メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

ヤフオクで発送できない期間がある!その場合の対応方法・発送停止の書き方とは?

スポンサーリンク

ヤフオクで発送できない期間がある!その場合の対応方法・発送停止の書き方とは?

ヤフオク出品者は「今日からしばらく商品の発送を停止したい」と思うことがあります。

 

例えば、実家への帰省や長期の旅行、出張、場合によっては入院などです。

 

また、ママになって出産で入院や退院、その後の新生児育児等があれば、ヤフオクで売れた商品を発送する余裕もないかもしれません。

 
そんな時ヤフオク出品者さんは、長期間発送ができないことをきちんとプロフィールに記載しておくことが大事になります。

そんなヤフオクでの発送停止のお知らせを書く必要性や書き方などについて、詳しくご紹介いたします。

ヤフオクで長期間発送ができない場合の注意書の書き方・対処法とは?

上でもご紹介した通り、ヤフオク出品者さんは様々な理由で発送がしばらくできない期間が出てきてしまうことがあります。

 

そんな時は、落札者のとのトラブルやクレームを防ぐためにも、必ずプロフィールに発送ができない旨を記載する必要があります。

発送ができないことを記載する理由とは?

なぜ「しばらく発送ができない」ということをわざわざプロフィールに入れなけばいけないのかというと、ヤフオクでは商品出品時に発送までの日数を選択する必要があり、落札されるとその期間までに発送しなければいけないというルールがあるからです。

 

止むを得ずその期間までに発送ができない場合は、落札者へメッセージを送り発送が遅れることを承諾してもらう必要がありますが、基本的にはこの発送までの日数は守らなければいけませんし、多くの落札者はこの発送までの日数を見て購入しています。

 

ヤフオクの発送停止・発送できない時の対処法

 

また、商品を落札後に「事情により発送は2週間後になります」などと落札者に伝えれば「急ぎで欲しかったのに!」「発送目安が2〜3日になってるのに!?」などとクレームやトラブルに発展する場合もあります。

 

さらにそれが原因で、出品者都合で取引のキャンセルをされてしまえば、悪い評価をつけられてしまうこともあるのです。

 

それを防ぐためにも、帰省や出張、旅行などで不在をする場合は、いつからいつまで発送ができないのかを事前にプロフィールに記載をしておく必要があるのです。

特に3連休・大型連休前は急いでいるユーザーが増える

特にヤフオクでは3連休前や大型連休前は、商品の到着を急いでいるユーザーがとても増えます。

 

私の前職の通販会社でもそうでしたが、3連休・GW・お盆・年末年始の休暇に入る前は本当に注文が増え、さらに急ぎの到着を希望する人がとても多かったです。

 

その理由は、この時期は多くの人が3連休やゴールデンウィーク、お盆、年末年始の大型連休にその商品を使いたいと思って買っているからです。

 

これらの大型連休は、多くの人が旅行やレジャー、お出かけなど大きな予定があるため、その日のために張り切って必要なものを揃えます。

 

なんでも揃うヤフオクなら、尚更この時期の買い物は増えるはずです。

 

つまりその時期に購入する商品は、ユーザーからすれば「この日までに届かなければ買った意味がない!」と思うくらい大事なものなのです。

そのため、私の前職の通販会社では「今注文したらいつ届きますか?」「この日までに必要なので必ず◎日までに届けてください!」など、大型連休直前はこの類の問い合わせが1日に何十件も来るほどでした。

それくらいヤフオクでも3連休前・大型連休前はお客さんが急いでいるため、トラブルにもなりやすいのです。

発送停止をする際のヤフオクでの注意書の書き方

もしヤフオクで商品を販売していて、長期の旅行や帰省などで発送できない期間がある場合は、必ず「発送休止期間」を載せる必要があります。

 

もし出品している商品数が少なければ商品ページの説明文に追加しても良いもしれませんが、出品数が多ければこれは大変です。

 

そのため、発送停止の案内を入れる際はプロフィールに入れることがおすすめです。

 

実際に私が、発送停止中に行っている2つのことをご紹介します。

自己紹介文に発送停止期間の詳細を記載する

ヤフオクでは、プロフィール文(自己紹介分)を自由に変更することができます。

 

そのため、自己紹介文に発送停止ができない旨を下記のように記載しておくことをおすすめします。

※年末年始の帰省のため下記期間中は発送を停止いたします※
発送停止期間:◎月◎日~◎月◎日

なお、この期間中は商品が手元にないため実物を見ないとわからない商品の質問にはお答えできません。
商品の発送、質問の回答は◎月◎日以降となりますことをご了承くださいませ。


これを、自己紹介文の一番上に入れましょう。

 

一番上に記載していれば、プロフィールを読んでくれた人には必ず見てもらえます。

ここでしっかり書いていれば、この内容を了承した人は発送停止中であっても入札してくれます。

自己紹介文の変更方法

マイオク>自己紹介

自己紹介文は見ている人が少ないので保険のために入れておく程度

メルカリラクマでは、ユーザー名(アカウント名)が自由に変更できるので、そこに発送停止中であることを記載することができますが、ヤフオクの場合はユーザー名(アカウント名)は変更できなくなっているため、自己紹介文に書くしか方法がありません。

 

ですが正直なところ、ヤフオクのプロフィール文(自己紹介文)は見てくれるユーザーは少ないのが現状です。

 

なぜなら、ヤフオクでは商品ページの下部に出品者情報が表示されますが、ユーザー名と評価のみを見て入札するかを決めてしまう人が多いからです。

 

ヤフオク 発送停止の注意書の書き方

 

ヤフオクの場合、良い評価の割合が%で表示されることで、これだけを見て「この人から買ってもいいかな」と思ってしまいますよね。

 

そこから出品者のプロフィールに飛んで、わざわざ自己紹介文まで読みに行く人は少ないのです。

 

そのため、私もヤフオクでこのように発送停止の案内を自己紹介文に入れた経験がありますが、記載後に入札・落札がされたので「プロフィールに書いております通り、現在実家に帰省中のため発送は●日以降になります」と取引メッセージを送ったところ「発送日を見落としていました・・・了解です」と返信がきたケースが何件もあります。

 

ですが、この注意書きを入れておくことで「事前に発送停止中であることは書いていましたので」と説明ができるので、保険だと思って入れておいた方が良いです。

 

出品者にとっては手間ではありますが、トラブルを防ぐためにも必ず記載しておきましょう。

 

見落としていても意外と了承してくれる人が多い

上記の通り、私は発送停止の注意書を見落として入札・落札をした落札者に何人も遭遇していますが、注意書を見落としていても「なんでだよ!分かりづらいんだよ!」と言われたことはなく、「了解です。では発送を待っています」と言ってくださる方がほとんどです。

(中にはメッセージの返信がない方もいましたが)

 

注意書を見落としていた落札者からすれば「え〜発送に少し時間がかかるのか〜」と思ってしまうかもしれませんが、入札・落札をしてしまった以上は取引に応じるしか方法はありません。

 

ヤフオクでは、落札後のキャンセルはどちらが希望をしたかによって悪い評価がつくこともあるので、落札後にキャンセルを希望する人は少ないです。

 

そのため、注意書を見落としていたとしても快く承諾してくれる人は多いので、安心してください。

(ただし発送停止の注意書きを入札・落札前に入れておくことが条件です!)

発送停止の記載はいつからするべき?

ヤフオクの自己紹介文に発送停止についての記載をする際、「念のため早めに入れておこう!」と発送停止開始日よりも早く注意書きを入れてしまうのは危険です。

 

理由は、早めに入れてしまうと入札・落札率が下がるからです。

 

早めに入れてしまうと「今買っても発送は2週間後か・・・」と思えば、他の商品を購入してしまう可能性もあります。

 

発送停止の案内は「今発送停止中です」と伝えられれば良いので、まだ発送できるうちは入れるのはやめましょう。

 

もう確実に発送ができない発送停止開始日の前日の夜くらいから入れることがおすすめです。

もし発送停止期間中に購入があった場合は?

発送停止期間中ときちんと自己紹介文に書いていても、中にはそれでも購入をしてくれるユーザーもいます。

 

特に発送停止期間の終わり頃になると、「近々発送してくれるなら」と通常通り購入してくれる人が増えてきます。

 

その場合、下記のことに気をつけましょう。

メッセージで改めて発送停止について案内をする

この発送停止期間中に購入があった場合は、きちんと取引メッセージで改めて発送が遅れる旨を伝えておきましょう。

 

ヤフオクの場合、上でもご紹介した通り「発送停止について書いてある自己紹介文を全く見ていなかった」という落札者は多いです。

その際、取引メッセージで「あらかじめプロフィールに記載の通り◎日以降の発送となります」と伝えれば、「自分は予め注意書きは入れていましたよ〜」と伝えられるのでトラブルも避けられます。

ヤフオクでは配送目安を過ぎても自動でキャンセルはされない

もし発送停止期間中に商品を落札されてしまった場合、その商品に設定している発送までの日数内に配送ができないということが起きてしまいます。

 

この目安を越えたら自動的にキャンセルになったり、何か事務局からペナルティがないか心配になってしまうかもしれません。

 

ですが基本的に、ヤフオクでは発送目安を越えてもしっかり落札者に発送が遅れる旨をメッセージ等で伝えておけばOKということになっています。

発送停止期間が終わったらすぐに注意書きは削除する

ここで大事なのが、発送停止期間が終わったらすぐに注意書きは削除することです。

 

その期間が過ぎているのにいつまでも注意書きが残っていると「まだ発送停止中?」と思われてしまいますし、人によっては「過去の日付の注意書きがずっと残ってるなんてちゃんと管理してないんだなぁ」と思われてしまいます。

 

どんな場所においても過去の日付が残っていることで「きちんと更新してない」と思われてしまい、混乱を招き商品の入札・落札を諦めてしまう人もいるのです。

 

そのためにも、発送停止期間が終わったらすぐに注意書きは削除して、通常通りの自己紹介文に戻しましょう。

 

ヤフオクで発送ができないならクレームを避けるために注意書きは必ず入れよう!

以上が、ヤフオクで発送停止をするなら書くべき注意書きについてでした!

 

発送ができない期間が事前にわかっている、もしくは急遽発送できなくなってしまった場合は、必ず発送停止期間のお知らせは自己紹介文に入れるようにしましょう。

 

たとえ落札者が自己紹介文を見ていなかったとしても、「事前に書いてあります通り〜」と説明ができるので、トラブルやクレームを防ぐことができます。

 

ヤフオクでは時期によっては急いでいるユーザーは多いので、このような人たちとトラブルにならないためにも、長期の帰省や出張、旅行などの場合は、しっかり発送停止の注意書きを入れトラブル回避につなげましょう。