メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

スポンサーリンク

ヤフオクの「発送までの日数」とは?売れる設定方法や一括変更はできる?

スポンサーリンク

ヤフオクの「発送までの日数」とは?売れる設定方法や一括変更はできる?

ヤフオクでは、商品ごとに「発送までの日数」を設定する必要があります。

 

つまりこれは、商品を購入して支払い完了後どのくらいの日数で発送をするかという事です。

 

実はこの「発送までの日数」は入札・落札が左右されるほど、ユーザーはとても見ている部分となります。

 

そんなヤフオクの「発送までの日数」とは?売れる設定方法、発送期限が過ぎてしまった場合は?一括で変更はできるのか?などについてご紹介します。

 

ヤフオクの発送までの日数とは?一番売れる発送日数は?

ヤフオクでは商品の出品時の「配送方法」の欄で「発送までの日数」を選択することができます。

 

ヤフオク 発送までの日数の選択・設定方法

 

ここでは、下記から選択することができます。

・1〜2日

・2〜3日

・3〜7日

・7〜13日

・14日以降

商品が購入され購入者が支払いを済ますと、「商品を発送してください」のステータスになるため、このステータスになったら選択した日数以内に商品を発送する必要があります。

一番売れる発送までの日数はどれ?

ヤフオクでは「発送までの日数」を5個の中から選ぶことができますが、どれを選択するべきなのかを悩んでしまう人もいるかもしれません。

 

ですがこれは改めて言うまでもなく「1〜2日」が一番売れやすいです。

 

その理由は、落札者にとっては商品が早く届くことに越した事はないからです。

 

どんなユーザーも商品落札後にすぐに発送してくれる出品者と、商品を落札後1週間後に発送する出品者なら、すぐに発送してくれる出品者を選ぶのは当たり前です。

 

また、商品の発送が早い出品者は「きちんとしてる」「安心できる」「信頼できる」と思われるため、それだけで入札・落札がされやすくなります。

仕事や育児がある場合は「2〜3日」でもOK

出品者によっては、仕事や育児があり毎日発送作業ができないと言う人もいるでしょう。

 

そんな時は無理して「1〜2日」を選ぶ必要はなく「2〜3日」を選んでも問題はありません。

 

1〜2日・2〜3日は1日しか発送目安が変わらないため、落札者からすれば大きな差はありません。

 

最低でも2日に1回は発送作業ができる人は「1〜2日」、少し余裕を持ちたいという場合は「2〜3日」を選んでおけば、発送までの日数が原因で入札・落札がされないという事はないでしょう。

「7〜13日」「14日以降」は時間がかかり過ぎて売れないことも

ヤフオク出品者の中には、発送までの日数を「7〜13日」「14日以降」を選んでいる人も多いですが、これはおすすめできません。

 

商品落札から発送までに1週間以上かかるのは遅過ぎると思う人は多いですし、出品者自体が不審に思われても仕方ありません。

 

ですが、落札後に商品を作成するオーダーメイド商品や、ストアの場合は予約商品などであれば「7〜13日」「14日以降」を選んでも良いでしょう。

 

それ以外の商品であれば、発送に1週間以上時間がかかるのはおかしいと感じる人は多いです。

 

また、落札後に2週間以上も発送に時間がかかるのは恐らく取り寄せ商品(無在庫販売)がほとんどだと思われます。

 

そもそもヤフオクでは、在庫が手元にない状態で販売をする事は禁止されています。

 

明らかに落札後に取り寄せを行うような商品はペナルティの対象となる可能性があるので、やめた方が良いです。

 

特に事情がなければできるだけ「1〜2日」「2〜3日」を選ぶようにし、落札者をお待たせしないようにしましょう。

 

発送までの日数を超えたらどうなる?

ヤフオクで発送までの日数を選ぶ際、出品者としては「もしこの発送までの日数を超えたらどうなるの?」と不安になるかもしれません。

 

ですが、発送期限を過ぎても取引が自動でキャンセルされてしまう事はありませんので、購入者に事情を説明して発送を待ってもらうようにしましょう。

 

ただしヤフオクでは、落札者が商品代金を支払ってから14日が経過すると出品者への入金処理が行われてしまいます。

 

つまり、落札者の支払いから2週間以上発送に時間がかかっている場合は、まだ商品を発送していないのに出品者に商品代金が支払われてしまうのです。

 

そのため、支払いから14日以上経過した時点で落札者がキャンセルを希望した場合は、取引のキャンセルをしても返金手続きは自分たちで行う必要があります。

 

その場合は出品者は落札者の口座情報を聞き、直接銀行振り込み等で返金作業を行いましょう。

発送期限が過ぎるとわかった時点ですぐに落札者に連絡を 

万が一、商品落札後に仕事や旅行、長期の不在が続き、発送が期限内にできないと気づいた場合は、 わかった時点ですぐに落札者に連絡をしましょう。

 

その際、事情を説明し発送が遅れることを伝えれば、理解してくれる落札者は多いです。

 

ただし、それは落札後すぐに連絡をしている場合です。

 

落札してからだいぶ時間が経ってから、発送期限ギリギリになってから、発送期限を過ぎてからでは遅く、落札者が怒ってしまえばトラブルにもつながる可能性があります。

 

そのためにも、発送が遅れてしまうとわかった時点ですぐに連絡を入れ、具体的な発送日をきちんと載せた上で謝罪のメッセージを送るようにしましょう。

長期間発送ができない場合は注意書きをする

また、この発送までの日数は購入されてしまえば必ず守らなければいけないため、長期の旅行や出張、入院などで発送ができない期間がある場合は注意が必要です。

 

その場合は、ヤフオクでは出品した商品を取り消すことも可能です。

 

出品を取り消してしまえば商品を非公開にすることができるため、検索にもヒットしないようにできます。

オークションの取り消す方法

マイオク>出品中>取り消したい商品の「オークション管理」>オークションの取り消し>オークションを取り消す

ですが、これだと1商品づつ取り消すのはとても面倒ですし、また出品を再開するのも出品点数が多い場合は大変です。

 

そんな時は、プロフィールに発送停止中であることを記載しておくことがおすすめです。

 

発送停止の書き方については、下の記事で詳しくはご紹介してるのでこちらも参考に!

 

開催しているオークションの発送までの日数は変更できる?

ヤフオクで出品している商品(開催しているオークション)の発送までの日数を変更したい場合もあるかもしれませんが、残念ながらオークションを開催した状態では「発送までの日数」を変更する事はできません。

 

もし変更したい場合は一度そのオークションを取り消して「発送までの日数」を変更した上で再出品をするしか方法はありません。

オークションの取り消して再出品する方法

①マイオク>出品中>取り消したい商品の「オークション管理」>「オークションの取り消し」>オークションを取り消す

②マイオク>出品終了分>落札なし>再出品したい商品の「再出品する」>「配送方法」で「発送までの日数」を変更する>出品する

一括再出品する場合は「発送までの日数」を一括変更はできない

また、ヤフオクでは再出品する際、一括で再出品をすることが可能です。

一括再出品の方法

マイオク>出品終了分>落札なし>右下のカメラマークをタップ>再出品したい商品を選択>一括再出品

ですが、一括再出品を行う場合は、発送までの日数は一括変更できなくなっています。

 

その場合も上でご紹介したように、1商品づつ再出品画面を開いてから「発送までの日数」を変更した上で再出品をするしか方法はありません。

ヤフオクの発送までの日数はできるだけ1-2日に!一括変更はできないので注意

以上が、ヤフオクの「発送までの日数」についてでした!

 

ヤフオクでは5種類の発送目安から選ぶことができますが、「1〜2日で発送」に設定することが一番おすすめです。

 

ユーザーにとっては、どんな商品でも早く届くことに越した事はありません。

 

14日以降の発送などを選びあまりにも待たせ過ぎれば、その時は悪い評価として帰ってきても仕方がありません。

 

出品者は事情がない限り、できるだけ早い発送を心がけるようにしましょう。

 

また、ヤフオクでは開催しているオークションや終了したオークションについては、発送までの日数は一括変更ができないため、1商品づつ手作業で変更するしかありません。

 

これは面倒ですが、もし発送までの日数を変更したい場合はこのように対応するようにしてください。