メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

《いいね!禁止は絶対にだめ》いいね禁止は売れない原因になる!メルカリ&ラクマはいいねを集めることは超大事♪

スポンサーリンク

《いいね!禁止は絶対にだめ》いいね禁止は売れない原因かも?メルカリ&ラクマはいいねを集めることは超大事♪

こんにちは!ころたんです。

メルカリやラクマ(フリル)で「いいね禁止!」とプロフィールや名前に入れている人をたまに見かけますよね。

フリマアプリのいいね!は「この商品いいな」と思ったらお気に入りに追加する感覚で、いいね!ができるようになっています。

いいね!をした商品は、自分のいいねリストから一覧で見ることができるので、時間が経った後でもまたその商品を見て検討することができるという機能なのです。


ですが、いいね!を禁止しいている出品者は結構いるんですよね。


その出品者たちはなぜいいね!を禁止にしているのか?

また、いいね!を禁止にしている目的・メリットはあるのか?などを書いていきたいと思います。

 

 

いいねを禁止にしている出品者の目的とは?


いいね!の機能については上に書いた通りです。

ですが一部の出品者がいいね!を禁止する意味とはなんなのでしょうか?

 

その理由は、「○○(商品名)にいいね!をされました」といちいち通知が来るのが嫌なのでしょう。

 

いいねが来るとその度に通知が来るので(いいねがついたときに通知オンにしていれば)、アプリ内でもお知らせ一覧にも通知が入るので、通知が来る分だけ期待をしてしまうんですよね。

なので、恐らく「いいね禁止!」と書いている出品者は、「買いもしないならいいねをするな。欲しいと思ったらいいねではなく即購入してください」いうことを遠回しに伝えたいのだと思います。


つまり、その出品者は商品を検討する時間も与えてくれないということと同じなのです。

はっきり言えば、いいね禁止=「私の商品を欲しいなって思ってもいいねはしないでくださいね」ということです。

 

 

いいね!を禁止にすると購入率は下がる


出品者の中にはいいねを禁止にしている方もいますが、いいねを禁止してしまうと購入率は断然下がります。


なぜなら上でも書いた通り、メルカリやラクマではいいね!=お気に入りに入れてもらった数になるからです。


実はメルカリ、ラクマなどのフリマアプリではお気に入りに入れる、ブックマークに登録機能がないのです。

そこでユーザーが気になる商品をひとまず登録しておくのに「いいね!」を使うのです。

(※メルカリ、ラクマではアプリ内の左側のメニューに「いいね!一覧(いいね!リスト)」というメニューがあるので、そこから自分がいいねを押した商品が一覧で見れるようになっています。)

 


つまり例として、一度あなたが出品した商品をいいなと思ってくれたユーザーがいたとします。

ですが、プロフィールに「いいね!禁止」と書いてあるのを見て、その場でいいね!をしなかったとします。

後日、「やっぱりあの商品欲しいな」と思ってその商品を探そうとしても、再度検索をしてその商品にたどり着かない限り購入できないということにもつながるのです。


毎日大量の商品が出品されているメルカリならなおさら同じ商品を探すのは困難です。

また、これは出品者にとっても痛手ですし、購入者側からしたら非常に面倒ですよね。


いいね!を禁止にしている出品者から商品を購入したいかをよく考えてみる

いいね!を禁止にするのは出品者の自由です。

自分がいいと思うならそういうルールにしても良いのでしょう。

ですが、もし自分が購入する立場だったら「いいね禁止!」なんて書いている出品者から購入したいと思いますか?


お気に入り登録もさせてくれない、考える時間をくれないならもちろん買いませんよね。


出品者からすると通知が来るたびに「またいいねか~」と思ってしまって、いいねを禁止にしたくなる気持ちもわからないでもないですが、いいねをもらえない=売れないとなるくらい、いいね!の数を集めるのは大事なんです。

 

メルカリ・ラクマではお気に入りに登録させることは本当に大事!

 

メルカリやラクマでの「いいね!」は、「お気に入りに登録する」機能と同じと上で説明しました。

 

この「お気に入りに登録させる」ということは、ネットで物を販売するでとても重要になります。

 

私の前職のネット通販会社でも、買い物カゴの横に「お気に入りに登録」というボタンを設置していました。

 

その理由は、今すぐに買わなくても後日購入してくれるかもしれないからです。

 

例えば、給料日前、後日ポイントが入る、他の類似商品と迷っているなどで、今すぐには購入できないけどほしい物リストに入れておきたい時ってやはりあるのです。

 

そんな時に「お気に入り登録ボタン」があるとユーザーにとってはとても便利ですし、後日ポイントが入ったら、お給料が入ったら、他の商品と迷って結局この商品に決めたなどの理由で、「お気に入りリスト」から辿って購入してくれることも十分にあり得ます。

 

つまり、メルカリ・ラクマでもそれは同じで、「いいね!=お気に入りに登録する」ことになるので、どんどんいいね!をしてもらって、しっかり悩んでからいいねリストから辿って購入してもらう、ということは十分にあり得るため、いいね!をたくさんもらうことは本当に大事になるのです。

 

いいね!の通知が来るのが嫌な方は通知をオフにできる!

 

 もし、出品者の方で「いいねをされる度にスマホが鳴るのが嫌!」という方は、いいねをされた時でも通知が入る設定になってしまっていると思います。

その場合は、まずいいね!の通知をオフにしましょう。


*メルカリ
メニュー>設定>お知らせ設定>いいね!→オフ
*ラクマ
マイページ>設定>プッシュ通知の設定>いいねされた時→オフ


また、アプリを開いた時にお知らせが来る「◎◎さんがいいねを押しました」という通知はオフにできませんので、出品した以上はどの商品がいいねをされているかというのをきちんと確認するようにしましょう♪


また、購入者の方はいいなと思った商品にいいね!をバンバンつけましょう!

これしかお気に入りリストに追加する方法はないんですから。


いいね禁止は売れない原因になるのでやめましょう!


以上、いいね!の大切さについてでした。

 

いいね!禁止になってしてしまうと、自分の商品の売り上げも悪くなるし、相手にいい印象を与えることもできません。

 

つまり、自分の首を絞めることにもつながるのです。

出品者の方は購入者の気持ちも考えて「いいね禁止」なんて絶対にしないようにしてくださいね。

これ非常にもったいないですよ!

そして、いいねを1つでも多く集めましょう!