メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

スポンサーリンク

ラクマは消費税はかかる?税込価格の理由と申告をする人・しない人の違いとは?

スポンサーリンク

ラクマは消費税はかかる?税込価格の理由と申告をする人・しない人の違いとは?

ラクマのような個人で商品を販売する場合、消費税はかかるのでしょうか?

一般的なお店や通販サイトで商品を購入すると消費税はかかりますし、軽減税率はあるものの、全ての商品にも必ず消費税はかかっています。

ですが、ラクマでの消費税はどのような仕組みになっているのでしょうか?

 

ラクマの買い物では消費税はかかるのか?出品者は消費税を国に支払うべき?などについて、詳しくご紹介します。

ラクマでは消費税はかかる?税金は国に支払うべき?

結論から言うと、ラクマで取引したものについては、基本的には消費税はかかりません

 

ラクマで出品されている商品をよく見てみると、商品代金のところに「税抜」という文字も「税込」という文字もないはずです。

実は、これらはラクマだけに限らず、他のフリマアプリ(メルカリPayPayフリマ)やオークションサイト(ヤフオク・モバオク)でも、基本的には消費税がかからないようになっています。

 

その理由については、法律で下記のように定められているからです。

不課税取引

消費税の課税の対象は、国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等と輸入取引です。

これに当たらない取引には消費税はかかりません。

これを一般的に不課税取引といいます。


例えば、国外取引、対価を得て行うことに当たらない寄附や単なる贈与、出資に対する配当などがこれに当たります。

引用:No.6209 非課税と不課税の違い|国税庁

 

つまり、消費税がかかるのは事業として対価を得た場合のみであり、ラクマで趣味として個人で出品をしている場合は消費税はかからないのです。

 

また、ラクマでは「個人間取引」が前提としたサイトとなっているため、サイト自体が消費税を取らないようになっています。

 

だから、税抜・税込表記がないのです。

 

ですが、商品代金とは別に消費税がかかるわけではないため、ラクマでは実質「税込価格」ということになります。

 

つまり、家にある不用品を個人で販売している、ハンドメイドで作った商品を個人で販売している、という場合は消費税がかからないので、個人の場合は消費税については考えなくても良いのです。

 

個人でラクマで商品を販売をしている場合は、消費税を考慮せずに好きな販売価格をつけて販売してOKです。

事業・法人としての販売は消費税がかかる

ただし上でも記載の通り、ラクマでは事業・法人として出品や販売をしている場合は、消費税はかかります。

 

ラクマでは法人登録ができませんが、個人であっても事業としてラクマで販売をしている場合は消費税を国に支払う必要があります。

 

ラクマの個人と事業の違いは?

「ラクマでは個人では消費税はかからない、ただし事業として販売をすれば消費税がかかる」と知ると「じゃあ個人と事業の違いは?」と思うでしょう。

 

その違いは「所得税の確定申告をする必要があるか」です。

 

所得税とは、下記の場合に確定申告をする必要があります。

所得税の確定申告が必要な場合

・商品一点当たり30万円以上の私物を販売した場合

・利益を得ることを目的に商品を購入し、販売をしている場合

 

つまり、ラクマに出品した商品が元々販売(転売)するために仕入れたものなのか、ただ単に不要になった私物を出品しているだけなのかの違いがあります。


出品した商品の販売価格が1点当たり30万円以下・利益を得るために購入したものでなければ、趣味として(個人)の利用と判断されます。

 

また、その逆で転売目的で多くの商品を仕入れて販売したり、これらのサイトの収入のみで生計を立てられるレベルの場合は「確定申告が必要=事業としての利用」と判断されるため、消費税がかかるため、販売した商品分の消費税額を国に納めることになります。

 

購入者にとってはラクマでの買い物はお得

つまり、ラクマの消費税については、販売した側(出品者)が個人か事業かで国に払う必要があるかないかか変わるだけであり、購入者にとってはどちらから購入をしても特に消費税の申告をする必要はありません。

 

そのため、個人で利用している購入者にとっては全て「税込」価格で購入できているようなものになり、全く同じ商品を一般的な通販サイトで購入するよりも、ラクマで購入した方が断然お得なのです。

 

今では消費税は10%がかかるので、商品によっては一般のお店よりもラクマでの買い物はかなりお得に購入できることも多いはずです。

購入後に「消費税を払ってください」は絶対にNG

稀に出品者が、商品を購入された後に「別途消費税を払ってください」などと購入者に言うことがあるようですが、これは絶対にNGです。

 

そもそもラクマでは商品価格に納得した人が購入をするので、購入後の商品代金の変更はシステム上できないようになっていますし、商品代金の変更はしてはいけません。

 

ですが中には、後から「消費税がかかります」などと消費税分を請求をしようとする出品者がいるようですが、このような出品者からは絶対に取引をしない方が良いです。

 

そのような出品者に遭遇した場合は、絶対に消費税分は支払わず、すぐにラクマ事務局に事情を説明し取引のキャンセルを申請しましょう。

 

消費税がかからないラクマは今後も人気に?ぜひ活用しよう

以上が、ラクマで消費税はかかるのか?についてでした!

 

実はラクマでは、税込・税抜表示も一切なく、全てが「まるで消費税がかからない」かのように販売がされていますが、「個人での売買には消費税はかからない」と言う法律があるため消費税はかからないようになっています。

 

ただし、上でもご紹介した通り、事業としてラクマで販売をする場合は消費税の申告が必要になるので注意です。

 

その場合は、必ず国に申告をし消費税分を納めましょう。

 

また、2019年の消費増税の伴い、ラクマでは消費税がかからないことを理由に購入者は今後も増えると予想されています。

 

そのためにも出品者は新品未使用品の場合は消費税分を値引きして販売するなど、消費税を意識した販売価格をつけることもおすすめです。