メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

ラクマで出品者が返品に応じないとどうなる?悪い評価や返品送料をなくす方法は?

スポンサーリンク

ラクマで出品者が返品に応じないとどうなる?悪い評価や返品送料をなくす方法は?

ラクマで商品を販売していると、様々な理由から購入者から「返品をしたい」と言われることがあります。

 

その際、出品者としては正直なところ「返品に応じたくないな」と思ってしまうかもしれません。

 

そんなラクマで出品者が返品に応じたくない・応じない場合はどうなる?返品送料を負担したくない場合は?など、出品者側の目線で返品についてご紹介します。

 

※購入者側が返品をしたい場合の方法については下記の記事に詳しく解説していますので、こちらも参考に!

ラクマで返品に応じないとどうなる?出品者が受け入れるべき返品とは?

ラクマでは、様々な理由で購入者側から返品を求められることがあります。

 

予め「返品は不可です」と書いていても、商品の状態によっては返品を求められることがあります。

 

ただし、どんな商品でも100%返品ができるわけではなく返品をするには条件があり、さらに出品者・購入者間でしっかり話し合った上で返品を決める必要があります。

ラクマで返品になる例

ラクマでは下のような理由から、購入者から返品を求められるケースがあります。

・商品が壊れていた/使えない

・商品ページと実際の商品が異なる

偽ブランド品/偽物が届いた

・配送中に商品が破損していた

このような理由の場合は購入者に落ち度はなく、出品者側に落ち度があるケースが多いです。

 

その場合は、出品者は返品を受け入れすぐに返品手続きを進める必要があります。

「返品不可」と書いていても返品には応じなければいけない

ラクマの出品者さんの中には、プロフィールや商品説明文に「返品不可」「返品は一切受け付けません」「ノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセル」などと書いている人がいますが、このように書いていても出品者に落ち度がある場合は返品を受け付けなければいけません。

 

購入者はその商品を本当に欲しいと思って購入をしてくれたのに、出品者の確認ミスや記載ミス、さらに偽物を届けたなどの理由で取引が継続できなくなってしまったのです。

 

この場合、購入者側が返品を要求しても仕方がないですし、出品者が返品に応じないことで大きなトラブルに発展する場合もあります。

 

また、ラクマのルールにも下記のように記載がされています。

ラクマでは、取引についてノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセルなどの独自ルールの設定をすること、およびそれを理由にお話し合いに応じないことを認めておりません。

 

お互いの認識の違いによるトラブルを防ぐためにも、商品の状態(汚れ・傷の状態や動作・非動作の状況等)や配送方法を詳細に説明文に記載してください。
また、購入者様より商品の品質等についてご意見があった場合は、十分にお話し合いいただき、誠実な対応をしていただくようお願いします。

引用:https://faq.fril.jp/guide/torihiki/

 

出品者側に問題があった場合は、しっかり話し合いに応じ返品を受け入れることがラクマのマナーです。

 

ただし購入者都合の返品は拒否しても良い

ただし、ラクマでは購入後のキャンセルは原則不可となっているため「商品がいらなくなったから」「商品を間違えて購入してしまった」など、購入者話の一方的な都合での返品を要求された場合は、出品者は拒否しても良いです。

 

その場合は「商品に問題がない限り返品には応じることはできません」と伝え、受け取り評価をしてもらうようにお願いをしましょう。

配送中の破損はラクマ・配送業者が対応してくれることも

万が一配送中に商品の破損が起きた場合は、かんたんラクマパックで発送をしていればラクマが商品代金を補償をしてくれます。

 

その場合は、出品者はすぐにラクマのお問い合わせフォームから配送事故があった旨を連絡しましょう。

 

また、それ以外の配送方法でも補償がついている配送方法もあるので、一度配送方法(配送業者)のHPを確認し、補償が受けられる場合は連絡をしてみましょう。

 

返品ができる条件

ラクマで返品ができる条件は、下となっています。

購入者が受け取り評価前である

ラクマで返品ができる第一条件として、購入者が受け取り評価前であることです。

 

受け取り評価とは「商品が購入者に届いたときに購入者が出品者へつける評価のこと」で、これをしてしまうと返品・返金は一切できなくなります。

 

その理由は「受け取り評価」とは、商品をしっかり確認した上でつける評価になるからです。

 

「商品は問題ありませんでした。この取引相手と取引を完了します」という意味が込められているのです。

 

それなのに、後から「やっぱり返品をしたい」と購入者が要求することができれば、それはキリがありません。

 

そのためラクマでは返品は原則「受け取り評価前のみ」となっており、商品に問題があったとしても受け取り評価後の返品希望は、出品者は拒否する権利があります。

出品者の了承を得ている

中には出品者に連絡を入れず、勝手に出品者の住所に商品を返送するユーザーもいるようですが、これは絶対にNGです。

 

必ず出品者と購入者で返品について話し合った上で、返品を進める必要があります。

 

万が一、購入者が連絡をなしに一方的に商品を返送してきたということがあれば、それは荷物の受け取り拒否をし購入者に返送してもらっても良いでしょう。

返品理由が出品者に過失がある

上でもご紹介した通り、ラクマでは原則購入後のキャンセルはできないため、購入者の一方的な都合で返品は不可となっています。

 

商品が壊れている・偽ブランド品が届いた・商品ページと商品が異なる・配送中に破損があったなど、購入者側に落ち度はなく出品者側に過失がある場合のみ返品を受け付けるようにしましょう。

返品対応・返品の流れ

購入者から返品を要求され返品を受け入れる場合は、下の手順で返品手続きを進めます。

 

(1)購入者から返品要求がきたら理由を確認し受け入れる
※受け取り評価前に限ります
      ↓
(2)購入者に商品を返送してもらう
商品に問題がある・出品者に落ち度がある場合の返品は、送料を出品者が負担することが多いです。

その場合は着払いで返送してもらいましょう。
      ↓
(3)出品者に商品が到着後、事務局に連絡をする
出品者に商品が届いたら取引のキャンセルを行います。

その際、下記の状態であることが条件となります。

・取引のキャンセル・返品について、取引メッセージ上で出品者・購入者の双方の合意が確認できる

・出品者に商品が返送されていることが客観的に確認できる

例:出品者が取引メッセージに「商品を受け取った」と投稿している

例:返送時の追跡番号が取引メッセージに投稿され、配送状況から商品の到着が確認できる

・取引に関する話し合いが完結している

※どちらかが質問を投げかけている場合、お話し合いの完結とはみなされません


上記の状態であれば、下記からラクマ事務局へキャンセル依頼をしましょう。

[マイページ(サイドメニュー) > その他 > お問い合わせ]

 

事務局のキャンセル完了後、商品代金は購入者に返されます。

返品に応じたくない!そんな時の返品の疑問を解決!

出品者の中には購入者に返品を要求された際「できるだけ返品には応じたくない。他の方法はない?」と考えるかもしれません。

 

そんな返品の疑問について、出品者目線で解決していきます。

返品を受け入れる・悪い評価をつけられるならどっちがいい?

ラクマで出品者が返品を拒否した場合、購入者は諦めて受け取り評価をして取引を完了させますが、その際、商品に問題があれば出品者に対して100%悪い評価をつけます。

 

「不良品を送ってきた」「商品ページに書かれていることと全く違うものだった」「不良品なのに返品にも応じてくれない」などと取引の内容を書いた上で悪い評価をつけるはずです。

 

一方、返品に応じればお互いの評価をつけることなく取引はキャンセルとなるため、出品者には悪い評価がつかずに済みます。

 

つまり返品を購入者から要求された場合は、返品をするか・悪い評価が付くかの2択なのです。

 

これはどちらを選ぶべきか悩んでしまう出品者さんも多いかもしれませんが、その場合は手間でも返品を受け入れる方が良いです。

 

その理由は、悪い評価がつくことで信用度が1つ下がるからです。

 

ここでつけられてしまった悪い評価は、そのアカウントを使い続ける限り一生残ります。

 

ですが、返品をすればその取引はキャンセルされることになるので、悪い評価をつくことなくその取引を終了させることができます。

悪い評価が1つでもついてしまうと、他のユーザーから「この出品者は過去に何をしたんだろう?」と思われてしまいますし、悪い評価の理由によっては「この出品者ひどい・・・!購入するのやめよう」と思われ商品を購入されづらくなる場合もあります。

それなら少し手間でも返品を受け入れ、その取引を終了させてしまった方が今後の取引につながるはずです。

 

返品したら赤字になるのが嫌!どうすればいい?

もし商品に問題があり購入者が返品を希望する場合、出品者にとっては送料が着払いだと赤字になってしまいます。

 

返品をすれば取引自体はキャンセルとなるので商品代金も入ってこず、発送送料と返品送料をダブルで負担するだけになってしまいます。

  

そうなれば、出品者は返品を拒否したくなってしまいますよね。


ですがその場合は、その商品を購入者側で破棄してもらい返送はなしにすることがおすすめです。

 

つまり、購入者にその商品をタダであげるということです。

 

その商品を購入者側にあげる・捨ててもらえれば返送の手間も省け、返送送料が発生せずに済むのでお互いに楽になります。

 

もしそれが高級ブランド品などの高額商品であればもちろん着払いで返品をしてもらった方は良いですが、低価格で販売した商品や再販売しなくても良い商品の場合は、購入者にあげてしまうことが一番手っ取り早いです。

 

その場合は、購入者に下のようなメッセージを送ってみましょう。

「今回の返品商品ですが、購入者様側で破棄していただき返送はなしでも良いでしょうか?
必要であればそのまま使っていただいても良いですし、不要であればお手数ですがお手元で破棄していただけると幸いです。」

このようにメッセージをもらえば、購入者側も返送の手間がなくなりすぐにキャンセル・返金がされるので喜ばれることもあります。

ただし破棄することが大変な商品はNG

ただし、購入者側で処分が大変になるような商品の場合は嫌がられる可能性があります。

 

商品のサイズや破棄がしやすいかどうかなどを考えた上で、この方法を購入者に提案してみましょう。

商品に問題あればしっかり返品対応をすることがマナー

以上が、ラクマで返品をしたいと言われたときの出品者側の対応についてでした。

 

ラクマでは、購入後のキャンセルは原則不可となっているため、購入者側の一方的な都合での返品は拒否してもOKです。

 

ただし、商品に問題がある・商品ページと異なる・配送中に商品が破損していたなど、出品者側に問題がある場合はすぐに返品を受け付けて対応をしましょう。

 

商品に問題があるのに返品を拒否すれば、その時は100%の確率で悪い評価をつけられてしまいます。

 

悪い評価は1つつくと挽回することが大変なので、できるだけ悪い評価がつかないようにスムーズに返品に応じることが大事です。