メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

スポンサーリンク

ラクマの取引メッセージは削除・非公開・写真を送る事はできる?返信がこない場合は?

スポンサーリンク

ラクマの取引メッセージは削除・非公開・写真を送る事はできる?返信がこない場合は?

ラクマでは、商品購入後に取引が開始されると出品者・購入者間で取引メッセージを送り合うことができます。

 

この取引メッセージでは、取引開始の挨拶や購入のお礼を伝える出品者・購入者が多いですが、中には「こんな時どうしたらいい?」という疑問もあるかもしれません。

 

例えば、ラクマの取引メッセージは削除はできるのか?画像は送れるのか?などです。

 

そんなラクマの取引メッセージの疑問を解決していきます。

ラクマの取引メッセージの疑問を解決!こんな場合はどうなる?

ラクマでは取引開始になると、出品者・購入者間で取引メッセージを送り合うことができます。

 

そんな取引メッセージに関する疑問と答えをまとめましたので、ご参考に!

取引メッセージは削除できる?

一度取引相手に送った取引メッセージを削除したい場合もあるかもしれません。

 

例えば、メッセージに誤字脱字がある、メッセージの内容を間違えてしまった、違う人宛のメッセージを誤って送ってしまったなどです。

 

ですが、ラクマでは一度送った取引メッセージは削除することができません。

 

その場合は「上のメッセージは誤って送ってしまいました」と伝えた上で、改めてメッセージを送るようにしましょう。

取引メッセージは非公開になっている?

ラクマの取引メッセージを取引相手以外のユーザーも見ることができるのか?ということです。

 

この取引メッセージは自分と取引相手のみ見ることができるため、他のユーザーは見ることはできません。

 

ただし、商品コメントは他のユーザーも見ることができます。

 

また、取引メッセージはラクマ事務局は監視しているため、メールアドレスやLINE、SNSなどの情報を教えあったりなどすれば「外部誘導行為」とみなされ、利用停止・強制退会などのペナルティが課される場合があるので絶対にやめましょう。

 

取引メッセージで写真や画像は送れる?

ラクマの取引メッセージで「写真や画像を送りたい」という場合もあるかもしれません。

 

例えば「発送しようと思ったら商品に汚れがあったので確認して欲しい」「オーダーメイド品が完成したから確認して欲しい」などです。

 

ですが、ラクマの取引メッセージは文字しか打つことができず、写真や画像、データなどは送ることはできません。

 

もし画像で確認してもらいたい場合は確認用に商品ページを作成し、そこで画像を確認してもらうようにしましょう。

 

その際、他のユーザーが買わないように商品価格は999,999円にするか、購入申請ありに設定しておくと安心です。

 

取引メッセージはいつまで利用できる?

ラクマで取引メッセージを送り合うことができるのは、取引完了から1週間までとなります。

 

この取引完了とは「お互いが評価をしあった状態」となるため、出品者・購入者ともに評価をつけあった日から1週間までとなります。

 

この取引メッセージ欄は取引完了から1週間が経過すると消えてしまうので、相手に何か送りたいことがあれば取引完了から1週間以内に送るようにしましょう。

 

取引メッセージで住所を教えてもらうのはOK?

ラクマの取引メッセージで相手に住所を教えてもらいたい時があるかもしれません。

 

例えばこんな場合です。 

・匿名配送のかんたんラクマパックを選んでいたが、サイズオーバー等で発送ができなかったため匿名配送以外の発送方法で発送したい(購入者の住所を知りたい)
・出品者に商品を返品をしたい(出品者の住所を知りたい)

この場合、事情があって出品者・購入者ともに了承している場合は、相手の住所を取引メッセージで聞くのはOKとなっています。

 

ただし、この個人情報は他に漏らす事は厳禁ですので、教えてもらった住所は発送・返品以外には使用しないようにしましょう。

取引メッセージを送ったのに相手から返信がこない

中には、ラクマで取引メッセージを送ったのに相手から返信がこない場合もあります。

 

ラクマのユーザーの中には取引メッセージに返信をしない人もいるため、あまり気にしなくても良いでしょう。

 

実際に私も取引メッセージで購入のお礼を送っても、一切返信をくれない購入者と何人も取引してきました。

 

その場合でも、問題なく受け取り評価をしてくれて無事取引を終えるケースがほとんどなので、そこまで心配しなくていいでしょう。

 

ですが中には、取引メッセージをくれない・返信がこない購入者が、いつまで経っても受け取り評価をしてくれず事務局に問い合わせをした事もあります。

 

「購入して商品を受け取ったら後はどうでもいい」と考える購入者も中に入るので、その場合は受け取り評価の催促メッセージを念のため送ったり、ラクマ事務局に相談をするなどして対応をしましょう。

ラクマの取引メッセージを上手に活用して気持ちの良い取引を!

以上が、ラクマの取引メッセージの様々な疑問についてでした。

 

取引メッセージは出品者・購入者間でやりとりができますが、事務局は内容を確認することができるので取引に関係のないやり取りをする事は禁止です。

 

中には、取引メッセージの内容が原因でペナルティが課されるケースもあるので、送る内容には気をつけるようにしましょう。

 

また、取引メッセージでは購入のお礼や挨拶文を送る事で、出品者・購入者ともに印象がとても良くなるため、お互いにしっかり挨拶をして気持ちの良い取引をすることが大事です。