メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

困ったコメントもこれで解決!メルカリ・ラクマでよく起こるコメント対処法や返信例をご紹介!

スポンサーリンク

困ったコメントもこれで解決!メルカリ・ラクマでよく起こるコメント対処法や返信例をご紹介!

こんにちは!ころたんです。

今日はメルカリやラクマなどのフリマアプリでのコメントについて書きたいと思います。

 

メルカリやラクマを利用していると、様々なコメントがユーザーから着ます。

 

その中には困ったコメントもたまに来ることがあり、返信に悩んでしまう人も多いと思います。

 

 

メルカリ・ラクマでよくあるコメント例!出品者はなんて返信をすべき?


メルカリ・ラクマのユーザーからくるコメント中には「これなんて返そう?」と思ってしまうようなコメントもあったりしますが、フリマアプリでコメントはつきものなんです!

コメントは日常茶飯事なので、返信に悩んでいる時間は本当にもったいないです。


そこで、私がよく返信する内容をパターン別に紹介したいと思います!

 

①値下げ交渉

メルカリ・ラクマといったフリマアプリの場合、一番多いコメントが値下げ交渉だと思います。

というか購入する8割くらいの方がまずは値下げ交渉をします。


なので、スマホが「ポーン」と鳴って「メルカリ:◎◎さんが★★の商品にコメントしました」と通知が来たら、8割は値下げ交渉です。


値下げ交渉にもいくつかのパターンがあります。


「値下げしてもいいかな」と思う場合と、こちらが乗り気じゃない場合と。。。

その値下げ交渉の返信の仕方については、以前の記事に詳しく書いてありますので、別記事をご確認ください。



▼値下げ交渉のコメント返信ならこちらを参考に!▼

www.colotanblog.com

www.colotanblog.com

 

②商品に対しての質問

コメントが来る中で次に多いのが、商品に対しての質問だと思います。

洋服なら「肩幅・身幅・着丈を教えてください」を聞かれることが多いですし、全商品に共通してよく聞かれるのが「いつ頃購入したものですか?」「何回くらい使いましたか?」などですかね。

私は基本的にいつ購入したのか、何回(何年)使ったのかは予め説明文に書くようにしているので、最近いただくコメントはもっぱら値下げ交渉ばかりです・・・笑


ですが、商品質問が来るということは説明文が不十分だということです。

ユーザーも本当なら、面倒臭いし返信を待たなきゃいけないのでわざわざコメントしたくないんです。
ですが、コメントをくれる。

つまり、「わざわざ質問をしてでも気になっている商品」ということですのできちんと丁寧に答えてあげましょう。


また、一度聞かれたことは説明文に付け加えておくと他のユーザーが見た時に二度手間にならずに済み、スムーズに購入に至る可能性がありますよ♪


③ユーザー同士の争奪戦

嬉しいことにたま~にユーザー同士の商品の争奪戦が起こる場合があります。

例えば5000円で出品している商品に対して、
Aさんから「3000円に値下げできないでしょうか?」とコメントが着ました。


するとすぐに
Bさんから「4000円で購入したいです!」とコメントが着たりします。

するとさらに別のユーザーから
Cさん「4500円で買います!」と着たりすることがあるんです。


ちょっとスマホから目を離しているすきに「え!なんかすごいことになってる!」と思ってしまうようなオークションが勝手に行われてたりします。笑


この場合、あなたならどうしますか?


先にコメントをくれたAさんに3000円で譲るのか、一番高い値段を提示してくれたCさんに譲るのか、はたまた間をとってBさんに譲るのか。笑


もちろん、Cさんに譲りますよね?


出品者としては高い値段で売りたいわけで、一番高い値段で購入してくれると言ってくれるCさんに売りたいはずです。

それにAさんもBさんも、Cさんの提示価格を見ているわけなのでCさんに譲ることに了承するはずです♪


コメントはあくまで交渉です。

なので、コメントをくれたのが一番早いから、という理由で購入者を選ばなくてよいのです。

コメントをくれた中から自分が一番取引したい(条件の良い)と思う人を選んでよいので、この場合はCさんに売ってあげてください♪


その場合のコメントの返信としては、


「みなさまコメントありがとうございます!
誠に勝手ではありますが、一番高い値段を提示してくださったC様に4500円でお譲りしたいと思います。
すぐに購入していただけるのなら、価格を変更させていただきます。
C様、変更してもよろしいでしょうか?」



と返してみましょう。

これに対してCさんから「よろしくお願いします」などと購入の意思が見られる返答があれば価格を変更して


「価格を変更いたしました。
ご購入お待ちしております。」


と返信しましょう。

価格変更をする場合は、一度確認を取ることがおすすめ!

上のように一つの商品に対して複数人のユーザーが争奪戦を行い、その中の一人に売ろうと思った時、「C様、変更してもよろしいでしょうか?」と聞きました。

 

私は普段、値段交渉が来た際に、「その価格でOKです。では価格を変更してもよろしいでしょうか?」と一度聞くようにしています。

 

なぜ一度Cさんに「価格を変更してもよろしいでしょうか?」と聞くのでしょうか?


その理由は、メルカリやラクマをやっている人なら経験があるかもしれませんが、値下げ交渉をしておきながら了承の返信をしてもそれ以降返信も購入もなしという方が稀にいます。

その場合、せっかくCさんに譲るはずだったのに結局買ってくれなかったということになってしまいます。

なので、念のため「すぐに購入して下さるならすぐに価格を変更しますがいかがでしょうか?」と一度聞き、「お願いします」と返信が来たら価格を変更することをおすすめします。


もし返信が来なければ価格を変更しないでそのまま販売し続ければいいので、念の為聞いてみる方がいいです。

 

④商品をけなすコメント 

コメントはいいものばっかりではないです。

 

上で紹介したコメントは、ユーザーがその商品を欲しがってくれているコメントですが、中には悲しいことに悪口のようなコメントが来ることもあります。

私は一度だけですが商品をけなされたことがあります。

以前、ブランド物のネックレスを出品したところ、「どう見ても偽物!偽物出品するな!」とコメントが来たことがあります。涙


正規店で自分で買った正真正銘の本物なのですが、まれにこういう人もいるんですよね。。。

こういうのは無視すればいいですし、むきになって「本物です!」なんて返信しているのも時間の無駄です。


ですが無視するだけではコメントがずっと残ってしまい、後から他のユーザーがコメントを見た時にコメントを信じて「え?偽物なの?」と思ってしまったら絶対に購入してくれません。

しかも「コメントに対して無視し続けているということは図星・・・?」と思われるかもしれません。


そんな時はコメントを削除してしまえばいいのです!


メルカリ、ラクマにはコメントの削除ボタンがあります。
(コメントの右側のゴミ箱マークです)

ここで削除してしまえば他のユーザーに見られることはありませんので、いらないコメントは削除してしまいましょう!


値引き交渉と商品の質問が中心なので落ち着いて対応を


以上、メルカリとラクマで多いコメントに対しての対処法でした!

 

実際に私が経験をしたコメント例を載せましたが、実際は商品の値引き交渉と商品の質問以外のコメントは滅多にないです。

 

値引き交渉と商品の質問は、値引きに対応するならする、断るなら断る、商品の質問は商品を調べて回答するなど、落ち着いて対応すれば特に問題はありません。

 

ですが、変なコメントが来たら来たで返信に悩んでしまうかたも多いかと思いますので、その際はコメントを削除をしても大丈夫ですので、臨機応変に対応してみてくださいね。