メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

ラクマでコメント逃げ・売れないを防ぐためにもコメントは即返信が大事!その理由は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ラクマでコメント逃げ・売れないを防ぐためにもコメントは即返信が大事!その理由は?

ラクマでは、ユーザーは商品に対してコメントをすることができ、商品の質問や値引き交渉は、その商品のコメント欄を利用して行われます。


そんなラクマのコメントは、コメントが来てから出品者がコメントを返信するまでの時間がとても大事になります。

 

またそれが、コメント逃げの防止にもつながるのです。

 

なぜラクマではコメントの返信までの時間が重要になるのか?その理由やコメント逃げを防ぐためには?など、詳しくご紹介します。

 

ラクマではコメントの返信までの時間が超大事!返信は早いほうがいい?

ラクマでは、ユーザーから商品の質問や値引き交渉などのコメントが来たら、出品者はそのコメントに返信をします。

 

 

その際、コメントへの返信時間がとても重要になります。

ラクマの商品コメントは即返信が大事

結論から言うと、ラクマではユーザーから来たコメントは、その場でわかることはすぐに返信することが大事です。

 

例えば「この商品はどれくらい使用しましたか?」「いつ頃購入した商品ですか?」「色はブラックですか?ネイビーですか?」「まだ在庫はありますか?」などの質問であれば、商品が手元になくてもすぐに返信ができます。

 

また、値引き交渉が来た場合も外出先であってもすぐに返信はできるはずです。

 

一方、商品を確認しないとわからないような「肩幅のサイズを教えてください」「画像に汚れがあるように見えますがこれは汚れですか?」などの場合は、返信までに少し時間がかかってしまうでしょう。

 

ですが、その場合でもできるだけ早くコメントの返信をすることが、ラクマで販売をする上で重要となります。

「忙しくてそんなにラクマに時間をかけれない」という人もいるかもしれませんが、本当にその商品を売りたいのであればコメントが来たらすぐに返信、もしくはそのコメントに気づいたらすぐに返信をすることがとても大事になります。

コメントにすぐ返信するべき理由は?

ではなぜラクマでは、ユーザーから来たコメントをすぐに返信をするべきなのでしょうか?

 

その理由は、ユーザーはコメントの返信に時間がかかればかかるほど購入意欲が下がってしまうからです。

 

実は人間の心理上、商品に対しての購入意欲は時間が経てば経つほど薄れていく傾向にあります。

 

ユーザーがその商品に対して疑問を持ち、わざわざコメントをしてくるということは「その商品が欲しい」「その商品が気になっている」という状態であり、いわば興奮状態です。

また、本来ならコメントをせずにすぐに購入をしたいものですが、「わざわざ手間のかかるコメントをし、その返信を待てるくらいに気になっている商品」ということでもあります。

ですがそんな購入意欲の高い状態も、他の商品に目移りをすれば徐々にその興奮度が徐々に薄れていき、時間が経てば経つほど購買意欲が下がってしまうのです。

その結果、コメントをしたものの出品者からの返信が遅ければ「もう別にいいや」と思ってしまうくらいに気持ちが冷めてしまうこともあるのです。

つまり、ラクマでも商品の質問や値引き交渉が来たら、ユーザーの興奮度が下がる前に返信をすれば購入に繋がりやすくなるのです。

返信が遅いとコメント逃げにつながりやすくなる

また、ラクマには「コメント逃げ」というものが存在します。

 

それは、ユーザーがコメントをしておきながら出品者から返信が来ても一切返信・購入をしない行為のことです。

 

つまり、コメントをしっぱなしにするということです。

 

これはラクマのルールのマナーリストにも記載がされています。

コメントしっぱなしで放置しない

値下げのお願いや質問のコメントに返信があった場合は、すぐにお礼を言うなど、放置せずきちんと対応しましょう。

引用:ラクマのルール - フリマアプリ ラクマ

 

このようにラクマのルールにも書いてありますが、コメントしっぱなし・コメント逃げは多発しているのが現実です。

 

ですがこのコメント逃げは、ただ単にユーザーの気が変わったということも考えられますが、「コメントをしたのに出品者からのコメントの返信が遅かったから」という理由も考えられます。

 

上でも記載の通り、ユーザーは気になっている商品があっても時間が経てば経つほど徐々に購入意欲が薄れていってしまうのです。

 

せっかくコメントをしても出品者からの返信が遅ければ、それが結果「コメント逃げ」にもつながってしまうため、出品者はできるだけ早急にコメントの返信を心がける必要があるのです。

ラクマのコメントにすぐに返信できない場合は?対処法は?

そんなラクマのコメントですが、ラクマ出品者さんの中には「コメントに即返信できない」という人もいるでしょう。

 

例えば「日中は仕事で忙しくラクマどころじゃない」「育児で忙しくこまめにスマホが見れない」「夜の仕事をしているためユーザーと生活リズムが違う」など、コメントの返信に時間がかかってしまう人もいるはずです。

 

そんな場合は、下記のことをするのがおすすめです。

返信に時間がかかる人はプロフィールに書いておく

 

事前にプロフィールに「コメントの返信に時間がかかってしまう」ことを書いておくことが大事です。

 

このように入れておけば、ユーザーにも返信に少し時間がかかるということを理解してもらえます。

例:

「日中は仕事をしているためコメントをいただいてもすぐに返信ができない場合があります。

その日中には必ず返信をしますのでお待ちいただけましたら幸いです。」

 

ここで大事なのは「日中は忙しいのですぐには返信できません」「コメントを頂いてもすぐに回答できない場合があります」などと書くだけでなく、「時間がかかっても必ず返信をします」と付け加えることです。

 

「日中は忙しいです」と言われてしまえば、「取引してもこの人は発送にも時間がかかりそうだな・・・」と思われてしまいますが、「その日中には必ず確認して対応する」と書いてあればユーザーも安心して商品コメントや購入をすることができます。


ただし、上でもご紹介した通り「ユーザーを待たせた時間=商品への購買意欲の低下」につながるため、忙しい方もできる限りコメントの返信は早めにするように心がけましょう。

商品を調べないとわからない質問は一時返信をする

また、商品の細かいサイズ感や商品詳細など、手元に商品がないと回答ができない質問も多く来ます。

 

その際、出品者が職場や出先の場合は、すぐにコメントの返信ができずユーザーを待たせてしまうことになります。

 

例えば、朝の8時にコメントが来てその回答がその日の23時になれば、ユーザーはその間「コメント無視されてる?」「この人ちゃんとラクマ見てくれてる?」などと不安になってしまうでしょう。

 

そうなれば、コメントを返信するまでの間に他の商品を購入してしまったり、いいねリストから外されてしまうことが起き、結果コメントを返信しても購入してもらえない可能性があります。

 

この「コメントの返信に時間がかかったことで購入を逃す」ということは、非常にもったいないです。

 

そんな場合はコメントが来たことを確認したらすぐに、下記のようなコメントを返信しましょう。

「コメントありがとうございます。

申し訳ありませんが、商品を見て調べないとわからない内容となります。

現在職場におりますため、帰宅次第すぐに調べて回答いたしますので少々お待ちいただけますでしょうか?

本日中には回答いたしますので、今しばらくお待ちいただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。」

 

このように出品者から一時返信があれば「それなら待っておこうかな」と思ってもらえるはずです。

 

このような返信もなくただただ半日以上待たされれば、ユーザーが他の商品を検討してしまってもそれは仕方がありません。

 

一時返信であっても「コメント見ましたよ!今日中には回答するからちょっと待っててね!」と言われれば、ユーザーも安心して待つことができます。

 

そして何より「マメな人」「信頼できる出品者」と思ってもらえることで、購入に繋がりやすくなります。

ラクマのコメント逃げを防ぐためにもすぐに返信を!

以上が、ラクマのコメントの返信時間の大切さについてでした!

ラクマではコメントの返信は早いに越したことはなく、出品者がどれだけ早い対応ができたかで購入が左右します。

 

また、大事になるのは「ユーザーの購入意欲を下げさせないまま購入をしてもらうこと」です。

 

コメントをもらってからかなりの時間が経ってしまい、購入意欲が下がった後にコメントを返信してもコメント逃げをされてしまう可能性もあります。

 

また、中にはラクマ内で「返信をすぐにいただけなかったので他の商品を購入しました」とコメントが入っているケースも何度も見かけたことがあります。

 

ユーザーは商品のコメントをしても他の商品に目移りしやすいので、ラクマ出品者さんはできる限り早めのコメント返信を心がけるようにしてください。