メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

ブランド品の本物・偽物かの見分け方とは?こんな文言・ワードが入っていたら要注意!

スポンサーリンク

ブランド品の本物・偽物かの見分け方とは?こんな文言・ワードが入っていたら要注意!

メルカリ・ラクマ・ヤフオクなどで出品されている高級ブランド商品の中には、残念ながら偽ブランド品が混ざっている場合があります。

これは立派な詐欺罪ですし、偽ブランド品を販売することは法律でも禁止されているため、メルカリやラクマ、ヤフオクでももちろん禁止されています。


ですが、偽物と気付かず商品を購入・落札していまい、商品が届いてから「これって偽物・・・?騙された!」ということが起こってしまうことも少なからずあるのです。


そんなブランド品の購入の際にぜひ知っておきたい「偽ブランド品の販売で多く使われている言い回し・文言」について詳しくご紹介していきたいと思います!

絶対に買ってはだめ!完全に偽物だと思われる文言とは?

下記の文言が商品名・商品説明文に入っていたら完全に偽ブランド品であると思ったほうがいいです。

①コピー品
②フェイク品
③~風
④模倣品
⑤レプリカ
⑥スーパーコピー
⑦タイプ品
⑧ブート品
⑨値段で本物かどうかをご判断ください

 

これらの文言は一つづつ解説するまでもなく、「本物ではありません」と言っているのと同じです。

この文言が説明文に入っていれば、商品の購入・入札はやめておきましょう。

偽物の可能性が高いと思われる文言とは?

上で紹介した文言よりややわかりづらいですが、こちらも偽ブランド品である可能性が高い文言となります。

見落としてしまうと購入後に「騙された!」ということにもなるため注意が必要です。

①知人からいただいた商品です

これは遠回しに「自分で購入したわけではないので本物かどうかはわかりません」と言っているようなものです。

ですが、「知人からいただいた」と書いてあるブランド品の中には、もちろん本物のブランド品をプレゼントされて出品している人もいます。

どちらにしてもこの文言がある場合は、きちんと保証書やギャランティが残っているかなども聞いてみたほうがいいでしょう。

②海外のお土産でいただきました

いただきもの+海外のお土産となると偽物の可能性は①よりも高くなります。

そもそも海外のお土産として本物のブランド品をプレゼントする人は恋人や家族以外ではあまりないかと思われますし、日本人が旅行がしやすい韓国などでは露店でスーパーコピー品が大量に売られています。

「海外」「お土産」という文言には注意しましょう。

③並行輸入品です

並行輸入とは海外メーカー・ブランドから正規のルート以外で輸入した商品のことです。

正規ルートでなくても本物の場合もあるため、並行輸入品が全て偽物というわけではありませんが、並行輸入品を謳った偽物が多いのも事実です。

また、並行輸入品であることでサポートを受けれないブランドもあるため、「並行輸入品」と書いてあれば購入はやめておいた方がいいでしょう。

④ノベルティ商品です

ノベルティとはショップのオープニングセレモニーやイベントの際に無料で配られる限定商品のことです。

高級ブランドのイベントの場合は、今までに取引のあるVIPを招いてイベントを行うことが多いため、そもそもメルカリやヤフオクでそのようなものを販売する人自体が少ないはずなのです。

ですが、そのノベルティは一部の店舗でしか配っていない上にブランドの公式ホームページでの掲載もない、さらにそのノベルティ商品を知っている人が少ないということに目をつけ、偽ブランド品を「限定でいただいたノベルティ商品です」などと謳って販売をする出品者もいるようなのです。


また、実際にはその商品はノベルティでもなんでもない上に、一般的なグッズにただ高級ブランドのロゴがプリントされているというだけの商品であるケースが多いのです。


また、ノベルティの場合、「無料でいただいたノベルティのため品質等にご理解ください」「ノベルティのため正規サポートは受けられません」といった文言が付け加えられている場合があります。

つまり、「ノベルティだけど本物です。でも使ってみて問題があっても知りませんよ」と保険をかけつつ本物であることをアピールしているケースが多いという点でも悪質です。


本物の限定ノベルティは、メルカリやラクマ、ヤフオクでは出回るようなものではないため、「ノベルティ」という文言に騙されて購入はしないようにしましょう。

偽ブランド品はどこかに見極める文言が入っている場合が多い

偽ブランド品を販売する出品者は、偽ブランド品を出品しておきながらも心のどこかで「偽物ということがばれたらどうしよう」と思って出品しています。

そのため、「もし偽物とばれてもいいように・・・」と商品ページのどこかに保険をかけている場合が多く、その結果が上で紹介した偽物と思われる文言たちなのです。


本物のブランド品を販売している人は堂々と、購入店や購入時期、シリアルナンバー、保証書の掲載など本物であることをきちんと証明している人が多いです。

ですが、偽ブランドとわかっておきながら販売している出品者は、本物のブランド品を販売している人とはどこか違った内容で販売していることが多いため、事前に今回紹介したことを知っておけば少しでも偽ブランド品購入の被害を防げるはずです。


簡単に個人でなんでも出品・販売ができてしまうメルカリ・ラクマ・ヤフオクでは、購入の見極めは全て自分自身となります。

もしメルカリ・ラクマ・ヤフオクなどでブランド品を購入する際は、様々な点に注意しながら商品を見極めるようにしましょう!