メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

ラクマで値引き交渉が無視されないコツや例文は?いくらまで値下げは可能?

スポンサーリンク

ラクマで値引き交渉が無視されないコツや例文は?いくらまで値下げは可能?

ラクマのようなフリマアプリでは値下げ交渉(値引き交渉)が頻繁に行われ、もはや値下げしてもらうことが当たり前のようになってしまっています。


この値引き交渉とは、出品者が設定している販売価格よりも安くしてもらえないかと購入者が出品者に行う交渉です。

その際あるポイントを押さえて交渉をしないと、出品者に「ウザい」と思われて断られてしまったり、場合によっては無視されてしまうこともあるのです。

 

そんなラクマで出品者に無視されることなく成功する、値下げ交渉のコツやマナー、例文をご紹介します。

ラクマで値下げ交渉をする上でのコツやマナー

ラクマの値下げ交渉は、あくまで出品者に権利があります。

 

その商品を販売しているのは出品者であり、値下げ交渉に応じるか応じないかも出品者の判断となります。

 

そのため、出品者が納得して値下げ交渉に応じてもらえるように、値引き交渉の際は購入者は下記のことに気をつけなければいけません。

出品者に丁寧な言葉遣いをする

まず大事なことは「出品者を不快にさせない」ことです。

 

値引き交渉は、購入希望者が「値下げしてもらえませんか?」と出品者にお伺いと立てることであるため、ここは低姿勢で丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

出品者側からすると提示している価格で売りたいのが本音です。


なぜならその商品を購入した時の価格、どのくらい使用したか、商品状態などをしっかり考えた上で価格をつけているからです。

中には、値下げ交渉自体に慣れている出品者や、値下げ交渉が来る前提で少し高めに価格をつけている出品者もいるので、ある程度の値下げに応じてくれる可能性はあると思われますが、それは値下げ交渉をしてきた相手にいい印象を持った時だけです。

 

「値下げしてくれよ!」「これ高いから値下げしてくますよね?」「この価格じゃなきゃ買いません」などと失礼な態度でコメントをすれば、それはもちろん出品者に無視されてしまうでしょう。


また、そんな相手とは元々提示している販売価格であっても取引したいと思ってもらえず、ブロックされてしまっても仕方がありません。


つまり、値下げ交渉で大事になるのは、出品者に失礼がなく良い印象を与えるコメントを残すことが大事なのです。

 

コメント次第では「この人なら値下げしてもいいかな」と思ってもらえるように、腰を低く失礼のない態度でお願いするようにしましょう。

値下げして欲しい金額を明確に提示する

ラクマで出品をしているとユーザーから「この商品いくらまで安くできますか?」や「値引きできますか?」などといったコメントが着ます。

 

まずは「値下げができるかどうかを聞きたい」「どれくらい値下げしてもらえるかを知りたい」などという理由からこのように聞くユーザーは多いです。


ですが、このような聞き方の値下げ交渉はやめましょう。

 

なぜなら、これらのコメントは漠然としすぎていて、出品者にとっては返信に困るからです。

出品者は現在販売している価格で売りたいのが本音ですし、このコメントの場合はユーザーがいくらまでの値引きを希望しているかがわからないため、返信に困ってしまいます。

また、こういったコメントがきた場合、「では◎◎円ではいかがでしょうか?」と私が値引きできる範囲の金額を提示しても「じゃあ諦めます」「検討します」「予算よりも高いので結構です」などと言われるケースが多々あり、「だったら自分が買いたいと思う金額を提示してこいよ・・・!!」と思ってしまうのが出品者の本音です。


そのため、購入者は値引きをお願いする際は自分が購入したいと思う金額を必ず提示することが大事なのです。

 

その金額を提示した上でそこまでの値下げは可能なのかを出品者に検討してもらうのが良いでしょう。


上に書いたような「値引き可能ですか?」「いくらまで安くなりますか?」といった漠然とした値引き交渉が一番困ります。

相手を困らせないためにも自分が「このくらいの金額なら買いたい」と思う金額を提示して値引きをお願いするようにしましょう。

値引き額は常識の範囲で

では、こちらが購入したいと思う金額をしっかり提示すれば出品者は値引きを必ず引き受けてくれるか、といったらそうではありません。


もちろん値引きにも限度があります。

たまに10000円で販売している商品に対して「これ半額の5000円になりませんか?」「3000円で即決します」などと破格の金額を提示してくるユーザーがいますが、これは常識の範囲外です。

 

こんな破格の値下げ交渉は、出品者に不快な思いをさせてるだけです。

ユーザーからすると少しでも安い金額でものを購入したいのでしょうが、値引きにも限度がありますし、出品者も購入した時の価格や商品状態などをいろいろと考えた上で10000円という金額をつけているのです。

それにも関わらず最初につけた10000円が意味がないくらいに破格の金額を提示されると、出品者にとっては「絶対に売りたくない」と思ってしまいます。

 

また、一般的なお店で1万円で売られている商品に対して「これ3000円になりませんか?」なんて聞いたら店員さん全員にびっくりされて当たり前ですよね。

 

ラクマでもそれは同じで、気持ち程度・常識の範囲内で値引き交渉をすることがマナーです。

常識の範囲内の値引きとはいくらまで?

そこで疑問なのが「じゃあ常識の範囲内・気持ち程度の値引きとはいくらまでのこと?」ということですよね。

 

もちろんこの「常識の範囲内・気持ち程度」と感じる額には個人差がありますが、私自身が値引きをしてもいいかなと思える金額は、その商品価格の15%オフくらいまでです。


例えば3000円の商品なら2500円(値引き金額15%)くらいに、10000円の商品なら9000円(値引き金額10%)くらいです。

 

それ以上になると「すごい値下げ交渉が来たな・・・」と思ってしまうのが本音ですので、最大でも15%オフくらいまでの値引きなら応じてもらえる可能性はあります。

ただし高額な商品の場合は例外 

ここで注意すべきなのが、10~15%の値引きといえど、高値の商品になるほど大きな値引き額になってしまうということです。

 

上で挙げた例では、3000円の商品の15%は500円ですが、10000円の商品の15%は1500円です。

 

同じ15%でも1000円も差があるのです。

 

もし高値の場合は、端数を切った金額を提示してみる(仮に商品が158,000円だとしたら150,000円にできるか)など、出品者に不快な思いをさせない程度の値引きを提案してみるようにしましょう。

そのくらいの値引きなら「引き受けてもいいかな」と思われる範囲だと思いますので、常識の範囲内の金額を提示するようにしましょう。

予め「値引き不可」と書いている商品に値引き交渉はしない

ラクマで売られている商品の中には、予めプロフィールや商品説明文内に「値引き不可」「値引きは受け付けていません」と書いてあるものもあります。

 

その場合は、商品ページやプロフィールをしっかり読んでくれていない人と思われる上に、予め書いているのに値引き交渉をするのはとても失礼です。

 

値引き交渉コメントをしても「無理です」とそっけなく返されるか、無視されるか、もしくはブロックされてしまうでしょう。

 

その場合は値引き交渉はやめておきましょう。

おすすめの値下げ交渉のコメント例文

ではラクマでは、どのような内容の値下げ交渉コメントが良いのでしょうか

私が出品者として何度も値下げ交渉をされてきた経験を元に、出品者を不快にさせない値引き交渉コメントはこちらです。

はじめまして。
こちらの商品の購入を検討しているのですが、◎◎◎円にお値下げできないでしょうか?
もしお値下げが可能でしたらすぐに購入させていただき、◎日頃にお支払いをさせていただきます。(or売上金・クレジットカードですぐに支払いをさせていただきます。)

ご検討いただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。


ポイントとしては下記となります。

まずは挨拶をしっかりする

 初めて取引をする出品者の場合は、「初めまして」とコメントの冒頭に書くと印象がガラッと変わります。

 

「初めまして。この商品を検討しているのですが〜」と「この商品を検討しているのですが〜」であれば、やはり一言「初めまして」と入っている方が印象は良いです。

 

また、朝早くのコメントなら「おはようございます」「朝早くに失礼いたします」や、夜にコメントをする場合は「こんばんは」「夜分遅くに失礼いたします」などと入れてみましょう。

商品が気になっていることをアピール

ラクマに限らずメルカリでもそうですが、値下げ交渉のコメントが来てその価格に出品者が応じたのにユーザーが結局買ってくれなかったという「コメント逃げ」が少なからず起こります。

 

これは出品者からすれば相当不快ですし、このコメント逃げを経験している出品者なら値引き交渉が来るたびに「この人は本当に購入してくれるのか?」と少し疑ってしまう部分があります。

 

そのため、いきなり「この商品●●円になりませんか?」と聞かれるよりも、「この商品の購入を検討しています」と一言書いてあるだけで購入意思が高いと思われ、値下げに応じてもらえる確率が高まります。

購入したい金額を明確に載せる

購入したい金額を明確に載せることの大切さは、上でご紹介した通りです。

 

その際、元々の販売価格の15%オフくらいまでを限度に希望金額を記載しましょう。

すぐに購入する意思を見せる

すぐに購入できる状態であることを伝えるのも大事です。

 

その理由は、上でもご紹介した「コメント逃げはしませんよ」と伝えるためです。

最後の挨拶も大事

「ご検討いただけましたら幸いです」「よろしくお願いいたします」などと、最後の挨拶も忘れずに入れましょう。

 


これだけしっかりコメントを残せれば、コメントの内容が値引き交渉だったとしても、言葉遣いが丁寧で信頼性のある文章であれば値引きを承諾してもらえる確率が高いです。

「◎◎◎円になりますか?」「◎◎◎円で即決します」などといった一言だけコメントしてくれるユーザーもいますが、私の場合、提示された金額の値引きが可能であっても一言だけのコメントは「あまり印象が良くないな」と思ってしまい値引きを断る場合もあります。(相手のプロフィールを見て評価などを加味した上で印象がよくなければ)

値引きをお願いする以上、ある程度量のある文章の方が印象も良いですし、「購入意思が高い」と思ってもらえます。

少し面倒ではありますが、毎回この値引き交渉コメントをコピペでもOKですので、しっかりと挨拶、金額の提示、最後の挨拶を入れた文章で交渉をすることをおすすめします。

ラクマでの値引き交渉はあくまで交渉であることを忘れずに

以上が、ラクマで値引き交渉をする際のコツや例文についてでした!

 

ラクマの値引き交渉は、とにかく出品者に失礼がないようにがポイントです。

 

なぜなら、値引き交渉はあくまで「交渉」のため、ユーザーの態度やコメント次第で出品者は断ることも無視することもできるからです。

 

また、最初のコメントが失礼だとその後にどんなに丁寧なコメントをしても絶対に値引きはしてもらえません。

 

最初の印象はとても大事になるため、挨拶や言葉遣いなどをしっかり意識した上で値引きコメントをするようにしましょう。