メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

らくらくメルカリ便に価格制限はある?利益がマイナス(赤字)になってしまった場合は?

スポンサーリンク

らくらくメルカリ便に価格制限はある?利益がマイナス(赤字)になってしまった場合は?

メルカリのらくらくメルカリ便は、送料もお得で匿名配送が可能なこともあり、今ではほとんどの出品者が利用しています。

 

ですが、らくらくメルカリ便を利用する際には、販売価格がいくら以上でないと利用できないなどのルールはあるのでしょうか?

 

また、販売価格を送料よりも安く設定して販売してしまった場合は、らくらくメルカリ便での発送はできなくなってしまうのでしょうか?

 

そんならくらくメルカリ便を利用する際の販売価格についてご紹介します。

らくらくメルカリ便とは?

らくらくメルカリ便とは、メルカリとヤマト運輸が提携している配送方法です。


特徴としては、荷物の大きさで料金が決まり、送料が全国一律料金なので料金設定がわかりやすいという点です。

また、らくらくメルカリ便は購入者・出品者共に個人情報を開示せずに送ることのできる匿名配送が可能なため、個人情報保護が気になる今のご時世にはとっても役に立つ配送方法なのです。

さらに、らくらくメルカリ便を選択すると販売利益から送料を差し引いた金額を売上金としてくれるので、別途コンビニやヤマト運輸に送料を払う手間が省けるのもらくらくメルカリ便を使うメリットの1つなのです。

 

らくらくメルカリ便には3種類の配送方法がある

まず、らくらくメルカリ便の種類について説明していきたいと思います。


「らくらくメルカリ便」と一口に言っても実は3つのタイプの配送方法があります。

ネコポス

角形A4サイズ(31.2×22.8cm)以内、厚さ2.5cm、重量1kg以内の小型の荷物が対象。
アクセサリーやスマホケース、薄手の衣類を送る際にぴったりです。

送料:全国一律195円(税込)

宅急便コンパクト

専用薄型BOX(縦24.8×横34cm)、または専用BOX(縦25×横20×厚さ5cm)に入る大きさの荷物が対象。


小型のおもちゃや雑貨などを送る際にぴったりです。

送料:全国一律380円(税込)
専用BOX代:70円(税込)
※専用BOXの購入が必須となります。

宅急便

包装資材を含めた荷物の縦、横、高さの合計で、送料は下記となります。

荷物のサイズ

重量

送料

60サイズ

2kgまで

700円

80サイズ

5kgまで

800円

100サイズ

10kgまで

1000円

120サイズ

15kgまで

1100円

140サイズ

20kgまで

1300円

160サイズ

25kgまで

1600円

※全て全国一律料金です。


小さい小物・衣類から大きくて重量のある荷物まで、すべての荷物を「らくらくメルカリ便」で発送することが可能なのです。


また、すべての配送方法が全国一律料金となっているため遠方の購入者であっても荷物のサイズが分かれば事前に送料を把握することができるので非常に便利な配送方法なのです。

らくらくメルカリ便は販売価格いくら以上から利用できる?

ここで本題です。

 

「らくらくメルカリ便はいくらから利用できるの?」という疑問の答えですが、らくらくメルカリ便は商品の価格に関係なく利用することができます。

 

また、逆に販売価格の上限もないため、高値の商品にも利用することができます。

 

メルカリは最低販売価格が300円からとなっているので、300円以上の商品のであればらくらくメルカリ便を利用することができます。

らくらくメルカリ便は最終利益がマイナスになっても発送できる

メルカリで商品を販売する際、自分に残る最終的な利益を考えずに販売価格を適当につけてしまう人もいるでしょう。

 

その結果、らくらくメルカリ便の送料よりも安い価格で販売してしまうということをしてしまう人がいます。

 

例えば、商品価格500円でらくらくメルカリ便60サイズを利用するとします。

 

商品価格500円-販売手数料50円(10%)-らくらくメルカリ便送料60サイズ700円-250円

 

出品者の最終的な利益が-250円となり、出品者は赤字になってしまいます。

 

その場合、商品の発送ができないのか?もしくは最終利益の-250円は現在持っている売上金から差し引かれてしまうのか?と心配になってしまいますよね。

 

ですが、メルカリではらくらくメルカリ便を利用して最終利益がマイナスになってしまった場合でも、最終利益を0円としてくれます。

 

つまり、現在の売上金から相殺されることもなければ、別の方法でメルカリに差額分を支払う必要もないのです。

 

ただし、あまりにもらくらくメルカリ便の送料が商品価格よりも著しく高い場合には、警告や制限の対象となる場合があります。

 

それを防ぐためにも、出品時に商品にかかる送料をしっかり把握した上で販売価格を決める必要があります。

 

らくらくメルカリ便以外の場合ならマイナス分は自己負担

上でも説明した通り、らくらくメルカリ便を使って出品者に残る最終利益がマイナスになってしまった場合は、メルカリが差額分を負担してくれるため、出品者の販売利益は0円となります。

 

ですが、もしらくらくメルカリ便以外の配送方法(例えばゆうパック、ヤマト運輸、クリックポスト、定形外郵便など)を利用して最終利益がマイナスとなってしまった場合は、マイナス分の差額は出品者の自己負担となります。

 

最終利益がマイナスになるような販売価格の付け方は決して良くないことですが、もしうっかり最終利益がマイナスになってしまった時のことを考えると、らくらくメルカリ便を利用した方が、出品者が負担する差額分も無くなるので安心です。

ゆうゆうメルカリ便の場合も同じく、販売価格から送料・販売手数料を差し引いた際に赤字になってしまっても最終利益を0円としてくれます)

らくらくメルカリ便はもしもの時にも安心&お得な配送方法

らくらくメルカリ便は、販売価格が300円以上であれば誰でも利用することのできる配送方法です。 

 

送料が格安で匿名配送で配送できることや宛名書き不要、配送状況を取引ページから随時確認できるなど、様々な面で購入者・出品者共にメリットがあります。

 

また、上でもご紹介したように、もしも出品者の販売価格設定ミスで販売価格から送料・販売手数料を差し引いた際に最終利益が赤字になってしまっても、らくらくメルカリ便を利用していれば最終利益を0円としてくれます。

 

出品者側がマイナスになる心配もないので、うっかり赤字になってしまった場合も安心の配送方法です。

 

ですが、やはりマナーとして赤字になることをわかった上で安い販売価格をつけるのは良くありません。

 

出品者さんは、しっかり送料がいくらかかるかを事前に計算した上で、販売価格をつけてしっかり利益を残すようにしましょう。