メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

スポンサーリンク

ヤフオクの値下げ交渉は取り消し・変更はできる?交渉中のこんな場合どうなる?

スポンサーリンク

ヤフオクの値下げ交渉は取り消し・変更はできる?交渉中のこんな場合どうなる?

ヤフオクで値下げ交渉をしようと思った時や、交渉を受け付ける時になんらかのトラブルが発生する場合があります。

 

例えば、値下げ交渉ができない、キャンセル・取り消しをしたい、回答の内容を変更したいなど、様々な困ったことが出てくることがあります。

 

そんなヤフオクの値下げ交渉の「こんな場合どうする?」と言った困ったトラブルの疑問を解決していきます。

 

ヤフオクのフリマ出品・値下げ交渉とは?

ヤフオクでは、フリマ(即決価格)出品に限り「値下げ交渉を受け付ける」を設定することができます。

 

この値下げ交渉を受け付けることで出品者・落札者ともに様々なメリットがあり、商品が売れやすくなります。

 

そんなヤフオクの値下げ交渉のやり方やフリマ出品については、下の記事で詳しくご紹介していますのでこちらも参考に!

 

ヤフオクの値下げ交渉の取り消しや変更などの疑問を解決!

そんなヤフオクの値下げ交渉で起こりがちな、困ったトラブルの疑問にまとめました。

 

もし値下げ交渉に関して何かトラブルがあれば、参考にしてください。

値下げ交渉ができない場合

ヤフオクでは、値下げ交渉ができる商品であっても交渉ができないことがあります。

 

その原因については下記が考えられます。

・出品者が入札に制限を設定している

・ブラックリストに登録している、またはされている

・自分が出品したオークション

・年齢制限がある商品

・Yahoo! JAPANが不正な入札と判断した

・Yahoo! JAPANが利用規約やガイドライン違反と判断した

・入札/落札件数の上限を超えている

 

これらの原因の詳しい内容については下の記事でご紹介しますので、こちらの記事も参考に!

 

ヤフオクで値下げ交渉の取り消し・キャンセルはできる?

もし入札者(落札者)が値下げ交渉をした場合、「やっぱり値下げ交渉を取り消したい」とキャンセルを希望することもあるでしょう。

 

ヤフオクでは一度値下げ交渉をしてしまうと、その交渉を出品者が受け入れた場合即座に落札となってしまうため、落札者からすると焦ってしまいます。

 

その場合は、商品ページの「質問する」をタップし「値下げ交渉の取り消し(キャンセル)を希望したいので『断る』を選択していただけますか?」と出品者に連絡をしましょう。

 

↓「落札する」ボタンの下に「質問する」のボタンがあります

ヤフオクの値下げ交渉をキャンセル・取り消ししたい場合

 

この質問欄では出品者とやりとりができます。

 

ヤフオクの値下げ交渉は出品者がその交渉を断るか、交渉から48時間が経過すれば自動で交渉がキャンセルとなります。

 

早めに「断る」を選択してもらいキャンセルとなった方が安心かと思いますので、出品者には「断る」を選択してもらうようにお願いをしましょう。

 

値下げ交渉の価格を変更したい

ヤフオクの値下げ交渉で「やっぱりこの価格に変更したい」という場合や、出品者から一度交渉を断られてしまい「違う金額で再度値下げ交渉をしたい」などという場合です。

 

その場合は、まだ出品者から値下げ交渉の回答が来ていない場合は上と同様、質問欄から「値下げ交渉をさせていただきましたが、希望価格を●●円へ変更できますか?」と質問をしてみましょう。

 

その後、出品者にその金額での値下げを「断る」か「受ける」を選択してもらいましょう。

 

また、一度値下げ交渉を断られてしまった場合は、1つのオークションで3回までは金額を変えての再交渉が可能のため、再度希望する金額を入力した上で値下げ交渉をしてみましょう。

特定の利用者の値下げ交渉を拒否したい

「過去に取引をして嫌な思いをした」「自己紹介や評価を見てこの人と取引がしたくない」などの理由で、特定のユーザーからの値下げ交渉を受け付けたくない場合もあるでしょう。

 

そんな時は、その相手をブラックリストに登録してしまいましょう。

 

ヤフオクには特定のユーザーをブラックリストに登録することができ、登録ををすると相手から下記のことを拒否することができます。

・入札(落札)

・商品の質問

・値下げ交渉

 

ブラックリストの使い方や登録方法については、こちらを参考に。

 

値下げ交渉の回答内容を変更したい

値下げ交渉が来て出品者が回答をしたものの「やっぱり断りたい」「一度断ってしまったけどあの金額で値下げを受けたい」などと回答を変更したい場合があるかもしれません。

 

ですがヤフオクのシステム上、一度返答した内容は変更できないため諦めるしかありません。

 

出品者は自分の返答内容に責任を持って回答をしましょう。

出品後に値下げ交渉の設定を追加・削除したい

オークション出品後に「やっぱり値下げ交渉をオンにしたい」「値下げ交渉をオフに変更したい」など追加・削除を希望するケースがあるかもしれませんが、一度出品をしてしまうとこれはできません。

 

どうしても値下げ交渉の追加や削除したい場合は、一度オークションを取り消して設定を変更した上で再出品をしましょう。

値下げ交渉が来ると早期終了できない?

ヤフオクでは、値下げ交渉中は早期終了ができなくなっています。

 

値下げ交渉の回答をしてから早期終了をしましょう。

値下げ交渉中にオークションが終了したらどうなる?

値下げ交渉中にオークション終了した場合、値下げ交渉から48時間は交渉が有効となっています。

 

つまり、再出品がされれば48時間以内に出品者が交渉を受けると落札されます。

値下げ交渉中に自動再出品された・再出品した場合は?

値下げ交渉中の再出品に関しては、自動再出品か手動再出品かで異なります。

自動再出品の場合

自動再出品の場合は、再出品後も値下げ交渉から48時間以内であれば有効です。

 

出品者が交渉を受けると落札され、交渉可能な回数も引き継がれます。

手動再出品の場合

手動での再出品の場合は、オークションID(商品ページのURL)が同じであれば再出品後も交渉期限内(交渉から48時間以内)は有効です。

 

オークションID(商品ページのURL)が変わった場合は、交渉はすべて無効となり交渉可能な回数もリセットされます。

値下げ交渉中にオークションを取り消したらどうなる?

値下げ交渉中に出品者がオークションを取り消した場合は、すべての値下げ交渉を自動で断ります。

値下げ交渉は取り消し・変更は基本できない!交渉内容には責任を持とう

以上が、ヤフオクの値下げ交渉の取り消しや変更などのトラブルの疑問についてでした。

 

ヤフオクの値下げ交渉は、一度交渉をしてしまうと基本的にはキャンセル(取り消し)や変更はできません。

 

そのため、落札者も出品者も自分の交渉や回答には責任を持つことが大事です。

 

また、値下げ交渉は上手に使えば出品者は商品が売れやすくなり、落札者にとっては安く買い物ができてお互いにメリットがあります。

 

トラブルのないように事前にしっかりルールを知り、スムーズな値引き交渉をするようにしましょう。