メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

スポンサーリンク

ラクマの値引き交渉の返信例文・断り方は?コメントがしつこい場合には?

スポンサーリンク

ラクマの値引き交渉の返信例文・断り方は?コメントがしつこい場合には?

ラクマのようなフリマアプリでは、頻繁に値下げ交渉(値切り交渉・値引き交渉)が行われており、現在は値下げコメントをしてから購入をすることが当たり前のようになってしまっています。

 

そんなラクマの値下げ交渉とは一体どんなものなのか?断り方はある?値下げ交渉をされた時に出品者が返信すべき例文は?などをパターン別にご紹介します。

 

※ここでは出品者向けの値下げ交渉コメントについてご紹介していきます。

購入者側の値下げ交渉のコツや例文は、下記の記事で詳しくご紹介していますのでこちらも参考に!

ラクマの値下げ交渉とは?値下げコメントは無視してもいい?

ラクマでは、値下げ交渉(値引き交渉・値切り交渉)が頻繁に行われています。

 

この値下げ交渉とは、現在の販売価格に対して購入希望者が出品者に値下げをお願いすることです。

 

例えばラクマで3000円で商品を販売していると、購入希望者が「2700円になりませんか?」などとコメントをしてきます。

 

これが値下げ交渉です。

 

この値下げコメントは、ラクマのルール上OKとなっています。

 

ラクマは「ネット版フリーマーケット」という位置づけがされているため、実際のフリーマーケットのようにお客さんが出品者(出店者)に対して自由に値下げができるかを聞くことができるのです。

 

その値下げ価格に出品者が承諾をすれば、その価格で販売してもOKです。

出品者の判断で値下げを断ってもOK

このラクマの値下げ交渉は、あくまで「交渉」です。

 

そのため、購入希望者が値下げ交渉をしても出品者がその価格までの値下げが難しければ断っても問題ありません。

 

その価格で販売したいのであれば、しっかり事情を話してお断りのコメントを返信しましょう。

 

中には「そこまでの値引きはできないから」という理由で値引き交渉のコメントを無視する出品者もいますが、やはりコメントの無視は印象が悪いのでおすすめできません。

 

値引き交渉を断っても「わかりました」と現在価格で購入してくれる人もいます。

 

また、コメントの無視をし続ければ別のユーザーから値引き交渉が来てしまうこともあります。

 

ですが一度値引きを断っておけば、そのコメントを見て他のユーザーも値引き交渉を諦め現在の価格で購入してくれる可能性が高いです。

 

そのためにも出品者は値引き交渉のコメントは無視はせずに、しっかり返信をすることが大事です。

 

ラクマで値下げ交渉をされた時の返信例文や断り方は?

ラクマでは商品を出品すると、多くの場合値下げ交渉のコメントが入ります。

  

そんな値引きコメントに対してどのように返信をすれば良いかがわからない出品者さんもいると思いますので、値下げ交渉をされた時の返信例文をパターン別にご紹介します。

値下げ価格に納得ができて値引きを受け入れる場合

相手が提示してくる価格に納得できてその価格で販売してもいいと思う場合には、気持ち良く返信してあげましょう。

コメントありがとうございます。

ご希望の◎◎◎円への値下げOKです。

ただ今価格を変更しましたのでご購入をお待ちしております。

返信後はすぐに価格を変更し、購入をされるのを待ちましょう。

悪い相手ではないけど納得のできない金額を提示された場合

評価もよく気持ち良く取引ができそうな相手だけど、自分が納得できない金額を提示されてしまう場合があります。


その場合は断ってしまうのではなく「その価格は無理だけどこの価格ならどう?」と自分から提案してみることがおすすめです。

申し訳ありませんが、送料がこちら負担のためご提示の金額までの値下げは厳しいです。

送料込み◎◎◎円までなら値下げは可能ですが、いかがでしょうか?

送料込み(出品者負担)の場合は、送料を理由にその金額までの値下げを断ってしまえば相手も悪い気はしません。

 

特に、宅配便(ヤマト運輸宅急便・佐川急便・ゆうパック)などで発送する商品の場合は、送料が高くついてしまうことをユーザーも分かっている人も多いです。


「本当は気持ちに応えたいけど送料が・・・」と伝えれば、こちらが提案した金額で了承してくれるユーザーも多いのでおすすめです。

値下げを考えていない場合

商品によっては「絶対にこの価格で売りたい」「赤字になってしまうのでこの価格以上に下げれない」という場合もあります。

 

特に送料込みで500円前後の商品の場合は、そこから値下げをすれば赤字になることもあるので値下げをしたくないという商品もあるでしょう。

 

その場合の返信例文をご紹介します。

送料を理由に断る

送料込み(出品者負担)の場合は、送料を理由に断ってしまいましょう。

申し訳ありませんが、送料負担があるため値下げは考えておりません。

現在の価格でご検討ください。

よろしくお願い致します。

 出品してすぐであることを理由に断る

出品してすぐの商品の場合は、「もう少しこの価格で様子を見たい」という意思を伝えましょう。

申し訳ありませんが、出品したばかりのため現在のところ値下げは考えておりません。

この価格でもう少し様子を見させてください。

よろしくお願い致します。 

他のサイトでも高評価であることを理由に断る

他のサイトでも、いいね!がたくさんついていることを理由に断っても良いでしょう。 

申し訳ありませんが、他ショップでもたくさんいいねをいただいている商品となりますので、現在のところ値下げは考えておりません。

現在の価格でご検討いただきますようお願いいたします。

私の経験上「他ショップでも好評いただいている」と伝えると、すぐにその価格で購入してくれる人もいました。

 

「他サイトでも検討している人がいる」と思うと焦ってその価格でも購入したくなるようです。

赤字になってしまうことを理由に断る

500円前後の低価格商品の場合は、これ以上値下げをすれば赤字になってしまうことを理由に断りましょう。

コメントありがとうございます。

申し訳ありませんが、送料込みでこの価格で販売させていただいております。

これ以上値下げをしてしまうと赤字になってしまうため、現在の価格でご検討いただければと思います。

ご希望に添えず申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

 値下げ交渉をするユーザーの多くは、最初の価格で納得しているものの「さらに安くなれば嬉しいな」くらいに思っている人も多いので、値下げが無理でも状況によってはその価格のまま購入してくれる方も多くいます。

 

そのためにも「悪い人ではなさそうだし現在の価格でなら取引をしてもいいな」と思えば、事情を話し丁寧に返信をすることが大事です。

予想以上に安い金額を提示された場合

たまに「これは常識の範囲外だろ・・・」と思うような金額を提示してくる方がいます。


例えば、10,000円で売っているものに対して「4,500円にしてください」など、半額以上の金額を提示してくれるユーザーもいます。


中には「●●円なら即決します」などと上から目線でくるユーザーもいるため、「この人とは気持ちよく取引ができない」「この人からは買われたくない」と思った相手にははっきり断ることも大事です。

申し訳ありませんが、そこまでの値引きは難しいです。

よろしくお願いいたします。

 このような常識の範囲外の価格を一方的に提示してくる相手とは個人情報を教えてまで取引をしたくないですし、そのような人はマナーがなっていない人が多いです。

 

このような大幅な値下げを要求は出品者に対して失礼に当たりますし、出品者にとってはいい気はしないため、はっきり断りましょう。

「いくらまでなら値下げができますか?」と聞かれた場合

中には値引きしてほしい金額を提示せず、「どのくらいまで値下げができますか?」と様子を伺うパターンの値下げ交渉が来ることがあります。

 

その場合、値下げがOKの商品・相手であれば「●●円まででしたら値下げは可能です」と返信しても良いですが、このような質問は返信に困るという出品者は多いです。


なぜなら相手が望む最低ラインの金額がわからず、探りを入れられているからです。

そこで私は、予めプロフィールに下のことを記載しています。 

値下げ交渉の際は、希望の価格を提示した上でコメントください。

その価格までの値下げが可能かどうかをこちらで判断させていただきます。

 

これを書いた上で「いくらまで値下げはできますか?」と質問が来た時に、は下記のように返信しています。

相手の評価やプロフィールを見て取引してもいいと思った場合

相手が悪い人でなさそうであれば、このように返信してみることがおすすめです。

プロフィールに記載の通り、希望の価格をご提示いただけますでしょうか?

その価格までの値下げが可能かどうかをこちらで判断させていただければと思います。

その後、希望価格がくれば上でご紹介したパターン別を参考に返信してみましょう。

取引したくない相手の場合

プロフィールや評価を見て「この人とは取引したくない」と思えば、このように返信しましょう。

申し訳ありませんが、値下げは考えておりません。

よろしくお願いいたします。

ただでさえ相手が考えている金額がわからず返信に困る質問な上に、評価も態度もイマイチの時ははっきりお断りしてしましょう。

値下げ交渉に備えて出品者が書いておくべきこと

上でご紹介した通りラクマでは値下げ交渉は頻繁に行われ、様々な値切りコメントのパターンがあります。

 

そんな時「ラクマで値下げをしたくない」と思えば、出品者は事前に下記のことをしておくことも大事です。

予め商品ページに「値下げ不可」と書いておく

値下げをしたくない・できない場合は、予め商品ページに「値下げ不可です」と書いておきましょう。

 

また、全商品に関して値下げ不可の場合は「出品している商品全て値下げはできません」とプロフィールに書いておくこともおすすめです。

 

多くのユーザーは、商品が気になったらどんな出品者が販売しているのかを確認するため、出品者のプロフィールに飛びます。

 

そこで「値下げ不可」と書いてあれば値下げ交渉をしてこない人は多いです。

 

ただし、「値下げ不可」と書いていてもそれでもダメ元で値下げ交渉をしてくる人もいるため、その場合は面倒ですがお断りの返信をしましょう。

値下げ交渉が来ることを考えて少し高めに価格をつける

また「この値段から絶対に値下げをしたくない」という場合は、その価格に100~200円を上乗せした価格で出品することもおすすめです。

ユーザーは「値切ってこの価格で買った!」という達成感が欲しい人もいるため、値下げ交渉をされることを想定して気持ち高めに金額をつけて、値下げ交渉をされた時に少しだけ値下げしてあげるというのもポイントです。

 

また、値下げを断ることで「値下げ断られた。この人からは買いたくない」と思ってしまう人もいるため、100円くらいであっても値下げをしてあげることで購入につながることもあります。

ラクマの値下げ交渉はしつこい人も?嫌ならはっきり断ろう

以上が、ラクマでよくある値下げ交渉のパターン別の返信例文・断り方についてでした。

値下げ交渉はあくまで「交渉」のため、値引きコメントが来てそれに応じるか応じないかは出品者次第です。

 

もちろんユーザーからすれば値引きをしてくれた方が嬉しいのでそれが購入に繋がりやすくなりますが、あまりにも安すぎる価格を提示されたり「この人と取引したくないな・・・」と思ったらその時ははっきり断ることも大事です。

 

また中には、値引き交渉が来てそれを断ってもまた値引き交渉をしてくるような、しつこいユーザーもいます。

 

その場合はもう一度はっきり「値引きはできません」と断った後に、ブロックしてしまうのも手です。

 

ブロックしてしまえばそのユーザーが自分に対していいね・コメント・購入申請・購入ができなくなるので、嫌だと思ったらブロック機能も活用しましょう。