メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

招待コードをぜひ使ってください!
メルカリXMYJNC
ラクマkBzKK

PayPayフリマLNWRRF

新規会員登録時に上の招待コードを入力すると、
メルカリで 500ポイント、ラクマで100ポイント、
PayPayフリマで500円相当のPayPayボーナスをGET!
(↑各サイトの入力方法に飛べます)

【メルカリとヤフオクの違い】購入方法・特徴・メリット・デメリットを比較!

メルカリとヤフオクの違いとは?購入方法・メリット・デメリットを比較!

 

この記事では、下記のことについてまとめています。

 

 【購入者向け】メルカリとヤフオク特徴の違い

購入のメリット・デメリットを比較

結局どっちで購入するべき?

 

メルカリとヤフオクの違いは?購入方法や特徴、メリットを比較!

 

メルカリとヤフオクは、似ているようで全く違う販売サイトです。

 

個人で商品を購入する際、どちらを利用するか迷う方は多いと思います。

 

ですが、それぞれの特徴をしっかり知った上で購入することが重要です。

 

そんなメルカリとヤフオクの特徴やメリットを、徹底比較してご紹介していきます。

メルカリの特徴

まずメルカリで商品を購入する場合についてご紹介していきます。

 

メルカリ(フリマアプリ)では商品を購入する際、下記のような特徴があります。

 

購入は早い者勝ち

ネット通販と同じ感覚で商品が買える

自分の売りたい金額で販売ができる

値引き交渉ができる

匿名での取引ができるので安心

メルカリの売上金で商品を購入できる

売上金をメルペイとして様々なお店で利用できる

ユーザーの年齢層が若く学生がいることも

ユーザーは女性が多い

ヤフオクの特徴

次にヤフオクで商品を購入する場合についてご紹介していきます。

ヤフオク(ヤフーオークション)では商品を購入する際、下記のような特徴があります。

 

オークション形式・フリマ形式の2種類の販売方法がある

オークションなら期間内に一番高値を提示した人が購入できる

フリマなら即決価格を決めて早い者勝ち

オークション形式ならスタートの値段から何倍も上がることも

オークション終了までじっくり見守る必要がある

1円スタートのオークションもあるのでゲーム感覚で楽しめる

PayPayで支払いができる

売上金はPayPayとして他のお店でも利用できる

年齢層は30~40代と大人なユーザーが多い

ユーザーに男性が多い

匿名配送があるので安心

メルカリとヤフオクの購入の特徴の違いをまとめると?

 

メルカリとヤフオクでは個人で売買できるサイトという共通点はあっても、販売形式が全く異なるため特徴も異なります。

その購入の特徴の違いから、各サイトのメリット・デメリットをまとめると下記となります。

 

サイト

メリット

デメリット

メルカリ

  欲しいと思った商品をすぐに購入できる

出品者に値段交渉ができる

ネット通販と同じ感覚で商品が買える

匿名配送で取引ができる

売上金をメルペイとしても利用できる

値段交渉ありきの価格がついている商品が多い

値段交渉しないと高い買い物になる場合も

早い者勝ちとなるため、値段交渉中でも他のユーザーに買われてしまうことも

操作が簡単であるが故、小中学生が利用していることも

ヤフオク

商品によっては激安でゲットできる

 自分で値段を決めて入札ができる

 ゲーム感覚で買い物が楽しめる

値段交渉などの煩わしさがなく、現在の販売価格で検討ができる

 ユーザーの年齢層がやや高く、きちんと取引する人が多い

匿名配送で取引ができる

オークション開催期間があるため、すぐに欲しい商品の購入には向かない

オークション終了まで他に入札が入らないか見守る必要がある

ライバルが多いと予想外に高い値段になって買えないことも 

 

結局メルカリ・ヤフオクのどちらで購入するのがおすすめ?

 

メルカリ・ヤフオクで購入する際の特徴、メリット・デメリットをご紹介しました。

「じゃあ結局どちらで購入するのがおすすめ?」と思う人も多いでしょう。

 

ですが、個人的には「こっちで買うのがいいよ!」とは言えません。

 

なぜなら、上で紹介した通りメルカリ・ヤフオクどちらにもメリット・デメリットがあるからです。

 

私はどちらのサイトでも購入した経験がありますが、結局どちらも出品点数は多く欲しい商品はすぐに見つかりました。

ですが、メルカリ・ヤフオクどちらも上で挙げたデメリットのように、ストレスに感じることがあるのは事実です。

 

そのため、「自分は何を重視して商品を購入したいか?」を基準に購入するサイトを選ぶのが良いと思います。

 

早く欲しいならメルカリ、大人なユーザーと取引がしたいならヤフオクなど。

どちらのサイトにもそのサイトならではの特徴があり、購入方法は全く違います。

 

ぜひ自分にあった販売サイトを選んで、商品を探してみてくださいね。

ヤフオクユーザーは「オークファン」も使うのがおすすめ

ヤフオクで出品・入札(落札)する場合は、「オークファン」というサイトを一緒に使うことがおすすめです。

 

f:id:colotanblog:20201008114835j:plain

画像引用:国内のショッピングサイトをワンクリックでまとめて検索【オークファン】

 

オークファンでは無料会員登録をするだけで、下記のことができるようになります。

 

国内外のオークション・ショッピングサイトをまとめて比較できるため、一番安いサイトで商品を購入することができる

680億件以上のデータから過去の落札相場を調べることができる

「入札予約ツール」で予約した時間に狙った商品を入札できる

オークファンを利用することでポイントが溜まり、現金や電子マネー、商品券などに交換できる

 商品説明文が伝わりやすくなる「出品テンプレート」が無料で使える

 

オークファンは会員登録をするだけで、様々な機能が使えるため売り上げアップにつながりやすいです。

 

また、有料のプレミアム会員・プロPlus会員になるとさらに多くの機能が使えるようになり、今仕入れるべき商品なども知ることができます。

 

ヤフオクユーザーは、ぜひオークファンも一緒に活用してみてください!

 

 

\  無料会員登録ですぐに使える! /

オークファンをチェックしてみる