メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

悪い評価が多いと売れなくなる!その理由や「悪い評価をつけられないための6つのルール」とは?

スポンサーリンク

悪い評価が多いと売れなくなる!その理由や「悪い評価をつけられないための6つのルール」とは?

メルカリ・ラクマ・ヤフオクを利用していると、悪い評価をつけられてしまい落ち込んでしまうこともあると思います。

 

また、悪い評価をつけられないためにはどうしたらいいのか考えたことがある人もいるでしょう。

私は現時点でメルカリでは約2000件、ラクマでは約500件(フリルがサービス終了になるまでに約100件)、ヤフオクでは1500件ほど取引をし、3段階評価のうち99%が一番良い評価の「良い」をいただいています。

1件だけメルカリで「普通」がついています。

なぜこの「普通」がついてしまったかについても後で説明していきたいと思いますが、まずは悪い評価をつけないためにはどうしたらよいかを書いていきたいと思います!

 

メルカリ・ラクマ・ヤフオクでお小遣いを稼ぎたいなら悪い評価は絶対にダメ

家にあるいらないもの(不用品)をメルカリやラクマ、ヤフオクで販売する中で、「お小遣いを稼ぎたい!」「今後もコンスタントに不用品を売っていきたい!」と思うなら、悪い評価なんてもってのほかです。

1個悪い評価が付いているだけで「過去に何をした人なんだろう?」と思われてしまうからです。


もうすでに悪い評価がついてしまっている方は、今後どのようにしたら良い評価を多く集められるかを考えればよいので、今後はいかに良い評価を集めていき悪い評価の割合を減らしていけるかが大事になります。 

悪い評価をつけられないための6つのルール

メルカリやラクマ、ヤフオクで悪い評価をつけられないためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

それは下記で紹介することを守るだけで良いのです。

 

下記の6つのことを守るだけで悪い評価は絶対につきませんので、出品者さんは必ず守るようにしましょう。

①不良品、粗悪品は絶対に売らない

これは書くまでもなく「不用品を問題なく売りたい」と思うのなら当たり前のことです。


壊れているものやもう使い物にならないようなものを販売して、購入者に届いたらそりゃあ悪い評価をつけられて当たり前です。

出品をする際の基本として「自分がこの価格を払ってまで欲しいか」をよく考えましょう。

お金を払う価値もないようなものは絶対に売ってはいけません。

そのようなものを販売したら、即悪い評価をつけられてしまいます。

②商品説明文に嘘は書かない

これも当たり前ですね。

少し商品状態を良く見せようと書いてみたり、汚れがあるのにそれを画像にも文章にも載せなかったり、画像の色味を加工してきれいな色に変えてみたり、いろいろ売れるために商品をよく見せたくなる気持ちはわかりますがこれは絶対にやめましょう。

実際に商品が届いて購入者が「なにこれ!?画像と全然違うじゃん!!!」となるような掲載は絶対にだめです。

結局、「詐欺のようなことをする人」と思われて自分の評価に返ってきます。

汚れや傷はきちんと正直に書き、画像の加工をするにしても実物と大きく変わらない程度にしましょう。

購入者は期待して商品が届くのを待っています。


期待させた分、届いてがっかりしてしまったら悪い評価をつける以外ありませんのでありのままの商品状態を掲載しましょう。

③購入者へのメッセージは必ず送る

商品が売れたら取引画面から購入のお礼と発送完了のメッセージ2つは必ず送りましょう!

これを送るか送らないかで購入者に与える印象は大きく変わります。

 

また、いろんな出品者さんの評価を見ていると、中にはこんな理由で悪い評価をつけられている人がいました。

「購入したのに一切連絡なし。

こちらから『よろしくお願いします!』と送っても無視。『もしかすると、この人もうアプリ開いてないのかな?』と思っていたら、いきなり商品が届いた。

一言でいいから連絡はしてほしかった。」

 確かにそうですよね。

 

まずは購入後、出品者・購入者共に挨拶のやりとりは大事ですし、出品者から一切連絡がなければ、購入されたことに気づいていないのかな?とも思ってしまいます。

特に購入のお礼は出品者の義務でもあると思いますので、別記事を参考に必ず2つのメッセージを送るようにしてください。

 

④発送期限は必ず守る

商品を出品する際に発送目安を設定しますが、この発送目安は必ず守りましょう!

急いでいるユーザーもいるので、この発送目安をしっかり見てから購入する人も多いのです。

また、商品の発送は早いに越したことはありません。

なるべく発送目安を「1~2日で発送」で出品し、購入・支払いが完了したら最短の発送で送るようにしましょう。

こちらも別記事で細かく書いていますが、今のネット通販ユーザー(フリマアプリも)はamazonや楽天の翌日配送サービスに慣れている人が多いため、「早く届いて当たり前」と思っている方が非常に多いです。

ですので、早いに越したことはありませんが、仕事の関係や育児で忙しい人は2~3日で発送、4~7日で発送に設定していても、必ず発送期限を守るようにしてください。

もし発送期限までに商品を発送できなそうであれば、事前に購入者に発送が遅れる旨を連絡しておきましょう。

 

⑤トラブルになったら返品・返金も承る

「返品・クレームは一切受け付けません」などを事前に書いている出品者は多いですよね。

これを書く書かないは自由ですが、商品不良や破損が発生し、購入者から連絡が来た時は購入者と話し合った結果で返品や返金も承りましょう。
(メルカリではノークレーム・ノーリターン系のことを書いていても、購入者が返品を希望すれば出品者はそれに応じなければいけないというルールがあります)


安い商品であればあるほど購入者は「返品するのもめんどくさい」と思い泣き寝入りをします。

ですが、その代わりに悪い評価をつけてくる場合があります。


受け取り評価をしてしまったら仕方がないですが、受け取り評価前に商品不良等の連絡がきた場合は返品・返金をスムーズに受けましょう。

 

⑥出品者都合のキャンセルを発生させない

これも出品者としては基本中の基本です。

せっかく購入してくださったのだから、出品者都合でキャンセルをするなんてもってのほかです。

ちなみに、出品者都合のキャンセルが発生するパターンとして、下記の例が挙げられます。

・在庫なし商品が売れてしまいキャンセルに
(例:複数のサイトで販売していて、以前ラクマでA商品が売れたのにメルカリでA商品を削除し忘れていた。そのA商品がメルカリで売れてしまい発送ができない)

・発送期限が過ぎて購入者側からキャンセルされてしまった
(事前に発送が遅れる旨を購入者に連絡しておけば了承してくださる方が多いですが、連絡をしないで発送期限を過ぎれば、購入者側からキャンセルされてしまうこともあります)

この場合も悪い評価がついてしまうので、気をつけましょう。

「悪い評価がつく」のと「手間だけど返品・返金を承る」ならどっちを選ぶべき?

では購入者に不良品を送ってしまった、商品ページに嘘を書いた商品を送ってしまったなどの理由で、購入者からクレームが来てしまったとします。

その場合、出品者にとって悪い評価をつけられるのと、返品を承って返金をするのならどちらを選ぶべきなのでしょうか?

返品・返金のめんどくささから「悪い評価をつけられてもいいから返品・返金は受けたくない!」なんて思ってしまう人もいるかもしれませんが、私だったら確実に返品・返金を選びます。

理由は上にも書きましたが、悪い評価がつくことで信用度が1つ下がるから。

この信用度は一度下がるとなかなか元に戻すのは難しいんです。


ずっと評価は残り続けますからね。

返品になった場合、着払いで返送してもらう以外の方法

もし商品に不良がある・商品ページと実際の商品が異なるなどの理由で購入者が返品を希望するとします。

 

そうなった場合「商品代金を全額返金+着払いの送料分まで負担したらマイナスになっちゃう。着払いで返送されるの嫌だな」と出品者は思うはずです。


その場合、私がおすすめする方法があります。


もし購入者が受け取り評価をまだしていない場合なら、その商品を購入者側で破棄してもらい返送はなしにしても良いと思います。

 

私の場合は、家にある不用品を販売していることがほとんどのため、もし壊れている・使えないと言われたら、そのまま捨ててもらってもいいくらいの商品です。

 

もしそれが高級ブランド品等の高額商品であればもちろん着払いで返品をしてもらいますが、家にある不用品や激安で販売したような商品であれば、購入者側で破棄してもらったほうが購入者にとっても返送の手間がないので楽になります。

 

低価格の商品や再販売を考えていない商品であれば、着払い送料を負担することを考えても「破棄」という方法でも良いでしょう。


その際、購入者には下記のように伝えましょう。

 

「私の方で事務局に連絡をしてキャンセル・返金をするように伝えますが、商品は返送なしでお願いできますでしょうか?
そのまま使っていただいても良いですし、不要であればお手数ですがお手元で破棄していただけますか?」

 

この際の注意点として、購入者側で処分が大変になるような商品の場合は嫌がられる可能性があります。

 

商品のサイズ、破棄がしやすいかどうかなどを考えた上で、この方法を購入者に提案してみましょう。


ちなみに私が「普通」の評価が1つついている理由

ちなみに上でも書きましたが、私が唯一1つだけ持っている「普通」の評価がつけられてしまった理由についてご紹介します。

これはメルカリで販売した商品に対して付けられてしまったのですが、粗悪品や不良品を売ったわけでもありません。

ですが、発送した荷物の追跡番号を見ても明らかに2日前くらいに商品が到着していて受け取っているはずなのになかなか受け取り評価をしてくれないお客様がいました。

受け取り評価をすることを忘れてるのかな~と思い、

「商品は到着しましたでしょうか?
到着していましたら受け取り評価をよろしくお願いいたします!」

とメッセージを送ったところ、

「遅くなりすみません。ただいま評価をしました」

とメッセージが着たので確認したところ、評価は「普通」でした・・・涙


新品で未使用の商品だったので、商品に不備があるとも思えなかったし、発送も最短でしたのになんで???と思いましたが、恐らく受け取り評価の催促をされたことが嫌だったのだと思います。

仕事をしている人なら忙しいでしょうし、「うるさいなわかってるよ!!!」と思われたのかもしれませんね。


なので、私は受け取り評価をなかなかしてくれなくてもじっと待つようにしています。笑


受け取り評価も購入者の方のペースがありますから。

ですが、商品受け取りから1週間以上も受け取り評価をしてくれなかったらさすがメッセージを送りますが、それ以内だったらじっと待つようにしています。

普通に取引をしていれば悪い評価はつかない

以上が悪い評価をつけないためにどうするべきかを書いてみました!

この6つを守っていれば基本的には悪い評価はつきません。

むしろ、「普通」の評価も滅多につかないと思います。

みなさんも悪い評価を増やさないようにこの6つをしっかり守って販売してみてくださいね。