メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

招待コードをぜひ使ってください!
メルカリXMYJNC
ラクマkBzKK

PayPayフリマTT6A1E

新規会員登録時に上の招待コードを入力すると、
メルカリは500ポイント、ラクマで100ポイント、
PayPayフリマで300円相当のPayPayボーナスをGET!
(↑各サイトの入力方法に飛べます)

【ラクマの商品交換のやり方】購入者が楽になるおすすめの方法

【ラクマの商品交換のやり方】購入者が楽になるおすすめの方法

 

この記事では、下記のことについてまとめています。

 

ラクマでは商品の交換はできる?

ラクマの交換のやり方・おすすめ方法

交換・返品時の注意点

 

ラクマで商品のカラー・サイズ交換はOK!だけど注意点も

 

フリマアプリの「ラクマ」では、購入者が到着後の商品交換を希望をするケースがあります。


例えば、このようなことです。

 

Mサイズの洋服をラクマで購入

     ↓

試着をしたら小さかったので、Lサイズに交換したい

 

その場合、一般のネットショップなら交換をしてもらえるところは多いので「ラクマでも商品の交換をしてもらえるのでは?」と考える人は少なくないです。


この場合、ラクマでは出品者の承諾があれば到着後の商品の交換はOKとなっています。

 

他にも、カラー交換なども出品者の承諾があれば認められています。

ただし出品者が希望する商品を持っている場合のみ

ラクマではカラー交換・サイズ交換は可能ですが、これは出品者が希望商品を持っている場合のみ可能です。

 

上のケースの場合は、同じ商品のLサイズを販売している場合のみ、商品の交換をすることができます。

 

もしも出品者が家にある不用品を出品していた場合は、同じLサイズを持っている可能性は少ないでしょう。

 

出品者がどこかから商品を仕入れ、転売(せどり)をしているような場合は、同じ商品のLサイズを持っている可能性もあります。

 

まずは出品者が、同じ商品のLサイズを販売しているかどうかを確認する必要があります。

商品の交換で起こり得るトラブル

ですが、ラクマの商品の交換はあまりおすすめできません。

 

その理由は、様々なトラブルに繋がる可能性があるからです。

 

そんなラクマで、商品の交換を行う際に起こり得るトラブルをご紹介します。

ラクマ事務局は関与してくれない

ラクマで購入した商品の取引の場合は、何か問題があればラクマ事務局に相談・通報することも可能です。

 

ですが、商品の交換は商品ページ上の商品ではないもののやり取りとなります。

 

そのため、交換時に何かトラブルがあっても、ラクマ事務局は協力してくれないと思われます。

 

交換はあくまで出品者・購入者間のやり取りとなります。

 

「何かトラブルがあっても」自分たちで解決しなければいけない」ということを頭に入れた上で、行う必要があります。

新しい商品が届かない場合も

上のケースの場合、商品のサイズ変更を購入者が希望しているため、購入者都合の交換ということになります。

 

その際、まずは購入者から商品を返品し、それを確認した上で出品者が再度新しい商品を送るというのが流れになるでしょう。

 

ですがもし悪い出品者だった場合、商品を返送したのに新しい商品が一向に届かないなどのトラブルが起こることも考えられます。

 

交換はラクマを通さずに、出品者・購入者間で直接取引をする形になります。

 

「Mサイズの商品を出品者に送り返したのに、出品者が一向にLサイズの商品を送ってくれない」ということが起こる可能性は、少なくはないです。

 

これは悪い出品者の場合ですが、中にはこのような可能性もあることを頭に入れておきましょう。

個人的なやり取りはいろんな面でルーズになる

ラクマを通した取引であれば、商品の発送期限が設けられていたり、追跡番号で荷物状況を確認することができます。

 

また、これらは全てラクマ事務局が管理してくれているので、何かあったときにラクマ側が催促の連絡や通知をしてくれることもあります。

 

ですが交換の場合は、全て個人間のやりとりになります。

 

取引画面を使ったやりとりではなくなるため、追跡番号を教えてもらえなかったら荷物状況を確認できないこともあります。

 

事務局からの目がないからこそ、出品者が少しルーズになってしまう可能性もあります。

ラクマで商品の交換をしたい場合のやり方・おすすめ方法

 

もしもラクマで買った商品をどうしても交換したいのであれば、交換という形では無く下記の方法がおすすめです。

 

1, 一度手元にある商品を出品者に返品する

      ↓

2, 取引をキャンセルする(返金される)

      ↓

3, 同じ出品者から再度新しい商品を購入する

 

このようにすれば、商品の返送だけラクマを通さない個人的なやりとりになります。

 

返品後は再度ラクマで新しい商品(この場合はLサイズ)を購入すれば、もう一度ラクマを通した安全な取引を行うことができます。

 

上でご紹介したトラブル例のような、出品者が新しい商品をきちんと発送してくれるかどうかの心配もありません。

 

商品を返送し、取引のキャンセルを出品者がしたことを確認した上で、新しい商品を購入することがおすすめです。

 

ラクマで返品をする際の注意点

ラクマで商品の返品のする際、いくつか注意点があります。

 

必ずこれを頭に入れた上で、行うようにしましょう。

商品の返送に匿名配送は利用できないので注意

上のケースで説明すると、最初に買ったMサイズの商品を購入した際に、出品者が「かんたんラクマパック」を利用していたとします。

 

かんたんラクマパックは匿名配送のため、とても便利な発送方法の一つです。

 

 ですがこの場合、購入者が商品を返送する際はかんたんラクマパック(匿名配送)はもう利用できません。

 

その理由は、これらの配送方法は落札された商品を送る時の1回しか利用できないからです。

 

商品の返送は、ラクマを通さない通常の配送方法となります。

 

そのため、出品者に住所や氏名を聞く必要があります。

 

この時に「個人情報を教えたくない」と言う理由で、出品者に返品を断られるケースもあります。

 

匿名配送で発送された商品の場合は、出品者が個人情報を教えてくれるかどうかが大事になります。

 

購入者都合で返品をする場合は送料は購入者負担で

サイズ変更・カラー変更など購入者都合で返品をする場合、商品返送時にかかる送料は購入者負担となります。

 

基本的には、返品がどちらの希望であるかで送料負担が決まります。

 

今回のように「カラーを変更したい」「サイズを変更したい」などの購入者都合の返品であれば、購入者が送料を負担するのがマナーです。

 

また、商品に不備があった、異なる商品を送ってしまったなど出品者に過失がある場合の返品は、出品者が送料を負担するのがマナーとなります。

 

商品の返品をするということは、必ず商品返送の送料が発生します。

 

「送料を負担してでも返品をするべきか」ということを一度考えましょう。

返品ではなくその商品を再出品するのもおすすめ

購入した商品が希望のものでなかった場合、返品したくても返品作業を手間に感じる人は多いでしょう。

 

また、返品時の送料負担を考えると、返品はやはり購入者の金銭的負担もあります。

 

そこでおすすめなのが、一度購入した商品を自分のラクマアカウントで出品してしまうことです。

 

失敗した商品でも、出品してしまえばお金に変わる可能性は十分にあります。

 

「急ぎで返金して欲しい」ということでなければ、自分で出品してしまうのも手です。

ラクマで商品の交換をするなら注意点も理解して行おう

 

ラクマで買った商品でどうしてもサイズ交換・カラー交換したい場合は、まずは出品者に相談してみるのが大事です。

 

出品者が承諾しなければ交換はできませんし、出品者が希望の商品を持っていなければ交換はできません。

 

ですが上でも説明した通り、ラクマでは交換よりも下記の方法がおすすめです。

 

早く返金して欲しい場合:

届いた商品を出品者に返品し、希望商品を再購入する

 

返金を急いでいない場合:

届いた商品をラクマに出品し、希望商品を再購入する

 

このようにすれば、スムーズですし交換時のトラブルも防ぐことができます。

 

もしも交換を行う場合は交換時の注意点も踏まえた上で、商品の返品・交換を行うようにしてください。