メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

【メルカリで高値で売れる方法】商品説明文に載せるべき6つの文言とは?

スポンサーリンク

【メルカリで高値で売れる方法】商品説明文に載せるべき6つの文言とは?

メルカリで不用品販売をしている出品者が絶対に思うのが「できるだけ高値で売りたい!」ということですよね。

 

送料や手数料を引いた、最終的に手元に残るお金(販売利益)が高ければ高いほど、出品者にとっては嬉しいものです。

 

ですが、自分が出品している商品をリサーチしてみると、自分はまだその商品が売れていないのにそれと全く同じ商品が少し高い値段でSOLD OUT(売り切れ)になっているケースもあったりします。

 

そんな時「なんで!?自分の商品のほうが安いのに!」と思うかもしれませんが、実はその出品者には、ある文言を入れたことで少し高値でも売れやすくなったという可能性が考えられます。

 

そんな、少し高値でも売れるための「載せるべき6つの文言」をご紹介いたします!

メルカリで高値で売れる商品の理由を考えてみる

メルカリでは、「なんでこの商品、他の同じ商品よりも高い価格で販売しているのに売れてるの?」と思う商品をよく見かけます。

 

それは、「高値でもいいから欲しいと思っているユーザーがたまたま現れたから」ということも考えられますが、他にも様々な理由があって高値でも売れている可能性があります。

商品画像の撮り方が鮮明でわかりやすい

商品説明文がしっかりと書かれている

③評価の数が多い

④評価の内容が良い

「この人から購入したい」と思わせる安心できるポイントがあった

上の①②に関しては、商品をしっかりユーザーに伝えることで商品の良さが伝わり、高値で売れている可能性があります。

 

また、③④に関しては、メルカリでは評価の数が多いければ多いほど「メルカリでの取引が慣れている」「安心できる」と思われて、信頼できる出品者だと思われます。

 

そして、今回ご紹介していくのが ⑤の「この人から購入したい」と思わせる安心できるポイントがあったという点です。

 

これは、商品の内容以外にも取引をする上で安心できる文言が入っていると、「この人から購入したい」と思われる可能性が高くなります。

 

その理由は、ユーザーは最終的に安心・信頼できる人から購入する傾向があるからです。

 

どのユーザーも買い物を失敗したくないため、商品を探しながらも「この人からなら買っても大丈夫だな」と思える安心できるポイントを探しています。

 

メルカリでは個人間取引となり相手の顔も行動も見れないため、悪い出品者から購入をしてしまえば悪い取引になることや、トラブルに発展することもあります。

 

そのためにも、その安心できるポイントを商品ページやプロフィールなどで伝える必要があるのです。

メルカリで購入率が確実に上がる6つの文言とは?

「出品したけどなかなか売れない」という商品や、「高値で売りたい!」と思う商品こそ見直すべきポイントは「ユーザーへの安心感」です。

 

そこで私がおすすめする6つの文言をご紹介します。

 

これを商品説明文やプロフィールに入れるだけで安心感が伝わり、購入率が上がる可能性が高くなります。

ブランド名

ブランド商品はブランドが付いている限り必ず載せるようにしましょう。


ブランドはものを販売する上で本当に強い味方なのです。

例えば、メルカリで同じ画像を使った2商品が販売されていて、商品名が下記のように異なるとします。


1,レディースバッグ
2.CHANEL シャネル レディースバッグ


この2つの商品の場合、どちらの商品名の商品が売れると思いますか?


もちろんそれは2ですよね。

「CHANEL シャネル」と英語表記とカタカナ表記のブランド名を入れているだけで「CHANEL」にも「シャネル」にも検索に引っかかるため、シャネルの商品を探しているユーザーがこの商品にたどり着くことができます。

また、ブランドは名が通っているので「CHANEL シャネル」と入れているだけで勝手に売れてくれます。
(※もちろん「CHANEL シャネル」と入れていいのは本物のシャネル商品のみです!)

高級ブランドであるほどブランド名を入れないと逆に怪しくなる

むしろ画像は明らかにシャネルのバッグなのに、商品名や商品説明文に「CHANEL」や「シャネル」と一言も書かれていなければ偽物だと疑われてもおかしくありません。


逆に怪しいと思われていまいます。

安心感を与えるためにもしっかりどのブランドのものかがわかるように記載をするようにしましょう。


また、これは例として一流ブランドを挙げましたが、一流の高級ブランドでなくてもアパレルやシューズ、小物などでもブランド名がついているものは全て入れるようにしましょう。

 

型番

家電などに関しては、必ず型番を載せるようにしましょう。

 

その理由は下記の2つが挙げられます。

型番を頼りに商品を探している人がいる

家電を探している人の中には「現在Aという商品を使っていてそれが壊れてしまった、でも使い勝手がよかったから同じものが欲しい!」という人が結構います。

中古品を買うなら、自分の知っている商品の方が安心ですよね。

メーカーページで商品の詳細を確認できる

商品ページでは出品者が使った感想や使用頻度などしか載っていないケースが多いですが、型番があればメーカーのページで商品の詳細を見ることができるため、ユーザーがより詳しく商品を知ることができます。

 

そのため、型番を載せているだけで購入率がアップします。



これら2つの理由のためにも、型番がある商品は商品説明文に記載をしましょう。

また、家電系は型番を載せていないと「型番を教えてください」とコメントが来ることが多いので、ユーザーにコメントの手間をかけさせないためにも予め型番を載せておきましょう。

即購入OK

即購入OKとは「『購入希望です』と購入前にコメントをしなくても、そのまますぐに購入してもいいですよ」という意味です。

たまに「即購入禁止」と記載している出品者がいますが、購入者がいちいち「購入してもいいですか?」とコメントを残し、出品者からOKが出たら購入をするという流れになるため、購入者からしたら面倒でしかありません。

これは機会損失につながるので「即購入禁止」ルールはやめたほうがいいです。
(※メルカリでは即購入禁止ルールを認めていません。また、即購入禁止などの独自ルールは禁止されています)

そのためにも商品説明文やプロフィールに「即購入OKです」と一言書いておくだけでもユーザーは安心してすぐに購入ができるので一言載せておくのがおすすめです。

 

●●●をしてから発送いたします

不用品はほとんどが出品者が使っていた中古品です。


そんな不用品を購入する側からすると、中古品とわかっていてもできる限り綺麗な状態で届いて欲しいはずです。


そのためにも、下記文章が商品説明文に入っていると購入率がアップする可能性があります。

・多少毛玉がついてしまっていますが、できる限りこちらで取ってから発送いたします。
・簡易クリーニング(全体を除菌ティッシュなどできれいに拭いてから)発送いたします。
・アイロンをかけてしわを伸ばしてから発送いたします。


「できる限り綺麗な状態にしてから発送する」ということを載せておくだけでユーザーに安心感を与えることができ、購入率アップにつながるのでおすすめです。

付属品の説明

 特に家電を出品する際に多いですが、付属品が付いているものの場合は本体と一緒に発送する付属品を全て記載しましょう。

例えば、テレビであればケーブル、デジカメなら充電器など本体以外にも何が付いているのか、また部品が何か足りないのであれば購入者側で何を用意すべきなのかが事前にわかれば購入もスムーズに行うことができます。

相手に質問をさせる手間を省くためにも事前に付属品は全て記載しておきましょう。

プチロールに巻いた上で発送したします

傷が付きやすそうな家電や家具、割れ物商品に関しては、「無事にきれいな状態で商品が届くのか」を心配しているユーザーが多いです。

メルカリではお店ではなく個人ユーザーが商品を送ってくるため、個人の価値観で「傷がつかないような梱包」の捉え方がバラバラだったりします。

自分がこれでいいと思って発送しても購入者にとっては「割れ物の商品をなんでこんなペラペラの梱包で発送してくるの?」と思われてしまうこともあるのです。

 

そのためにも事前に商品説明文に下記文章を入れておくのがおすすめです。

・プチロールを多めに巻いた上で発送させていただきます。
・緩衝材を多めに入れた上で配送中の傷がつかないように発送いたします。


どのように発送するかを一言書いておくだけでもユーザーに安心感を与えることができます。

 

頻繁に商品を発送する方は、プチロールを多めに購入しておくことをおすすめします。

 

また、私が実際に使っているおすすめのプチロールもご紹介します。

 

 

CDやスマホケースなどの小物にはプチプチ袋も便利です!

これら6つの文言でユーザーに安心感を与えてできるだけ高値で売ろう

以上がメルカリでユーザーに安心感を与えて、高値で売れてさらに購入率アップにつながる6つの文言でした!

 

今まで商品説明文に入れていなかった方は「安心感」が不足していて、これが原因でなかなか売れていなかったのかもしれません。

 

これら6つの文言は、ユーザーに安心感を与えることができ「買ってもいいかな」と思ってもらえる可能性大です。


これを一つでも多く載せておくだけで購入率は確実に上がりますし、購入されるまでの時間も短くなるはずです。

ぜひお試しください!