メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

【ブランド品が売れやすくなる】ブランド名の表記に気をつけるだけでアクセス2倍に!

スポンサーリンク

【ブランド品が売れやすくなる】ブランド名の表記に気をつけるだけでアクセス2倍に!

今日はメルカリ、ラクマ、ヤフオクなどのサイトでブランド物を出品する際に守るべきルールについて書きたいと思います。


ブランド物というと、ルイヴィトンやグッチ、シャネルなどの高級ブランド品もあれば、UNITED ARROWSなどのアパレルブランド、adidasやNIKEといったスポーツブランドなど様々なブランドがあります。

偽物でなければきちんとブランド名を表記して販売してOKですが、そのブランド名の表記で大事なルールがあります。

 

このルールを守るだけでブランド品が売れやすくなり、さらにアクセスも2倍になる可能性があります!

ブランド品を販売する上で大事なのこととは?


ブランド品をメルカリやラクマ、ヤフオクで出品する場合、必ず守ることは「ブランドが提示している表記と全く同じ表記」をすることです。

 

つまりどういうことかというと、シャネルの場合、商品タグなどに載っているブランドの表記は「CHANEL」ですよね。


ブランドが決めてる表記は小文字ではなく大文字の「CHANEL」になります。

これは必ず守りましょう!

これには大事な理由があります。


例えばシャネルのバッグがメルカリで売られているとします。


下記の商品名を見て、どう感じますか?


①CHANEL レディースバッグ
②chanel レディースバッグ



同じシャネルの英語表記です。

①が大文字、②が小文字でどちらも「C」「H」「A」「N」「E」「L」の綴りですが、パッと見て感じるものが違うと思います。


①はパッと見て「ブランド物のあのシャネルか!」とわかりますよね。


ですが、②はパッと見ただけではあの高級ブランドのシャネルだとは思わないと思います。

なぜなら、私たちはブランドが提示しているブランドの表記・大文字の「CHANEL」に見慣れているからです。


つまり、シャネルのバッグをメルカリやヤフオクで販売したとして、商品名を②の「chanel」で販売してしまうと、ユーザーは商品がずらっと並んだ中からその商品が一目でシャネルだと思わない可能性があります。

これではせっかく売れている人気のブランド「シャネル」を販売していても、シャネルと感じられず商品を見てもらえない可能性があります。


たまーにメルカリやラクマなどでブランド物を見ていると、ブランドの公式の表記は大文字なのに、小文字で販売してしまっている人がちらほらいます。

これ、非常~にもったいないです!!!!


もし既に販売している商品で思い当たる節がある方はすぐに修正しましょう!

さらにカタカナ名を追加しておくとさらに良い!


上の「CHANEL」の場合、「CHANEL バッグ」などと商品名にブランド名を英語表記のみしか入れていない出品者がちらほらいますが、これはもったいないです。

 

ブランド名は英語表記だけでなく、カタカナ表記の「シャネル」も追加するとさらにアクセスが2倍になる可能性があります。

 

なぜなら、メルカリやラクマ、ヤフオクの検索窓でCHANELのバッグを検索したいと思った場合、「CHANEL バッグ」と入力して検索をする人と、「シャネル バッグ」とカタカナ表記で入力する人がいるからです。

 

またさらに言えば、ユーザーは丁寧に「CHANEL」と英語の綴りを1つ1つ入力するよりも、「シャネル」とカタカナで入力した方が断然楽です。

 

そのため、「CHANEL バッグ」よりも「シャネル バッグ」と入力して検索する人の方が多いかもしれません。

 

つまり、商品名は「CHANEL シャネル バッグ」の方が断然検索にヒットしやすく、たくさんのユーザーに商品を見てもらえるようになります。

 

ブランド名は英語表記だけでなく、カタカナ表記も追加して入れておくことで、アクセスは2倍となり、売れやすくなるのです。

 

 

実は大文字でも小文字でも検索自体には問題は無い


上の「ブランド名はブランドが提示している通りの正しい綴りがおすすめ」という内容を読んで、「今まで大文字の綴りのところを小文字にしちゃってた!これって検索に問題はないの?」と心配になる方もいるかもしれません。

ですが、大文字でも小文字でも綴りが間違っていなければ検索には引っかかります
(例:大文字の「CHANEL」で検索しても小文字の「chanel」の商品も検索に引っかかります)

検索の面では問題はありませんが、その後に商品がずらっと並んだ後に小文字表記だとユーザーはピンとこず、クリックしてもらえない可能性があります。

ですので、必ずブランド物を出品する際は「英語表記はブランドの公式表記と合わせる」ということおすすめです。


ブランド品は人気のカテゴリー!ブランド名の記載はしっかりと!


以上がブランド名の表記の大切さについてでした!

 

ブランド品は人気ブランドであればあるほど、「中古でいいから欲しい!」「1円でも安く買いたい」と思ってメルカリやラクマ、ヤフオクで探す人がとても多いので、ブランド名の表記はとても重要になります。

 

ブランド名の英語の綴り、カタカナ表記も入れることで、さらに売れやすくなるのでぜひ試してみてください。


ブランド品は時期も関係なく年間を通して結構探されているので、正しく出品すればすぐに売れる可能性があります。

ブランド名の表記に誤りがある方はすぐに修正することをおすすめします!