メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

ラクマでブランド品を出品する際の注意点・ルールとは?偽物を販売するとペナルティも?

スポンサーリンク

ラクマでブランド品を出品する際の注意点・ルールとは?偽物を販売するとペナルティも?

ラクマでは多くの高級ブランド品が売買されています。

例えばLUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)、GUCCI(グッチ)、CHANEL(シャネル)、COACH(コーチ)などの人気ブランドです。

 

これらの高級ブランド品は人気が高く需要も高いため、ラクマで出品をするとすぐに売れる傾向のある商品カテゴリーです。

 

ですが、高級ブランド品は出品をする際に様々な点に気をつけなければ商品の削除、場合によっては警察沙汰にもなる要注意カテゴリーでもあります。

 

そんなラクマで高級ブランド品を出品する上で注意すべき点をご紹介します。

ラクマで高級ブランド品を出品する際の注意点

高級ブランド品は、ラクマのような個人間販売サイトではかなり売れやすい商品です。 

 

その理由は、やはり高級ブランド品は知名度はもちろん、需要がかなりあるので中古品でも欲しいと思っている人はたくさんいるからです。


ですがラクマでのブランド品販売は間違った販売をしてしまうと、事件にもなりかねるくらい危険な販売となってしまうこともあります。

 

そんなラクマでブランド品を販売する上での注意点があります。

出品するブランド品は正規品のみ!偽物は出品禁止

当たり前ですが、ブランド品は「正規品」のみしか販売してはいけません。

 

もちろん偽物のブランド品は出品してはいけません。

 

ラクマのガイドには、偽ブランド品の販売について下記のように記載されています。

ブランド品の偽造品・レプリカ・模造品の販売は商標法という法律で禁止されています。
確実に正規品である品物に限り出品いただけます。

正規品かどうか不確かな品物の出品はご遠慮ください。

ラクマでは正規品ではない、と判断した商品は出品を取下げさせていただくこともありますのでご了承ください。

引用:https://fril.jp/guide/manners/#forbidden_items


また、偽ブランド品を販売はラクマだけの話ではなく、法律で禁止されています。

正規品と証明できるものを載せる

ラクマでブランド品を出品する際は、確実に正規品と証明できるものを画像に載せた上で出品をするようにしましょう。

 

例えばシリアルナンバーや保証書、ギャランティカードなど、本物商品にしかない情報を画像と商品説明文に載せる必要があります。

 

これらがないと事務局から削除の対象となる場合があるため、必ず載せるようにしましょう。

貰い物のブランド品の出品は要注意

ブランド品は自分で買うことだけでなく、彼氏・彼女・家族・知人からプレゼントでいただくこともあるでしょう。

 

そんな不要になったブランド品をラクマに出品したいと考える人は多いですが、そんな場合はまずその商品が正規品であるかを確かめた方が良いです。


残念ながら、頂き物のブランド品が実は偽物だったということも十分にあり得る話なのです。

実際に「プレゼントでもらったブランド品をラクマで販売したところ、購入者に届いた後で偽物だと指摘され、その時に自分も偽物だということに気づいた」という話もあるのです。

出品者が偽物だと知らなかったとしても偽の商品を販売してしまった以上、出品者にはなんらかのペナルティが課されます。

また、世の中にはスーパーコピー品というものがたくさん出回っています。
(※スーパーコピー品:本物のブランド品に似せて作られた偽物の商品)

 

スーパーコピー品は、素人が見ると本物のブランド品と見分けがつかないほどそっくりに作られていることが多いため、プレゼントでもらったブランド品は一度本物かどうかを確かめてから出品することがおすすめです。

「貰い物・プレゼント」は削除の対象にも

またラクマのブランド品出品のルールには、下記のような規定があります。

ラクマでは正規品ではない、と判断した商品は出品を取下げさせていただくこともありますのでご了承ください。

商品画像、商品タイトル、ブランド名、商品説明を基に判断します。

▼削除となる記載例

・貰い物です

「貰い物です」の言葉 には、「私が買ったものではないため本物かどうか分かりません」と言う意味も含まれていると判断されてしまい、その商品ページをラクマ事務局が見つけ次第削除されてしまいます。

 

「貰い物です」「頂き物です」「プレゼント品です」などの言葉は商品説明文内で使わないようにしましょう。

他にもこんな文言は使用禁止

ラクマでブランド品を出品する上で、上の「貰い物」以外にも下記のような文言は禁止されています。

▼削除となる記載例

・偽物の可能性があります
・箱や鑑定書はありません
・シリアルナンバーはありません
・本物かどうかわかりません
・正規品ではありません
・A級品・S級品・N級品です
・本物同様です
・●●風(ヴィトン風、シャネル風等)の商品です
・パロディ商品です
・レプリカ・スーパーコピーです
・海外のお土産でもらいました/●●(海外)で買いました
・海外オリジナルブランドです
・値段からご判断/理解下さい
・本物志向の方はご遠慮下さい
・ご理解いただける方のみご注文下さい
・並行輸入品です

引用:https://fril.jp/guide/manners/#forbidden_items

 

これらの文言は「正規品ではありません・偽ブランド品です」と言っているようなものです。

 

この文言を使った時点でラクマ事務局から商品を即削除されてしまう可能性があるため、一つでもこの文言に当てはまる場合は出品はしてはいけません。

ラクマで偽物を出品したらどうなる?

ではラクマで偽ブランド品を出品したらどうなるのでしょうか?

 

その場合の出品者へのペナルティは「出品機能の停止、もしくは退会処分」となります。

 

事務局の判断によりどちらかのペナルティが下されます。

 

出品機能の停止はラクマでの出品が一切できなくなり、退会処分はラクマのアカウントを削除されてしまいます。

 

出品機能の停止は恐らく一時的に出品ができないと考えられますが、退会処分はアカウント自体を削除されてしまうため、もう二度とラクマを利用することができなくなってしまいます。

 

また、退会処分となれば貯まっていた売上金が抹消してしまいます。

 

そうならないためにも、ラクマでのブランド品販売は正規品のみにしなければいけません。

 

本物かわからないブランド品をどうしても売りたい時は?

「本物のブランド品という確証はないけど不要なブランド品を売りたい!」ということもありますよね。


もし本物ならブランド品を売ると、大きな金額になるので利益も大きいですから。

ですが、本物と確証がないのにラクマで販売してしまうと商品の削除やラクマの退会処分、逮捕など様々なことがあるので、本当に危険です。

そんな場合は、専門のブランド品買取業者に買い取ってもらうのが無難です。

しっかり本物かを見極めた上で買い取り価格を提示してくれます。

今はネットで買い取りを申し込むと梱包材と着払いの伝票を送ってくれる業者もあるので、お店に持っていかなくても宅配だけで買い取りをしてくれるサービスもあります。

 

中でもブランディアはブランド品買取の大手で安心なのでおすすめです。
【ブランド買取専門 ブランディア】
“"

ラクマのブランド品出品は本物のみ!怪しいものは出品しない

 以上が、ラクマでブランド品を出品する際の注意点についてでした!

 

出品したブランド品がもし偽物だった場合、ラクマ事務局だけでなく警察も動くほど大変なことになります。


また、ラクマで偽ブランド品を出品・販売してしまうと、強制退会もあり得るほどのペナルティにもなるので、本物のブランド品と確証がないものは絶対に出品しないようにしましょう。