazonで◎◎円で売っています。それと同じ価格にしてください」


「こんな人本当にいるの?」と思うかもしれませんが、本当にいます。

実際に私は、このような「amazonと同じ価格にして」というコメントを3人くらいから言われたことがありますし、しかもそれは全て別のユーザーでした。

家電量販店での買い物でネットの最安値を提示して値段交渉をする人がいるのと同じで、メルカリでもネットの最安値を提示して値下げ交渉しようという考えなのでしょうか・・・

もちろんこの謎の値段交渉は断りましたが、出品者側からすれば「・・・じゃあAmazonでご購入ください」と思うしかありませんでした。

2段階で値引き交渉をされる

また、以前メルカリで出品している商品に対して、このようなコメントが入ったこともあります。

ユーザー:「◎◎円まで値下げできますか?」

私:「いいですよ!では価格を変更しても良いでしょうか?」

ユーザー:「あともう一息!ここからさらに値下げできますか!?」

私:・・・・?


これは取引をする気が失せてしまいますよね。

 

この軽い感じの「あともう一息!」はかなりイラっとしました・・・


しかもこの場合は、最初にユーザーが値引きの希望額を提示しておいて、出品者がOKを出したらさらにそこから値下げ交渉をしてくるパターンなのです。

 

つまり、2段階で値引き交渉をしてきたのです。

 

恐らくこのユーザーの場合は、一度値引き交渉をして出品者のコメントの反応を見て「まだイケる!」と判断して、さらに値引きを要求するのだと思われます。

これは出品者としてはいい気はしないので、私の場合は「申し訳ありませんが、そちらが◎◎円とおっしゃったのでお返事をさせていただきましたが、残念ですが今回はお断りさせていただければと思います」と、お伝えして絶対に購入させないようにしています。

半額以上の値引きを要求する

これも意外と多いですが、驚くほどの額の値引きを要求されるケースもあります。

 

例えば10,000円で出品しているものに対して「5,000円になりますか?」「3,000円になりますか?」などの要求です。

 

もはや現在の販売価格があってないようなものになってしまうほど、ユーザーが勝手に決めた金額を提示されることもあります。

 

もちろんこのような度が過ぎている値段交渉は断るべきですし、出品者が納得できない金額では絶対に取引はしない方が良いです。

 

また、私の経験上あまり度が過ぎている値段交渉をする人は、評価を見てみると悪い評価が多くついていたり、プロフィール文の内容が信用できなかったりと、やはりどこか引っかかる部分がある人は多いです。

 

非常識な額を提示する・大きな値引きを要求するユーザーには、注意した方が良いでしょう。

出品者によっては値引き交渉の内容でブロックも

メルカリで頻繁に行われる値引き交渉ですが、出品者によっては値段交渉のコメント内容によっては取引を断るだけでなく、ブロックまでしてしまう人も多くいます。

 

メルカリのブロック機能とは「取引をしたくない」「関わりたくない」「購入されたくない」「もうコメントが来ないようにしたい」などの理由から、そのユーザーとの接触を拒否できる機能です。

 

ブロックをするとそのユーザーからのいいね・購入・コメントなどができないようにできるため、予め取引がしたくないユーザーは購入をされる前にブロックしておくこともできます。

 

もし出品者からブロックをされてしまうと、出品者が自分をブロック解除するまでその出品者の商品を購入ができなくなってしまうため、購入者側は値段交渉のコメントの内容には気をつけるようにしましょう。

 

値引きコメントではなくオファー機能もおすすめ

メルカリで値下げ交渉が当たり前になってから、やはり値引きコメントが来ることへのストレスや手間から「値引きコメントがいちいち来るのが嫌」と思う出品者は多くいます。

 

そのため、今ではメルカリにはオファー機能が使えるようになっています。

(ただし現在は「インテリア・住まい・小物」「家電・スマホ・カメラ」「スポーツ・レジャー」カテゴリー商品のみです)

 

このオファー機能とは、値引きができるかを聞きたい商品に対して、自分が希望する価格を入力するだけで出品者に価格交渉をするができます。

 

これを使うことで、出品者とわざわざコメント欄で文章のやり取りをしなくても良くなり、ユーザーにとっても希望金額を入力するだけで後は値下げの可否を待てば良いので、お互いにとって楽になっています。

 

値引きコメントを嫌がる出品者も多いので、その場合はオファー機能も活用してみましょう。

 

メルカリの値引き交渉は内容が大事!出品者に承諾されるコメントを

以上が、私が実際に言われて困ったメルカリでの値引き交渉ついてでした。

 

このような出品者が不快に思い、結果値切り交渉を断られてしまうケースのコメントは多いです。

 

本当にその商品を欲しいと思うのなら、購入者側はやはり丁寧な言葉遣いで低姿勢でコメントをすることが大事です。

 

また、出品者も「自分は売ってあげている側」とは思わずに、納得ができる場合は値下げにも対応しましょう。

 

ですが中には「この人とは取引したくない」と思ったら、きちんと断ることが大事です。

中にはトラブルに発展しやすい人もいるので、怪しい人・取引したくないと少しでも思う人の交渉には乗らないのが無難です。

 

購入者・出品者ともに気持ちの良い取引ができるように、お互いが納得できる値引き交渉を行うようにしましょう。

 

▼メルカリ出品者さんにおすすめの本▼