メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

スポンサーリンク

ラクマの発送日の目安とは?売れる設定方法、発送期限を超えたらキャンセルも?

スポンサーリンク

ラクマの発送日の目安とは?売れる設定方法、発送期限を超えたらキャンセルも?

ラクマでは、商品ごとに「発送日の目安」を設定する必要があります。

 

つまりこれは、商品を購入して支払い完了後どのくらいの日数で発送をするかという事です。

 

実はこの「発送日の目安」でどれを選択するかで売れやすくなったり、逆に売れづらくなってしまうこともあります。

 

そんなラクマの「発送日の目安」とは?売れる設定方法、発送期限が過ぎてしまった場合は?などについてご紹介します。

 

ラクマの発送日の目安とは?一番売れる発送日数は?

ラクマでは商品の出品時に「発送日の目安」を選択する欄があります。

 

ラクマ 発送日の目安とは

 

ここでは、下記の3つから選択することができます。

・支払い後、1〜2日で発送

・支払い後、2〜3日で発送

・支払い後、4〜7日で発送

商品が購入され購入者が支払いを済ますと「 発送待ち」のステータスになるため、このステータスになったら、選択した日数以内に商品を発送する必要があります。

一番売れる発送日の目安はどれ?

ラクマの、1〜2日での発送・2〜3日で発送・4〜7日で発送の3つの中なら、どれを選択するべきなのかを悩んでしまう人もいるかもしれませんが、ズバリ「1〜2日での発送」が一番売れやすいです。

 

その理由は、商品が早く届くことに越した事はないからです。

 

どんなユーザーも、商品購入後にすぐに発送してくれる出品者と、商品を購入後1週間後に発送する出品者なら、すぐに発送してくれる出品者を選ぶのは当たり前です。

 

また、商品の発送が早い出品者は「きちんとしてる」「安心できる」「信頼できる」と思われるため、それだけで購入されやすくなります。

急いでいる時は店舗よりネットで探すユーザーは多い

また、今では「急ぎで欲しい!」と思うと店舗ではなく、ネットで商品を探すユーザーはとても多いです。

 

その理由は、店舗は営業時間が決まっていますが、ネットは24時間365日いつでもどこにいても商品を見て探すことができるからです。

 

さらに今では、楽天のあす楽サービス、Yahoo!のあすつくサービス、amazonのアマゾンプライムサービスがあり、注文すればすぐに届くことに慣れているユーザーはとても多いです。

 

そしてこれを、ラクマでも求めている購入者もとても多いのです。

 

その結果、急ぎのユーザーは「1〜2日で発送」の商品に絞って商品を探すようになり、また急ぎでなくても「発送が早い出品者は安心できる」という理由から、「1〜2日で発送」の出品者はとても購入されやすい傾向にあるのです。

「4〜7日で発送」は時間がかかり過ぎて売れないことも

ラクマ出品者の中には、発送日の目安を「4〜7日で発送」を選んでいる人もとても多いですが、これはおすすめできません。

 

商品を購入してから最長で1週間後に発送されるのは、これは遅過ぎます。

 

さらにゆうパケットやクリックポスト、普通郵便(定型郵便・定形外郵便)の場合は、遅いと発送から荷物到着までに1週間近くかかる場合があるため、結局商品の購入から2週間近く待ってやっと荷物が届くということもあり得るのです。

 

これは購入者からすれば購入を諦めてしまう原因にもなりますし、発送日の目安だけで売れなくなってしまうのはとてももったいないです。

発送日の目安は購入前なら変更可能

このラクマの発送日の目安は、一度選んで出品をしても購入前であれば自由に変更が可能です。

 

例えば、「『1〜2日で発送』を選んだけど出張が入ってしまったので『4〜7日で発送』に変えたい」「旅行に行くから発送目安を長めにしたい」などの場合でも、変更は可能です。

 

「商品の編集」から出品時と同じように発送日の目安を選択すれば、自由に変更ができます。

 

ただし、商品が購入されてしまったら変更はできないため、購入後はその日数までに商品を発送しなければいけません。

長期間発送ができない場合は注意書きをする

また、この発送日の目安は購入されてしまえば必ず守らなければいけないため、長期の旅行や出張、入院などで発送ができない期間がある場合は注意が必要です。

 

その場合は、ラクマでは出品した商品を下書きに戻すことも可能です。

 

下書きに戻してしまえば商品を非公開にすることができるため、検索にもヒットしないようにできます。

下書きに戻す方法

商品の編集>一番下の「下書きに戻す」を選択

ですが、これだと1商品づつ下書きに戻すのはとても面倒ですし、また出品を再開するのも出品点数が多い場合は大変です。

 

そんな時は、プロフィールに発送停止中であることを記載しておくことがおすすめです。

 

発送停止の書き方については、下の記事で詳しくはご紹介してるのでこちらも参考に!

 

発送日の目安を超えたらどうなる?

ラクマで発送日の目安を選ぶ際、出品者としては「もしこの発送日の目安を超えたらどうなるの?」と不安になるかもしれません。

 

発送日の目安を超えてしまった場合は「発送期限が過ぎています」というアラートが出るようになっており、さらにラクマから「発送をしてください」という内容のリマインドメールが届くようになっています。

 

ですが、発送期限を過ぎても取引が自動でキャンセルされてしまう事はありませんので、購入者に事情を説明して発送を待ってもらうようにしましょう。

  

それでも商品の発送をしなければ、購入者側からキャンセルを依頼される可能性があり、キャンセルとなれば事務局から警告が来るだけでなくペナルティが課される場合があります。

 

そのためにも、必ず発送日の目安は守り期限までに商品の発送を行いましょう。

 

発送期限が過ぎるとわかった時点ですぐに購入者に連絡を 

万が一、商品購入後に仕事や旅行、長期の不在が続き、発送が期限内にできないと気づいた場合は、 わかった時点ですぐに購入者に連絡をしましょう。

 

その際、事情を説明し発送が遅れることを伝えれば、理解してくれる購入者は多いです。

 

ただし、それは購入後すぐに連絡をすることが大事です。

 

購入してからだいぶ時間が経ってから、発送期限ギリギリになってから、発送期限を過ぎてからでは遅く、中には怒ってしまう購入者も出てくるでしょう。

 

特に早く商品が必要な購入者からすれば大変なことです。

 

そのためにも、発送が遅れてしまうとわかった時点ですぐに連絡を入れ、具体的な発送日をきちんと載せた上で謝罪のメッセージを送るようにしましょう。

 

ラクマの発送日の目安はできるだけ1-2日に!遅いと悪い評価にも

以上が、ラクマの「発送日の目安」についてでした!

 

ラクマでは3種類の発送目安から選ぶことができますが、「1〜2日で発送」に設定することが一番おすすめです。

 

ユーザーは発送日の目安は必ず見ていますし、早ければ早いほど「信頼できる出品者」と思ってもらえ購入率がアップします。

 

また、中には「4〜7日での発送」を選択し、その期限までに発送をしたのに「発送が遅い」と悪い評価をつけられてしまったという出品者もいます。

 

発送期限を守っていたとしても、購入者によっては「やっぱり4〜7日は時間がかかりすぎ」と感じてそれを悪い評価で返す人もいます。

 

発送が早い・遅いの感じ方は人それぞれですが、商品の発送は早いに越した事はないのでできるだけ「1〜2日で発送」を選び、早めに発送をしてあげることが大事です。