メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

スポンサーリンク

ラクマで支払い期限が過ぎた場合は自動キャンセルも?悪い評価はつく?

スポンサーリンク

ラクマで支払い期限が過ぎた場合は自動キャンセルも?悪い評価はつく?

ラクマで商品を購入した購入者の中には「商品を購入したけど支払期限が過ぎてしまった!」という経験がある人もいるでしょう。

 

またその逆で、出品者側も「購入者が支払い期限を過ぎても代金を払ってくれない!」という経験がある人も多いと思います。


そんな時、ラクマの支払い期限がいつまでなのか?また、商品購入後に支払い期限が過ぎてしまった場合、取引はどうなるのか?など、出品者・購入者別の対応方法についてご紹介します!

 

ラクマで支払い期限が過ぎてしまった!キャンセルや評価はどうなる?

ラクマでは、商品の支払い方法により後払いのものがあります。

 

後払い決済を選択すると支払い期限が設けられ、その期限内に支払いをする必要があります。

ラクマで支払い期限が設けられる支払い方法とは?

ラクマで商品購入時にその場で決済できる支払い方法については、支払い期限が過ぎるというようなことは起こりません。

 

例えば、下記の支払い方法であれば購入時に決済が完了します。

・クレジットカード払い

・楽天ペイ

・FamiPay

・Paydy

・d払い

・売上金で全額支払う

・楽天スーパーポイント/キャッシュで全額支払う

・ラクマポイントで全額支払う

また、上記以外の支払い方法は商品購入後に支払い手続きをする(後払い)ため、商品購入時には決済が完了しません。

 

つまり、取引上のステータスは「支払い待ち」の状態となり、出品者はまだ商品を発送できる段階ではないのです。

 

そんなラクマでの後払いは下記が挙げられます。

・コンビニ支払い

(ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・デイリーヤマザキ・セイコーマート)

・郵便局/ATM支払い

つまり、このコンビニ支払い・郵便局/ATM支払いのみ商品購入後に支払い期限が設けられ、購入者はその期限内に支払いをする必要があるのです。

ラクマの支払い期限はいつまで?

ラクマのコンビニ支払いの支払い期限は、商品を購入した日から翌々日23時59分までが支払い期限となっています。

 

このように聞くといまいちピンと来ないかもしれませんが、購入日を含めて3日以内と覚えておくと良いでしょう。

支払い期限が過ぎると取引は自動でキャンセルされる

ラクマで支払い期限が過ぎてしまった場合、残念ながら支払い期限を過ぎた時点で取引は自動でキャンセルとなります。

 

たとえ「子供の体調が悪くて支払いに行けなかった」「仕事の出張で支払いに行けなかった」などと止むを得ない理由があっても、ラクマでは支払い期限が過ぎると一旦キャンセルとなってしまいます。

 

また、購入者・出品者の意思で支払い期限を延長させることもできません。

購入申請ありの商品の場合は承認後に期限が設けられる

ラクマでは、購入申請という機能があります。

 

出品者が商品を出品する際に「購入申請あり」「購入申請なし」を選ぶことができ、「購入申請あり」に設定していると商品を見たユーザーが出品者へ購入の意思表示をすることができます。

 

購入申請が来ると、出品者はどんなユーザーから購入申請が来たのかを確認することができるため、事前にユーザーのプロフィールや評価を見ることができます。

 

それを見た上で出品者が購入の許可・拒否ができるのです。

 

その購入申請をありで販売していると、出品者が購入申請を承諾すると購入者が支払い手続きをする流れとなります。

 

その際の支払い期限も購入申請が承認された日から翌々日23時59分までとなっており、これを過ぎると自動で購入申請はキャンセルとなってしまいます。

どの支払い方法でも期限内に決済手続きをする必要がある

通常ラクマでは、後払いのコンビニ支払い・郵便局/ATM支払いのみ支払い期限が設けられますが、購入申請ありの商品の場合は、出品者が購入申請を承認したらどの支払い方法であっても支払い期限までに支払い手続きをしなければいけません。

 

その理由は、購入申請はあくまで「この商品を私が購入しても良いですか?」と出品者に聞き「はい、いいですよ〜」と了承をもらっただけの状態なのです。

 

つまりまだお届け先の住所や支払い方法を選択していないため、購入申請承認後に改めて購入手続き・支払い手続きをしなければいけないのです。

 

購入申請を承認されたからといって安心してそのまま発送を待っていては、支払い期限が過ぎてしまい自動でキャンセルされてしまいます。

 

そのようなことがないように購入申請ありの商品は承認後、すぐに購入手続き・支払い手続きをするようにしましょう。

 

ラクマで支払い期限を過ぎてしまった場合の対処法

では、ラクマで商品を購入したものの支払期限が過ぎてしまった場合、購入者・出品者共にどのように対応をすべきなのでしょうか?

 

購入者・出品者別に詳しくご紹介していきます。

購入者側の対応

上でもご紹介した通り、ラクマでは支払い期限を過ぎると自動で取引がキャンセルとなってしまいます。

 

そのため、キャンセル後は購入者がするべきことは特にありません。

 

ただし、キャンセル後にその商品がどうしても欲しい場合は、出品者が再出品をした後にすぐに購入するのもアリですが、やはり一度期限までに支払いをしなかったため出品者はいい顔はしないでしょう。

 

その際は商品のコメント欄で「先ほど支払い期限が過ぎてしまい取引がキャンセルとなってしまいましたが、やはりこの商品をどうしても購入したいです。次はクレジットカード払いで即決済致しますので、購入しても良いでしょうか?」と後払い以外の決済方法を提案した上で聞いてみるのが良いでしょう。

 

その後、もし出品者に断られてしまったらその時はその商品を諦めましょう。

商品購入後、支払い期限内なら支払い方法の変更は可能

ただしラクマでは商品購入後、商品代金の支払い前であれば支払方法の変更が可能です。

 

コンビニ支払いや郵便局/ATM支払い以外の支払い方法に変更したい場合は、下記の操作で変更ができます。 

①マイページ(サイドメニュー)の[購入した商品]をタップ

       ↓

②支払い方法を変更したい取引をタップ

       ↓

③取引ページ、支払情報の下の[支払い方法を選びなおす]をタップ

       ↓

④利用したい支払い方法を選択する

※支払方法を選び直した場合、支払いに必要な番号も新しいものと変更となります。
取引ページで最新の番号を確認し、コンビニ・銀行等でお支払いください。

出品者側の対応

ラクマでは購入者が支払い期限内に支払いをせず、取引が自動キャンセルとなった場合、出品者のみが購入者へ評価を投稿することができます。


取引がキャンセルとなるとキャンセルに関する通知が「お知らせ」に届くため、これをタップすると評価投稿画面に移動します。

 

商品を自分の意思で購入したにも関わらず期限までに支払いをしないのは、ラクマのルール違反に値するため悪い評価をつけても良いのです。

 

ここは遠慮せずに購入者に悪い評価をつけましょう。


※商品ページを削除された場合、評価の投稿はできません

 

ラクマで支払い期限が過ぎたら自動でキャンセル!悪い評価が付くので要注意

 以上が、ラクマで商品購入後に支払い期限が過ぎてしまった場合の対処法についてでした!

 

ラクマでは、残念ながら支払い期限を過ぎてしまった場合は支払い期限を延長することもできず、取引は即キャンセルとなります。

 

つまり購入者が「支払い期限の翌日なら支払えるので待っててください!」と出品者に伝えても、出品者にはどうしようもできないのです。

 

また、自動キャンセル後は高確率で出品者から悪い評価を付けられてしまうので、今後もラクマを利用していくのであれば悪い評価は避けたいところです。

 

そのため、購入者は支払い期限までに必ず支払う必要がありますし、さらに言えば支払い期限までにバタバタするようであれば後払い以外の決済方法を選ぶようにしましょう。

 

支払い期限を守らないことは出品者にとても迷惑がかかるので、購入者は支払い期限に注意して決済手続きを行いましょう。