3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

これだけで売れる!フリマアプリでものを売るコツをご紹介♪〜押さえておきたいポイント〜

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170628110657j:plain

こんにちは!ころたんです。

メルカリやラクマ、フリルなどのフリマアプリでものが売れるようになるにはどうすればよいか?ということはフリマアプリで出品する方なら誰もが知りたい情報ですよね♪


そこで、私が長年やっている「売れるコツ」をまとめて書いていきたいと思います!


この記事を読んでくれた方は恐らくメルカリやラクマ、フリルの売り上げに悩んでいる方が多いと思います。

今回紹介する売れるコツはメルカリ・ラクマ・フリルといった全てのフリマアプリに共通して使える情報ですのでぜひ活用してくださいね!



これだけは押さえて♪メルカリ・ラクマ・フリルなどのフリマアプリでで物を売るコツをご紹介!

売れるコツ① まず出品前にやるべきこと3つをして!


「ものを売ってお金にしたい!」

これは誰でも思うことです。

ですが、商品を販売する前にやるべきことがしっかりできていなければ売れるものも売れません。

実は出品前にやるべきこと3つがあるのです。


出品前にやるべきこと3つ

(1)自分のプロフィールをしっかり書く!
メルカリなどのフリマアプリ内ではあなたは「個人事業主」なのです。

もっとわかりやすく言うと「自分のお店」をフリマアプリ内に出していると思ってください。


そのお店がどんなお店なのかが全く書かれていないのに、そのお店でものを買おうと思いますか?


きっと自分がお客さんの立場なら買うのが少し怖いはずです。


プロフィールが未記入の出品者からは誰もものは買ってくれません。

挨拶文もなくどんな人だかわからない出品者に、名前や住所といった個人情報を教えてまで取引をしたいと思う人は恐らくいないでしょう。


そのため、簡単にでも良いので自分がどんな人間なのかをプロフィールに記入しましょう。
(個人情報は伏せてくださいね!)

もし仕事や子育てで発送が遅れる場合があればそのこともしっかり書きましょう。


(2)プロフィール画像を設定する!
プロフィール画像はいわばお店の顔です。

画像1枚で出品者の雰囲気や人柄が出るので何も画像を設定していないよりかは、何かしらの画像を設定しておいたほうがサイトに慣れている感も出てユーザーに安心感を与えます


(3)フリマアプリからの通知はオンにしておく!
そして最後に、コメントや購入があった場合、すぐに確認できるようにアプリの通知設定をオンにしておきましょう。

この通知設定をしっかりオンにしておかないと、ユーザーが商品を購入してくれてもずっと気付かないまままとなってしまいペナルティが課される場合があります。


この3つは出品者なら必ずやるべきことですので、しっかり設定をしましょう。

プロフィールの書き方や通知設定の仕方は別記事で細かく書いていますので、こちらを参考してくださいね♪


▼出品前にやるべきことが書いてある記事はこちら!▼

colotanblog.hatenablog.com


では、出品前にやるべきことができたら、商品の出品に入りたいと思います!

これを守るだけで売り上げは確実に変わりますので、ぜひ参考にしてくださいね♪


売れるコツ② 商品画像はきれいに&わかりやすく!


ネットでものを売る場合、画像1枚で売り上げが大きく左右されます。

たくさんの商品がずらっと並んだ中から自分の商品をクリックしてもらうためには、まずは画像がきれいでわかりやすいものでないとクリックしてもらえません。


「じゃあデジカメとか一眼レフとかで商品を撮った方がきれいに写るのでは?」という意見も出そうですが、スマホのカメラで十分です!

スマホのカメラでもあるポイントを意識すればきれいでわかりやすく、売れる画像を撮ることができます。


<きれいな商品画像を撮るコツ>
①メイン画像(1枚目)の画像は商品以外写さないようにする
②メイン画像は商品を大きく写す
③メイン画像ではわからない部分(商品の側面、裏など)を2~4枚目に撮る
④画像が暗くなってしまったら画像の明るさを調整する



文章だけではどういうことだかよくわからないと思いますので、別記事で商品画像の取り方について細かく書いています!

こちらをぜひご参考ください♪


▼商品画像をきれいにわかりやすく撮るコツはこちら!▼

colotanblog.hatenablog.com


商品を売るためにはまずはアクセスを集めなければいけません。

そのためには画像1枚でどんな商品かがはっきりとわかり、クリックしたくなるような画像でないと自分の商品を見てもらえません。

メイン画像だけでも意識して撮るだけで売り上げが大きく変わるはずです。

売れるコツ③ 商品名・商品説明文は検索を意識する!


メルカリ・ラクマ・フリルといったフリマアプリではユーザーが商品を探す手段として約9割が「検索からの流入」だと言われています。

そのため、ユーザーがその商品を探すために入力しそうな検索キーワードがしっかり商品ページ内に入っていないと、ターゲットとするユーザーにその商品を見てもらえないのです。


また、メルカリ・ラクマ・フリルでは商品名・商品説明文のどちらかにそのキーワードが入っていれば検索に引っかかるようになっていますので、どちらに入れておいても構いません。

ですが、商品名は文字数制限がありますが商品説明文は相当長い文章を入れない限り入力できるようになっていますので、商品説明文に入れておくことをおすすめします。


私が日頃商品説明文を作成する際に、意識していることはこちらです♪

<検索対策のために意識していること>
①ブランド品の場合、ブランド名は英語表記・カタカナ表記どちらも記載する
②ターゲットの性別や年代が分かれる商品の場合、レディース/メンズ/キッズは必ず検索されるワードなので必ず入れる
間違って入力しそうなワードや関連ワードも入れておく(例:ベッド/ベット/布団/寝具など)
④商品名や商品説明文に入りきらなかったワードは商品説明文の一番下に羅列しておいてもOK(スペース区切りで)



検索対策をしているかしていないかでユーザーが検索をした際にヒットする回数が変わり、アクセスや売り上げも大きく変わります。

検索されることを必ず意識して商品説明文を作成するようにしましょう!

 

▼売れる商品名&商品説明文を上手に書くコツはこちら!▼

colotanblog.hatenablog.com

 

以上が私が実際にやっているフリマアプリでものを売るコツとなります!

③の検索対策については意識するのは最初は大変かもしれませんが、これをやるのとやらないのではアクセス数・売り上げは確実に変わります!


ですが、これは出品の基本の基本です!

実はまだまだ売るためにはやるべきことが存在するのです。笑


まずは今回説明したことだけでも、フリマアプリでの出品の際に活用してくださいね♪