メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

ラクマで商品の交換をしたい時のやり方とは?詐欺にもつながるトレードとはどんな取引方法?

スポンサーリンク

ラクマで商品の交換をしたい時のやり方とは?詐欺にもつながるトレードとはどんな取引方法?

フリマアプリの「ラクマ」では、購入者が商品の交換を希望をするケースがあります。


例えば、Mサイズの洋服をラクマで購入したものの試着をしたら小さかったので、出品者の出品商品を見てみたところ全く同じ商品のLサイズも販売していたなどです。

 

その場合、一般のネットショップなら交換をしてもらえるところは多いので「ラクマでも商品の交換をしてもらえないか?」と考える人は少なくないです。

 

そんなラクマでは商品の交換はできるのでしょうか?

 

また、ラクマで以前よく行われていた物々交換についてもご紹介していきます。

ラクマでは到着後の商品の交換はOKだけどおすすめはしない

上のケースの場合、出品者が同じ商品のMサイズ、Lサイズどちらも出品をしていて、まだLサイズの在庫があった場合「届いたMサイズと販売しているLサイズを交換してください」と言いたくなります。


この場合、ラクマでは出品者の承諾があれば到着後の商品の交換はOKとなっています。

 

ただし、私個人的には商品の交換はおすすめしません。

 

その理由は、商品が届かないなどのトラブルの原因となるからです。

 

交換はラクマを通さずに出品者・購入者間で直接取引をする形になるため「Mサイズの商品を出品者に送り返したのに、出品者が一向にLサイズの商品を送ってくれない」というトラブルが起こることも考えられます。

 

ラクマを通していれば、配送期限が設けられていたり発送通知後に追跡番号で荷物状況を確認するなどができますが、個人的なやりとりになるとこのようなこともできないのでとても危険です。

 

また交換の際、ラクマを通さずに通常の配送方法を利用して送り合うことになるため、何か配送トラブルがあってもラクマは一切補償をしてくれません。

(ラクマを通してかんたんラクマパックを利用すれば配送補償がついています)

 

このように商品の交換は様々なトラブルにも発展するため、ラクマでの商品の交換はできるだけしない方が良いです。

商品の交換をしたいのなら一度返品をして再購入をする 

商品の交換をどうしてもしたいのであれば、交換という形では無く一度手元にあるMサイズの商品を出品者に返品をして取引をキャンセルをし、再度Lサイズを購入するという形が良いでしょう。

 

そうすれば、商品の返送だけラクマを通さない個人的なやりとりになりますが、ラクマ上でLサイズの商品を購入すれば、再度ラクマを通した取引になるので安心です。

商品の返送に匿名配送は利用できないので注意

ただし、この例で言うと最初に買ったMサイズの商品を購入した時に匿名配送かんたんラクマパックで送ってもらっていても、その商品を出品者に返送する際は匿名配送のかんたんラクマパックはもう利用できません。

 

その理由は、かんたんラクマパックは購入された商品を送る時の1回にしか利用できないからです。

 

つまり、商品の返送はラクマを通さない通常の配送方法となるため、出品者に住所や氏名を聞く必要があります。

 

この個人情報を教えたくないと言う理由で返品を断られるケースも少なくないのですが、一度出品者に返品が可能かどうかを聞いてみましょう。

 

購入者都合の返品をする場合は送料は購入者負担で

もし商品を購入した後にサイズ変更・カラー変更などの理由で一度返品をすることになった場合、その際の商品返送にかかる送料は購入者負担となるでしょう。

 

基本的には、その返品はどちらの希望であるかで送料負担が決まります。

 

今回のようにカラーを変更したい、サイズを変更したいなどの購入者都合の返品であれば、購入者が送料を負担するのがマナーです。

 

また、商品に不備があった、異なる商品を送ってしまったなど出品者に過失がある場合の返品は、出品者が送料を負担するのがマナーとなります。

 

商品の返品をするということは必ず商品返送の送料が発生するため、「送料を負担してでも返品をするべきか」ということを一度考えましょう。

返品ではなくその商品を再度出品するという形もおすすめ

ちなみに私なら、サイズやカラーを間違えて購入してしまった商品は返品はせず、購入した価格と同じくらいの値段でメルカリやラクマなどで再度販売してしまいます。

 

やはり返品を希望して快く「いいですよ!」と言ってくれる出品者は少ないです。

 

ノークレーム・ノーリターンと書いていますから!」と頑なに返品を拒む出品者も多いです。

(実際には出品者のプロフィールに「ノークレーム・ノーリターン」と書いていても返品は受け付けなければいけないのですが)

 

それなら、その購入してしまった商品は自分のアカウントで出品して、売上金にした方がまだ良いですよ!

ラクマでは商品の物々交換は禁止行為

ラクマでは購入した商品の交換以外にも下記のような交換行為が存在し、これらは禁止行為となっています。

・交換 (お互いの商品を、著しく値下げして、購入しあう行為

・半交換 (お互いの商品を、商品の差額分値下げして、購入しあう行為)

・交換、半交換を持ちかける行為

引用:https://faq.fril.jp/c2q12/

 

つまりこれは、お互いの商品を同じ価格にして購入し合った上で商品を交換しようとする行為です。

 

これは「商品のトレード」とも呼ばれるラクマでは禁止行為です。

商品のトレード(物々交換)のやり方とは?

例えば、ラクマでAさんは5000円のジャケットを販売していて、Bさんは8000円の靴を出品していました。

 

そこでBさんが「私が8000円で販売している靴とこの5000円のジャケットを交換しませんか?」とコメント欄で持ちかけます。

 

Aさんは少し悩みましたが「いいですよ」と承諾をします。

 

その際、2つの商品の販売価格を同じにしなければ交換にはならないため、2商品ともラクマの最低販売価格の300円にします。

 

そして二人はお互いの商品を購入し合って発送をし、届いたらお互いに評価をつけて売上金を受け取ります。

 

その結果、2人は無事に商品を交換(トレード)することができます。

商品の物々交換(トレード)が禁止の理由

なぜこの商品の交換(トレード)がラクマで禁止されているかというと、お互いに販売価格を大幅に下げて300円にすることで、販売手数料を安く済ませているからです。

 

Aさんは本来は5000円、Bさんは8000円で販売していたため、これが通常通り売れればその価格分の販売手数料をラクマ事務局へ支払うこととなります。

 

ですが、お互いに商品価格を300円まで大幅に下げて購入し合うことで、運営側に取られる販売手数料も安く済ませてしまったのです。

 

これは、運営側もいい顔をしないのも当たり前です。

 

本来の購入なら出品者AさんBさんは300円まで値下げをしないはずですが、交換となれば大幅に値下げをしてお互いに支払う金額を少なくしようとするのは当たり前です。

 

このように運営側が取る販売手数料が絡んでくることで、商品の物々交換もラクマでは禁止となっているのです。

交換(トレード)を受け入れている出品者もいるので注意

届いた商品に不備があった、サイズが合わなくて交換をしたい、カラーを変更したいなどの商品到着後の商品交換ではなく、上のような物々交換(トレード)を受け入れている出品者は多いです。

 

実際にラクマを見ていると、商品名や商品説明文の中に「トレード可能」「トレード希望」「交換希望」などと書いている出品者がいます。

 

これは「この商品はトレードが可能です。あなたの商品とトレードしませんか?」と言う意味を含んでいます。

 

「じゃあトレードしようかな」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、この話に乗ればラクマの規約違反をすることになります。

 

これが運営側(ラクマ事務局)に見つかれば、即刻ペナルティの対象となります。

 

また、規約違反を促してくるようなユーザーは問題のある取引をする、もしくは問題のある人物である可能性が高いです。

 

以前ラクマでは、商品コメント欄に「高級ブランド品を安く販売しますのでLINEをください」というコメントが商品に大量に入ったことがありました。(=スパム行為)

 

これはラクマ以外の場所で取引を持ちかける外部誘導行為となるため、ラクマの規約違反です。

 

その後、この荒らし行為は終結しましたが「犯人は外国人の詐欺グループによるものか?」とも言われています。

 

このような規約違反行為を促すような人物との取引は危険ですので、トレードもしないようにしましょう。

 

ラクマでは商品交換は全面禁止なので、希望であれば返品して再購入を

 以上が、ラクマでは商品の交換はできるのか?についてでした。

 

ラクマでは到着後の商品の交換は出品者が承諾をすれば可能ですが、トラブル防止のためにもおすすめはしません。

 

もしサイズが合わなかった、カラーを変更したいなどの商品到着後の交換を希望するのであれば、出品者に事情を話して同意を得た上で、返品して取引はキャンセルし再購入という形を取るようにしましょう。

 

また、商品の物々交換(トレード)もラクマ事務局に見つかればペナルティを課される場合があるので、絶対にやめましょう。