メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

招待コードをぜひ使ってください!
メルカリXMYJNC
ラクマkBzKK

PayPayフリマTT6A1E

新規会員登録時に上の招待コードを入力すると、
メルカリは500ポイント、ラクマで100ポイント、
PayPayフリマで300円相当のPayPayボーナスをGET!
(↑各サイトの入力方法に飛べます)

ジャンク品とはどんな意味?メルカリ等で壊れている商品を販売する際の注意点とは?

ジャンク品とはどんな意味?メルカリ等で壊れている商品を販売する際の注意点とは?

 

この記事では、下記のことについてまとめています。

 

ジャンク品とは?

ジャンク品は売れる?

ジャンク品を出品する際の注意点

壊れているもの・訳あり商品は「ジャンク品」として売れる

f:id:colotanblog:20210121150235j:plain

 

メルカリ・ラクマ・ヤフオクなどでは、壊れている商品のことを「ジャンク」「ジャンク品」と呼びます。

 

このジャンクとは、そのまま使える見込みがないほど故障・損耗し、本来の製品としての利用価値を失っている故障品のことです。

 

この「ジャンク」という言葉は、新品か中古かは関係がなく、壊れている・問題があるすべての商品に対して使われます。

 

また、家電や時計などの場合、電池を入れ替えてわざわざ動作確認をするのがめんどくさいという場合にも使われます。

(動作確認をしていないものを「ジャンク品」として出品している人もいます)

ジャンク品は多く出品されている

ジャンク品と聞くと「壊れていてそのまま使える見込みはないなら誰も買わないでしょ?」と思ってしまいますよね。

 

ですが、ヤフオクで「ジャンク」で検索をすると8〜9万点ほどヒットするのです。

 

実はジャンク品は、通常の中古品と変わらずガンガン入札が入るほど需要が高く、大きな市場にもなっているのです。

 

「壊れたものは捨てる」「壊れたものは誰も買わない」と思いがちですが、実はこんなにも多くのジャンク品が出品されています。

 

そして商品の事情をしっかり記載しておけば、それを了承した上で購入してくれる人もいるのです。

壊れているジャンク品を購入する人がいる理由

ジャンク品の購入する人は意外といます。

 

ジャンク品を購入する人の目的は様々ですが、しっかり目的があればジャンク品でも構わないという人もいるのです。

 

その購入者は目的は本当に様々で、下記の理由が考えられます。

修理をしてから使う

壊れているジャンク品を安く購入し、自分で修理をする・業者に修理に出してから使う人もいます。

部品が欲しい

商品を解体して必要な部品だけを取り、その部品を別の目的で使うという人もいます。

コレクションにする

世の中にはあるジャンルの商品だけを徹底的に集めるコレクターも多くいます。

 

そんなコレクターの中には「壊れていてもいいから欲しい」という人もいるため、レアで価値のある商品は壊れていても売れます。

壊れていても物によっては人気商品になることも

ジャンク品の中でも特に人気な商品は、iphoneなどのスマホです。

 

その理由は第一に、今ではスマホはほぼ全員が持ち歩いているものであるため、需要が高いというが挙げられます。

 

また、「iphoneは画面が割れていても使えればいい!」という人もいるようで、画面にヒビが入ったものでも高値で売れる場合があります。

 

実際に私も画面が割れたiphone5sをジャンク品として1万円前後で販売し、売れたことがあります。

 

他にも「パソコンのモニターやテレビなども動作確認をしていない」という理由でジャンク品で出品しましたが、購入していただけました。

 

iphoneや家電など需要の高い商品であれば、ジャンク品として販売しても問題なく売れます。

 

また、値段によっては正常に使える商品と変わらないほど、人気商品になる場合もあるのです。

必ず守って!ジャンク品を出品・販売するときの注意点

f:id:colotanblog:20210121150515p:plain

 

「ジャンク」として販売すれば、壊れたものでも売れる可能性は非常に高いです。

 

ですが、ジャンク品であるがゆえに販売の際に気をつけなければいけないことがあります。

「ジャンク」「ジャンク品」というワードを商品名に入れる

ジャンク品を探している人は、必ず「ジャンク」「ジャンク品」といったワードを入れて検索をします。

 

そのため、「ジャンク」といったワードが商品名や商品説明文に一切入っていなければ、ジャンク品を探している人に見てもらえません。

 

しっかり「ジャンク」というキーワードを入れた上で出品をしましょう。

ジャンク品の理由を必ず記載する

動作確認をしていない・壊れているということを隠して販売すれば、それはもちろんクレームにもつながります。

 

また、それは詐欺と同じことになってしまいます。

 

壊れている箇所や商品状態、動作確認をしていないことなど、なぜジャンク品であるのかをきちんと説明文に書き、それを納得した上で購入してもらいましょう。

 

また、下記のように見た目でわかる場合は、きちんと写真を撮って掲載しましょう。

 

商品が欠けてしまっている

商品に傷がある

ジャンク品でも試しに出品すればお金に変わるかも! 

f:id:colotanblog:20210121150235j:plain

 

ジャンク品は、通常よりも安く買えるということ期待してジャンク品を探す人も多いです。

 

商品が壊れていても、きちんと記載をしておけばトラブルにもならずに済みます。

 

家にある不用品で壊れている物を「これは売れない」と判断して捨ててしまうのは、本当にもったいないです。

 

「ジャンク」「ジャンク品」というワードをフル活用して、壊れている・訳あり商品もしっかりお小遣いに変えましょう。

【フリマアプリに疲れたら】利用するべきおすすめサイト!

 

フリマアプリを使って出品したものの、こんな場合も多いです。

 

出品した商品がなかなか売れない

売れるまでにかかる時間がストレス・・・

発送作業が大変なものがある(大きい・重い)

フリマアプリで出品禁止のものを売りたい

 

そんな場合におすすめの、利用するべきサービスをご紹介します。

バイセル

f:id:colotanblog:20220416144644j:plain

画像引用:満足価格!お引越しで整理したいモノの買取【バイセル】

 

バイセルは、幅広い商材を高額で買い取ってくれる買取サービスです。

 

毎日の暮らしから遺品整理で出た不用品まで、様々なものを買い取ってくれます。

バイセルの特徴

フリマアプリで売るには面倒で大変なものを、一気に買い取りしてくれる

ブランド品 お酒 切手 楽器 食器 家電 ゴルフ用品 など)

宅配買取・出張買取・店頭買取から選べる

査定は無料

出張買取は全国対応

 

フリマアプリへの出品が面倒なら、ぜひ大手の買取サイトで一気に買い取ってもらいましょう!

 

 

\ なかなか売れなかったものが売れるかも! /

バイセルをチェックする

Pollet(ポレット)

 

ポレットは使わなくなった不要品、商品券、ポイントまで、身の回りのものを簡単に現金化できる買取アプリです。

 

アプリ操作のため手順も簡単、不要なモノをダンボールに詰めるだけですぐに買取してもらえます。

ポレットの特徴

不用品から金券類まで幅広い買取が可能

フリマアプリでは出品禁止のものも買い取ってもらえる

(余った年賀状・金券・ポイント・外貨・株主優待券など)

不要なものをダンボールに詰めて送るだけ

自宅に箱がない場合もとり寄せ可能

身分証の提出や買取リストの作成など一切不要でラク

 

↓アプリダウンロードはこちら

Pollet-買取アプリ・フリマ/オークションより楽な断捨離
Pollet-買取アプリ・フリマ/オークションより楽な断捨離
posted withアプリーチ

ブックサプライ

画像引用:詰めて渡すだけのかんたん買取【ブックサプライ】】

 

ブックサプライは、詰めて渡すだけの簡単に買取してもらえるサイトです。

 

「お試し査定」機能により、商品のバーコードをスマホで撮影するだけで事前に買取金額を調べられます。

 

「いくらになるか分からない」といった、買取サービスにありがちな不安感がないのが特徴です。

ブックサプライの特徴

幅広い商品を一気に買い取りしてくれる

( ブルーレイ・CD・本・漫画・切手・金券・お歳暮など)

本など大量に売りたいものがある場合におすすめ

「お試し査定」機能で、事前に買取金額がわかる

詰めて渡すだけで宅配買取してくれる

新品のダンボールを初回無料で送ってくれる

 

 

\ 大量の漫画も一気に片付く! /

ブックサプライをチェックする