メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

クリックポストでサイズオーバーした荷物を発送するとどうなる?返送された時の対処法とは?

スポンサーリンク

クリックポストでサイズオーバーした荷物を発送するとどうなる?返送された時の対処法とは?

現時点で私は過去にメルカリ・ラクマ(旧フリル含む)・ヤフオクで2000件以上商品を販売してきました。

恐らくその内の半分(1000件)以上をクリックポストで発送しています。

 
そのクリックポストで、実は明らかにサイズオーバーの荷物を発送したことが数回あります。


果たしてサイズオーバーの荷物を無事相手に送ることはできたのか?について書いていきたいと思います!

クリックポストとはどんな配送方法?

クリックポストは日本郵便とYahoo!JAPANが提携した配送サービスです。

小型で軽量の商品を送るのに最適で、追跡番号も発行される安心の配送方法です。

クリックポストの特徴

・日本全国一律188円(税込)
・追跡番号が発行されるので荷物の追跡が可能
・荷物の発送はポスト投函でOK
・信書、現金の送付不可
・配送ラベルは家のプリンターやコンビニで印刷OK
・受け取りもポスト投函

 

※クリックポストは2019年10月の消費増税に伴い価格が変更となりました

詳しくはこちら

クリックポストのサイズ規定

・サイズ:長さ34×幅25(A4サイズ相当)×厚さ3cm以内
・重量:1kg以内



これを超えてしまうと郵便局で荷物を出せず、荷物を引き受けてもらえたとしても発送元の住所に荷物が返ってきてしまう場合があります。

こんなサイズの荷物をクリックポストで発送してみた

私が過去にメルカリ・ラクマ・ヤフオクで売れた商品の中で、いくつかの商品が「これクリックポストじゃ入らないかな・・・ええい!発送してしまえ!!!」と無理やり発送してみた商品があります。

 

それらの商品は果たしてきちんと取引相手(購入者)に届いたのか?

 

その中の2商品をご紹介します。

A4サイズ×厚さ約3.5cmの洋服

過去にクリックポストで発送したものの中に、レディースの洋服で上下セットアップのものがありました。

上は半袖のトップス、下は膝丈ほどのスカートでした。

その洋服の素材が薄手のスウェット生地だったのですが、スウェットなので上下となると結構かさばるものでした。


きれいに梱包して空気を抜いてできるだけ厚みを抑えた結果、測ってみると厚み3.5cm・・・

重量は洋服なのでもちろん1kg以内です。


私は普段クリックポストの荷物を出すときは、郵便局の窓口ではなくポストに投函するのですが、ポストにもギリギリ入るくらいの厚みでした。


これをダメ元でクリックポストで出してみた結果・・・



きちんと相手に届きました!


きっと郵便局職員さんも「ん?」と思ったはずですが、郵便局から連絡が来ることも荷物が戻ってくることもなく、問題なく相手に届きました。

もしかすると荷物を引き受けする職員さんの判断にもよるのかもしれませんが、厚み0.5cmほどならオーバーしていても多少大丈夫なのかもしれません。

A4サイズ×厚さ約4.5cmの洋服

こちらも上と同じ洋服です。

 

その商品もレディースの洋服でスウェット生地のワンピースだったのですが、そのスウェットの生地感が厚かったので、きれいに梱包してできるだけ厚みを抑えても4.5cmありました。


A4サイズの茶封筒に入れるのも大変なくらいパンパンになってしまって、無理やりテープを貼って押さえ込みました。


もうこれは挑戦でした。

レターパックプラスで出したほうが確実だし、サイズ的には絶対にレターパックプラスを選択しなければいけないんだろうけど、「厚み3.5cでも届いたし、もしかしたら届くかもしれない・・・!」というわずかな望みに託して、クリックポストで発送してみることに。

もうダメ元とかいうレベルではなく、実験的に出してみました。


厚さ4.5cm。

郵便局の窓口に持っていけば確実に断られると思ったので、ここでもポスト投函を選択した私。

もちろんポストに入れるのも超大変でした。笑


ポストの投函口が壊れるんじゃないかというくらいに荷物をぎゅうぎゅうに押し込み、やっとの思いで投函。

「相手に届くかな~。やっぱ無理かな~。」と思いながら数日後。



ピンポーン。

ガチャ

私:「はい」

郵便屋さん:「先日クリックポストで出していただいた荷物がサイズオーバーで戻ってきてしまっています」

私:「・・・・はい。すみません」



結果、やっぱり荷物は戻ってきてしまいました。

そりゃあそうですよね。

荷物を投函したポストも「これはさすが無理だよ!」と言わんばかりに投函するのも大変だったくらい、めちゃくちゃ拒否してる感じでしたから・・・

クリックポストの荷物が返送された時の対処法

もし私のように、クリックポストの荷物がサイズオーバーで返送されてしまったら、下記のように出品者は対応をしましょう。

①購入者に連絡を入れる

まずは購入者に謝罪の連絡を入れましょう。

 

取引画面のメッセージ機能を使い、下記のようなメッセージを送りましょう。

この度ご購入いただいた商品ですが、先日荷物を発送させていただきましたところ、私の確認不足で荷物が私のところへ戻ってきてしまいました。

そのため、本日再度発送させていただきます。

お待たせしてしまい大変申し訳ありませんが、荷物の到着までお待ちいただきますようお願いいたします。

②再発送した荷物の追跡番号をメッセージで連絡する

再発送が完了したら、購入者に連絡を入れます。

 

その際、配送業者、追跡番号の2つを必ず記載するようにしましょう。

 

その後は通常通り、購入者に荷物が届いたら受け取り評価をしてもらい、お互いに評価をつけ取引を完了させます。

サイズオーバーをしたらどの配送方法で再発送するべき?

クリックポストで荷物がサイズオーバーで返送されてきてしまった場合、クリックポストよりも対応サイズが大きい配送方法で再発送をしなければいけません。

 

その際は、もうメルカリのらくらくメルカリ便ゆうゆうメルカリ便、ラクマのかんたんラクマパック、ヤフオクのヤフネコパックゆうパック(おてがる版)はもう利用できないため、それ以外の配送方法で発送する必要があります。

 

そこで選ぶべき配送方法は、レターパックプラスがおすすめです。

 

レターパックプラスならA4サイズの指定の封筒に入れば、厚みに制限はありません。

 

クリックポスト規定のA4サイズに荷物が入ったのなら、あとは厚みだけが大きいということなので、レターパックプラスなら問題はないでしょう。

 

また、配送も比較的早いため、すでにお待たせしてしまっている購入者のことを考えるとレターパックプラスが一番良いかと思います。

 

ちなみに私はクリックポストの荷物が返送されてしまった時は、その日中にレターパックプラスで発送し直しました。

 

クリックポストが当時の送料185円+レターパックプラスが当時の送料510円なので、結局送料に595円かかってしまいました。

 

当たり前ですが、最初からレターパックプラスで発送するべきでしたね。

クリックポストは無事発送されているかをウェブ上で確認できる

クリックポストでは追跡番号が発行されるため、発送後、荷物の配送状況をウェブ上から確認することができます。

サイズが少しオーバーしてしまった荷物を出した場合「ポストに投函後しっかり郵便局で荷物を引き受けしてもらたのかな?」と心配になると思います。

また、荷物がもし戻ってきてしまう場合、通常のお届け先への荷物到着よりも発送元への返送の方が時間がかかる場合があります。

しっかりウェブで荷物状況を確認しないと、荷物が自分のところへ戻ってからでないと相手に送れていなかったことに気付けないので、サイズが怪しい荷物はクリックポストのマイページからこまめに配送状況を確認することをおすすめします。

クリックポストの配送状況確認方法

クリックポストの配送状況の確認は下記となります。

 

①クリックポストへアクセス
クリックポスト
       ↓
②「クリックポストを利用する」をタップ
       ↓
③「ログイン」して「同意してはじめる」
       ↓
④マイページの配送情報で確認できます

f:id:colotanblog:20170820112753j:plain

クリックポストの配送状況ステータス
・引受:引受局で荷物を受け付けた時
・配達完了:お届け先に荷物の配達を完了した時
・返送:荷物が差出人へ返送されている時

 

荷物を出したばかりだとまだ郵便物を回収していないことが多いので、その日の夕方以降に配送状況を確認してみましょう。

引受になれば恐らく荷物を確認した上で配送作業に回してくれています。

配送状況はややタイムラグがあるので注意

クリックポストはウェブ上で配送状況の確認が可能ですが、この配送状況が更新されるのにややタイムラグがあります。

 

場合によってはウェブ上ではまだ「引受」になっていても購入者から「無事に先ほど受け取りました!」と受け取り評価が来て、何時間か後に「配達完了」に変わることもあります。

また、クリックポストは宅配便に比べて細かい配送状況までがわからないのが難点ではありますが、荷物状況が心配な方はこまめにクリックポストのマイページから配送状況を確認することをおすすめします。

サイズオーバーに注意!返送されるとかなりの二度手間

クリックポストで実験的に厚み4.5cmのものを発送して荷物が戻ってきた私がこんなことを言うのもなんですが、荷物のサイズオーバーには本当に気をつけてください。

厚み3.5cmの荷物をクリックポストで送ることのできた余裕から、厚み4.5cmの荷物に挑戦した私ですが、さすがに厚み4.5cmは無理でした。


私のように調子に乗ってサイズオーバーの荷物を出して荷物が戻ってきてしまうと、再度送料がかかり二度手間になる上に、購入者をさらにお待たせしてしまうことになります。

中には「今日届いて欲しかったのに!」「急ぎの荷物だったのに!」という方もいるので、荷物の到着が遅くなることで返品が発生したり、トラブルにも発展することもあります。


過去に厚み3.5cmの荷物を無事相手に送ることはできましたが、皆さんは過激なサイズオーバーの荷物は出さないようにしてくださいね。

最近郵便局では、窓口で荷物のサイズ確認が行われることが増えた

ポストに入れて投函できるクリックポストはポスト投函をすればサイズ確認がされずに引受されますが、メルカリの「ゆうゆうメルカリ便」のゆうパケット、ラクマの「かんたんラクマパック」のゆうパケット、ヤフオクの「ゆうパケット(おてがる版)」で商品を発送する場合は、コンビニか郵便局の窓口で配送手続きをする必要があります。

 

その際、郵便局にゆうパケットの荷物を持っていくと、最近では必ずと言っていいほど荷物のサイズ確認をされるようになりました。

 

サイズ確認とは、厚みの確認です。

 

郵便局の窓口に置いてある、厚みが3cm以下かどうかを測れるスケール定規(厚さ測定定規)で荷物の厚みの確認をしてから、窓口で荷物を引き受けてもらえます。

 

もしここで厚みが3cm以上であれば、窓口で引き受けを拒否されてしまいます。

 

これは、ゆうパケットだけでなくクリックポストの荷物を郵便局の窓口に持っていけば、同じように確認をされます。

 

そのためにも、メルカリやラクマ、ヤフオク等で多くクリックポストやゆうパケットの荷物を発送する人は、1つスケール定規を持っておくととても便利です。

 

 
また、定形外郵便なら厚み3cm以下なら規格内に該当し、送料が安くなる可能性があります。
 
さらに、レターパックライトも厚み3cm以下が基準となっているため、これもスケール定規が活躍します。
 
今ではメルカリやラクマ、ヤフオクで商品を出品・販売する人が増えたこともあり、配送業者ではサイズオーバーの荷物を出さないようにしている傾向があります。
 
そのためにも、私のようにサイズオーバーとわかっていながら発送をすると、出品者も配送業者も二度手間になってしまいますので、真似はしないようにしてくださいね。