メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

スポンサーリンク

【ラクマの横取り】出品者の防止策やキャンセルはできる?してしまった場合はどうなる?

スポンサーリンク

【ラクマの横取り】出品者の防止策やキャンセルはできる?してしまった場合はどうなる?

ラクマで商品を出品・販売していると、たまに「商品の横取り」が起こります。

 

ラクマ初心者さんからすると「横取り?なんのこと?」と思うかもしれませんが、ラクマで商品の横取りを経験したことがある人は多いはずです。

 

そんなラクマの商品の横取りとはどんな行為なのか?もし横取りが起きた場合の出品者・購入者の対応、横取りされないための防止策などを詳しく紹介していきます!

ラクマで起こる「商品の横取り」とは?ルール違反なのか?

ラクマでは、稀に「商品の横取り」が起こることがあります。

商品の横取りとはどんな行為?

まず、商品の横取りについて解説します。

 

ラクマでは、ユーザーからコメントで「専用ページを作成してほしい」と要望がくる場合があります。

これはなんらかの理由で「今すぐには購入できないけど必ず買うから専用ページを作って欲しい」であったり、「人気商品はコメントのやりとりをしている間に、他の人に買われてしまうかもしれない」などの理由から、ユーザーが出品者に専用ページの作成をお願いする場合があります。(=専用出品)

ですがラクマのようなフリマアプリでは、一番早く購入手続きをした人が商品を購入できる仕組みとなっています。

つまり、出品者とユーザーが値引き交渉を行っている最中や、値引き交渉後であっても他のユーザーがその商品を買ってしまうことが起こります。

 

また残念なことに「◎◎様専用」と書いてある専用ページ(専用出品)でも、他のユーザーが購入してしまうケースがあるのです。

  

本来購入する予定だったユーザー(専用ページをお願いしていたユーザー)以外の人に商品を購入されてしまえば、出品者は取引を続けるしかありません。

 

そして本来購入する予定だったユーザーは、残念ながらその商品の購入は諦めるしかありません。


これが「商品の横取り」です。

 

ちなみに私もラクマで横取りを経験したことがあり、その内容については下記の記事で詳しくご紹介しています。

 

商品の横取りはラクマのルール違反になる?

ここで思うことは「商品の横取りをするなんてひどい!これはラクマのルール違反でしょ!」と言うことです。

 

ですが勘違いしてはいけないのが、実は「商品の横取りはラクマのルール違反ではない」のです。

 

上の文章だけを読むと、商品の横取りをしたユーザーが悪いと感じる人は多いはずですが、実は商品の横取りは「横取り行為」とは言えません。

 

その理由は、ラクマでは「一番早く購入手続きをした人が商品を購入できる」というルールのため、商品の取り置き・専用ページの作成は実はラクマでは認められていませんし、「専用ページは専用ページをお願いした人以外は購入してはいけない」というルールもありません。

 

ちなみに専用出品に関しては、ラクマガイドでは下記のように記載されています。

Q. 専用出品って何ですか?

A, 専用出品(専用ページ)は、ユーザー間で独自にはじめられた出品方法になるため公式的なご案内は難しくなっていますが、買い手が決まった商品の名前を変更し売約済みの商品として取引を進める方法を指すようです。

引用:https://faq.fril.jp/196/

 

このようにラクマでは「公式では認められていないけど、ユーザー同士が勝手に行っている出品方法」という扱いなのです。

 

つまり、ユーザーにお願いされ「●●様専用」と専用ページを作成したところ、別のユーザーYさんがその専用ページで購入してしまっても、それはラクマのルール違反にもならないですし、キャンセルするに値する行為ではありません。

 

そのため、ラクマ事務局に「Yさんが商品の横取りしたので取引をキャンセルしてください!」と出品者が連絡をしても、キャンセル手続きをしてもらえない可能性があります。

  

つまり、「商品を横取りされた!」と購入予定者や出品者が騒いでも、それは横取りではなくラクマの正しいルールで「他のユーザーよりも早く購入手続きをした」というだけなのです。

 

そのため、商品の横取りはルール違反でもなく、違反行為でもないのです。

横取りが発生した場合の対処法とは?

横取りはラクマの違反行為ではないと知っても、やはり出品者や購入予定者からすれば納得がいかないかもしれません。

 

そんな商品の横取りが起きた際の、出品者と購入予定者、購入者の対応方法についてご紹介します。

出品者の対応方法

商品を購入されてしまった以上、その購入者と取引をするしかありません。

 

ですがそれでも納得ができない場合は、相手がお金を払う前であれば事情を話して購入を辞退(キャンセル)してもらうようにお願いしても良いでしょう。

ただし、横取りしたユーザーは専用ページ(もしくは値引き交渉後の価格)なのをわかって購入しているので、購入を辞退してくれる可能性は低いと思われます。


その場合は、相手が期限内に代金を支払わないことを祈るしかありません。

相手が代金を支払わなければ発送しなくて良いですし、取引のキャンセルができます。

 

ただし、私の感覚では今ではATM/コンビニ支払いを選択するユーザーは少なく、クレジットカードや売上金などの即時決済をするユーザーが多いため、恐らく期限内までに支払いをしないケースは少ないでしょう。

相手が期限内に代金を支払った場合は、残念ながら出品者は商品を発送するしか方法はありません。


もしここで発送しなければ、あなたに悪い評価が課される可能性もあります。

代金が支払われた時点で購入予定だったユーザーに事情を説明し、今回の商品は諦めてもらうしかありません。

購入予定者の対応方法

次に購入予定者(購入できなかったユーザー)側の対応方法です。

 

「せっかく専用ページを作成してもらったのに、他の人に買われてしまった」「自分が値引き交渉をしたのに、値引き後の価格で別の人が購入してしまった」となった場合、残念ながら運が悪かったと思うしかありません。

購入予定者ができることは、出品者に進捗を聞き、横取りしたユーザーが代金を支払わず取引がキャンセルになることを願うしかありません。

(ただし購入された商品ページでのコメント欄はもう使えないので、別の商品ページで出品者とコメントのやりとりをするしかありません)

もし横取りしたユーザーが代金を支払った場合、出品者はラクマのルール上、速やかに商品を発送しなければなりません。


そうなってしまった場合は、出品者には落ち度はありませんので出品者を責めたりせず、他の商品を探すしかありません。

 

もし購入者が支払いをしなかった場合は、その時は出品者に再出品をお願いし、出品後にコメントをもらえるかを聞いてみましょう。

横取りをしてしまった購入者の対応

ここで言う購入者は、言い方が悪いですが「横取りをしてしまった購入者」です。

 

この場合の購入者はラクマのルールに則り、誰よりも早く購入手続きをしたので商品を購入できる権利があります。

 

そのため、通常通り商品の支払いを済ませたら後は商品の発送を待ち、荷物が届いたら出品者への評価をつけ取引を完了させれば良いのです。

 

ですが「横取りをしてしまった、やっぱり申し訳ないな・・・」と思うのであれば、出品者に取引のキャンセルを申し込んでも良いでしょう。

 

その場合のキャンセル方法は2つあります。

①支払いをしない

ラクマの場合は、期限内に支払いをしなければ自動でキャンセルとなります。

 

ただし期限内に支払いをしなかった場合は、出品者が購入者(あなた)に悪い評価がつけることも可能です。

 

悪い評価がついても良いと思うのであれば、支払いをしないままにしておきましょう。

②取引のキャンセルを申し込む

本来は購入後のキャンセルは認められていませんが、購入者からキャンセルを申し込めば事務局の判断で取引をキャンセルすることも可能です。

 

この場合は、取引画面から出品者に下記のようにメッセージを送るのが良いでしょう。

「別の方の専用ページ(or値引き交渉後)と気付かず購入してしまいました。

本来の購入者様と出品者様にご迷惑をおかけしてしまったため、取引のキャンセルをさせていただけないでしょうか?

大変申し訳ありません。」

このように「専用(値引き交渉後)と気付かずに購入をしてしまった」と一言入れておけば、出品者も悪い気はしないでしょう。

 

また、この場合のキャンセルは取引自体が行われなかった状態に戻るため、出品者・購入者はお互いに評価を付けることができないので、悪い評価がつくことはありません。

 

横取りされないため防止策はある?

一度ラクマで横取りを経験すると、出品者も購入できなかったユーザーも「次こそは絶対に横取りされないようにしよう!」と思うはずです。

 

その横取りされないための防止策は2つあります。

①専用出品・値引き後は購入申請ありにする

まず専用出品・値引き後は「購入申請あり」に変更をする方法です。

 

ラクマでは購入申請機能があり、出品画面で「購入申請あり」を選択すれば、購入を希望するユーザーが購入を申し込み、その中から出品者が購入者を選ぶことができます。

 

この購入申請を使えば、出品者は購入予定ではないユーザーの購入申請を拒否することができ、購入予定ユーザーの申請のみを承認することができます。

 

このようにすれば、関係のないユーザーから商品を横取りされる心配はありません。

 

②購入予定者にしかわからない専用ページを作成する

2つ目の方法は、出品者が専用ページの作成を申し出たユーザーにしかわからないような商品ページを作ることです。


つまり、他のユーザーが見たときに「なんだこの商品?」と思うようなページにするのです。

商品名にはユーザーの名前のみを入れる

横取りされてしまう専用ページは、だいたいの場合が商品名に「◎◎様専用 メンズ シャツ」と名前+商品に関するワードを入れてしまっていることが多いです。

すると「メンズ シャツ」や「シャツ」というワードでたまたま検索したユーザーが、その専用ページにたどり着いてしまい、多くのユーザーがその商品を見ることができてしまいます。

それを防ぐためにも、商品名には「◎◎様専用」のみと記載し、他の人にはよくわからない商品名にしましょう。

商品説明文は特に記載をしない

また、商品説明文についても元の商品ページで購入者は説明文を見ているはずなので、特に書かなくてよいでしょう。

 

書いても「●●様の専用ページです」程度でOKです。


専用ページにも元の商品ページを同じように説明文を入れてしまうと、その説明文に入っているワードが検索に引っかかってしまい、他の人にも見られてしまう回数が増えてしまいます。

商品画像は商品と関係のないものを選ぶ

さらに商品画像は、元の商品ページと同じものを使ってしまうと、その商品を狙っているユーザーが画像だけを見て購入してしまう場合もあります。


そのためにも、画像は実際の商品とは全く別のもの(できれば風景やキャラクターなどの現実的に考えて販売できないようなものの画像)にし、「◎◎様専用」と加工しましょう。

専用ページの作成イメージ

専用ページのイメージとしてはこんな感じです。

ラクマ 専用出品の方法・横取りの防止策

これでは他のユーザーが見ても商品の内容がわからず絶対に購入されないため、横取りされる心配はありません。

 

専用ページを作成する際は、出品者と専用ページを依頼したユーザーにしかわからないようにすることが大事です。 

ラクマで横取りされたくなければ対策を必ず行おう

以上が、ラクマでよく起こる商品の横取りについてでした!

 

意外にもラクマでは商品の横取りは多発していますし、横取りを経験した人は多いはずです。

 

中には自分では気づかないうちに、商品の横取りをしていたという人もいるかもしれません。

 

ですがラクマにはそれを取り締まるルールがないため、横取りされてしまったら基本的にはその購入者と取引をするしか方法はありません。

 

横取りされてしまった側にとってはなんだかモヤモヤしてしまいますが、これはラクマのルールなので出品者や購入者を責めたりはしないようにしましょう。

 

そのためにも購入申請機能を上手に使ったり、購入予定者にしかわからない商品ページを専用出品するなどして、出品者が商品の横取りを防ぐことが大事です。