メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

メルカリで売れない時にすぐに値下げはダメ!価格を下げる前に見直すべき3つ

スポンサーリンク

メルカリで売れない時にすぐに値下げはダメ!価格を下げる前に見直すべき3つ

メルカリに商品を出品したもののなかなか売れない時に、「価格が原因だ!」と決めつけすぐに販売価格を下げてしまう人は多いです。


確かに価格が原因で売れないケースもありますが、価格を下げるということは手っ取り早い対処法のため、早さで言ったら正直これに尽きます。

 

ですが実は、価格が原因なのではなく商品ページに原因があって、ユーザーが購入に至らないという可能性もあるのです。

メルカリで売れない時、価格を下げる前に見直すべき3つのこと

メルカリでなかなか商品が売れない場合、まずは下記の3つのことを見直してみましょう。

①送料別商品は送料込みに

商品を送料別(購入者負担)にしている人をよく見かけますが、これは売れるまでに時間がかかるのは当たり前です。

実際に通販サイトなどで欲しい商品を探している時、「送料別の商品」と「送料無料(送料込み)の商品」があれば、もちろん送料込みの商品を買いますよね?

今の時代、ネット通販が普及して特にAmazonが送料無料をかなり押し出しているのもあり、まず送料込み商品から探して欲しいものがなければ送料別商品も探すという流れで買い物をするユーザーがどんどん増えています。

ましてや「送料無料でないと買わない」というユーザーもかなり増えています。


相当急ぎのものでない限り、送料がかかるくらいなら実店舗に買い物に行ってしまいます。

それくらい今のユーザーたちは送料に敏感で、これはメルカリでも同じことが言えます。

そこで私の場合は全商品送料込みにして、送料分を考慮した上で値段をつけるようにしています。


送料別の商品の場合、ユーザーも届くまでに送料がいくらかかるかがわからないですし、それなら商品代金に含んでくれている方が安心なので購入率はぐっと上がります。
 

大型の商品は無理に送料込みにする必要はない

送料込みで商品を販売する上での注意点として、メルカリで大型の家具や大型の家電は無理に破格の値段をつけてまで売るのはやめましょう。

大型商品は確実に宅配便での発送になり、荷物の大きさと重さ、お届け先までの距離で送料が変わるので確実に送料だけで1000円以上はかかります。


売れなければ諦めて誰かに譲ったり中古販売店に持って行ったりして、無理にネット上で売らないのがおすすめです。

 

②商品画像に見直すべき点はないか 

メルカリで商品を販売する際、商品画像は非常に大事です。

 

メルカリでは商品が並んだ時に、1枚目の画像だけが大きく表示されます。

メルカリトップページ


つまり、1枚目の画像によってユーザーがその商品をクリックをするかしないかが決まるのです。

 

もちろん2枚目以降の画像も購入の決め手になるので、とても大事です。

 

売れない時は画像も見直してみましょう。


見直すポイントとしては下記となります。

1.メイン画像(1枚目)は商品全体が画像いっぱいに入っているか
2.商品の正面・サイド・背面(裏側)など商品をあらゆる角度から撮った画像を載せているか
3.画像が明るすぎたり暗すぎないか
4.画像の加工はしすぎていないか
5.衣類の場合、よれっとしていないか(シワがよっていないか)


商品画像はネットでものを販売する上で一番大事なものとなります。


自分がユーザーだったらその商品のどんな角度を見たいか(衣類なら全体、裏地、背面、柄アップなど)をよく考えて最大枚数(メルカリは10枚)を撮るようにしましょう。

また、商品をよく見せるためにもしわはしっかり伸ばし、商品の形が崩れないように丁寧に撮ることが大事です。


商品画像については下記の記事に詳しく書いているので、商品画像を見直したい方はこちらも参考に。

 

③商品の詳細・検索ワードは十分に記載しているか

商品のことを知っているのはあなただけです。


そのあなたが商品についてしっかり説明ができていなければ売れるものも売れません。

また、検索ワードとはユーザーに検索されそうなワードという意味です。


その商品を買いそうなユーザーが検索してくるであろうワードがしっかり商品名、商品説明文に入っていなければいつまで待っても買ってくれるユーザーは現れません。

最近では商品説明文を一言で済ませている人がとても多く、これではその商品を買いたい人がいても検索にヒットされず、商品を見つけてもらえなくなってしまいます。


以上を踏まえた上で商品をわかりやすく説明し、ユーザーの目に触れる機会を増やすためにもやるべきことは、下記となります。

1.何というブランドの何ていう商品なのかの説明
2.購入時期、使用頻度、サイズが書かれているか
3.ブランド名は英語・カタカナの両方がしっかり入っているか
4.その商品の特徴のワードが入っているか
5.類似ワードを入れているか


1と2に関してはどんな商品なのか、どのくらい使ったのかなどあなたが知っている情報はできるだけ載せましょう。


これをしっかり説明しなければ、質問ばかりが来て購入までに時間がかかるのは当たり前です。

また、3のブランド名に関しては英語表記で検索してくる人もいれば、カタカナで検索してくる人もいるので、どちらも載せておくのがベストです。
例)GUCCI グッチ

また、4の商品の特徴のワードとは、例えば女性ものの白いVネックシャツを販売する場合、「白いVネックシャツです。」といった説明だけでなく、下記のような文章だと様々なワードが盛り込まれていてベストです。

 

例)
レディースものの白のVネックTシャツです。半袖なので春から秋口まで着られます。


この文章だけで「Tシャツ」「Vネック」「白」「レディース」「半袖」といった、その商品を探しているユーザーが検索しそうなワードを入れ込むことができますよね。

これだけであらゆる検索ワードに引っかかるようになり閲覧数もかなり増えます。


さらに5の類似ワードに関しては、4の延長で1つのワードでも様々な言い方があるものは文章に盛り込むと、さらに検索に引っかかりやすくなります。

例)
・レディース→女性用
・ベッド→ベット
・靴→シューズ

 

ワードが多すぎると文章で作りきれないので、商品説明文の下の方に類似ワードを羅列させておくのも手です。


ですが、あまり関係ないワードを羅列しすぎると怪しい商品になってしまうのでやめておきましょう。

売れない時こそ商品ページを見直して原因を探して改善する

以上が、メルカリで売れない時に価格を下げる前にやるべきこと3つでした!

すべての商品が価格が原因でなかなか売れないということはありません。

 

本当に価格だけが問題なら、何件も値下げ交渉が来るはずです。

 

実は価格が原因だと思っていた商品も、「上記の点を見直しただけですぐに売れた」ということだって十分あり得ます。

 

そのためにもまずは、出品した商品ページの中身をしっかり見直すようにしましょう!