メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

ラクマの再出品はツールを使わなくても楽になる3つのコツ・やり方とは?

スポンサーリンク

ラクマの再出品はツールを使わなくても楽になる!出品を簡単にする3つのコツ・やり方とは?

ラクマで商品を販売する上で重要となるのが、再出品をこまめにするということです。

 

ラクマの商品の並び順はおすすめ順となっていますが、その検索上位を占めている商品はほとんどが出品して間もない商品が並んでいます。

 

つまり、新しい商品は優先して上位に表示され、逆に古い商品はどんどん下に追いやられてしまい、こまめに再出品をしないとどんどん検索順位が下の方になってしまいます。

 

その再出品を行う際、ラクマで最初の出品であることに気をつけているだけで、次に再出品をする時がとても楽になります。

 

そんなラクマの再出品を簡単にする、3つのポイントについてご紹介していきます。 

ラクマの再出品にはツールが必要?手動でも再出品を簡単にする方法

上でもご紹介した通り、ラクマでは再出品をこまめに行うことがとても重要になります。

 

そのラクマの再出品の詳しいことについては、下記の記事でご紹介しているのでまずはこちらをご確認ください。

 


また、ラクマで再出品をする際に業者の場合は、自動再出品ツールを使って再出品を行う出品者も多いようですが、個人で家にある不用品を販売している程度であれば、有料の再出品ツールを使うのはもったいないです。

 

それなら、手動でも再出品を簡単にするような方法を考え、再出品作業の時間を短縮することがおすすめです。 

ラクマの再出品を簡単にする3つのコツ・やり方

ラクマで再出品をする際、「また出品画面から入力していくのか・・・」と憂鬱になってしまう気持ちはわかります。

 

1つの商品を出品するのに商品名や説明文を入力するのに時間がかかりますし、また画像をカメラロールから選ぶのもめんどくさい作業です。


ですが私は、商品をいずれ簡単に再出品することを考えて、最初の出品の際に3つのことを気をつけています。

  

これを守ればいざ再出品することになった時でも、スムーズに再出品ができるのでぜひ活用してみてください。

商品画像はフォルダ分けしておく

商品画像を撮ると、カメラロールのメインフォルダから商品画像を探して出品作業を行う人は多いです。

 

ですが、時間が経つと他の写真に埋もれてしまい、再出品の際になかなかその商品の商品画像を見つけるのが大変です。

 

そこでおすすめなのが、商品の画像を撮影したらフォルダを作って分けておくことです。

 

事前にカメラロール内に「ラクマ」などとフォルダを作っておき、そこにラクマに現在出品している商品の画像を入れておくことで、すぐに商品画像を見つけ出すことができます。

 

過去に撮影した商品画像を探している時間はとてももったいないので、再出品を見越して事前にフォルダ分けしておくことがおすすめです。

 

商品画像は受け取り評価があるまで保存

撮影した商品画像をフォルダ分けしておくことだけでなく、その商品画像を購入者からの受け取り評価があるまでカメラロールに保存しておくこともとても大事です。

 

中には、商品を出品したらすぐに商品画像を削除する人もいるかもしれませんが、これは再出品の時にまた撮り直さなくてはいけないので大変です。

また、商品が売れたからといってすぐにカメラロール内の商品画像を消してしまうのも良くないです。

 

その理由は、購入者から支払いがされず取引がキャンセルになってしまった、商品が購入者に届いたものの返品になってしまった、購入者から受け取り拒否や長期不在があり商品が返送されてきたなどの場合、再度出品・販売をすることにもなります。

 

その際、スマホ内に商品画像が削除されてしまっていれば、再度商品画像を撮影し直すことにもなります。


そのためにも、発送が完了して購入者からの受け取り評価が来たらカメラロール内の画像を削除するようにしましょう。

ちなみにiPhoneの場合は、一度カメラロール内の画像を消してもゴミ箱フォルダに入っているのでそこから復元できますが、ゴミ箱フォルダ内も全て削除していたら復元できないので気をつけましょう。

他ショップにも出品しておくと再出品が超ラク

私はメルカリ・ラクマ・ヤフオクPayPayフリマの4ショップで販売をしています。


必ずしも「複数のショップを併用して販売したほうがいい!」とは言いませんが、複数ショップで出品していると、再出品をする際とても楽です。

再出品をする際、また1から商品名・商品説明文を書くのは本当に面倒くさいですが、複数のショップで同じ商品を出品・販売していると、別のショップの商品名・商品説明文をコピーして貼り付け、あとは配送方法や発送目安などを入力すれば良いのですぐに再出品が完了します。

 

特にメルカリとラクマは出品画面が似ているので、この2ショップを併用して出品していると楽です。

この方法であれば1から商品説明文なども考えて打たなくてもよいので、通常の出品の10分の1くらいの時間で終わるのでおすすめです。

ラクマの再出品はツールを使わなくても工夫すれば楽になる

以上が、ラクマでの再出品を見越して出品の際に気をつけることについてでした!

 

自動再出品ツールを使わなくても、画像の保管場所や他ショップの情報を貼り付けるなどをすれば、再出品は簡単に楽になります。


ラクマでは一度出品をして放置しておけばいいというものではなく、出品して時間の経った商品はどんどんおすすめ順の上位に表示されなくなるので、こまめに再出品をして常に新着商品にしておく必要があります。

 

つまり、ラクマで商品を販売するにあたり再出品はつきものなのです。

 

「再出品は面倒な作業」と思っている出品者は多いですが、いずれ再出品することを見越して、いかに楽に再出品できるかを考えて出品をすることが大事です。