メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

スポンサーリンク

ラクマはブランド名の表記が超大事!売れるための4つのルールやブランドがない場合は?

スポンサーリンク

ラクマはブランド名の表記が超大事!売れるための4つのルールやブランドがない場合は?

ラクマでは様々なブランド品が出品・販売されており、多くのブランド品が毎日売買されています。

 

そんなラクマでブランド品を出品する際、必ずブランド名の表記や登録に気をつけなければいけません。

このブランド名の表記や登録に気をつけるだけで、商品ページへのアクセス数が大きく変わり、さらに売れやすくなります。

 

そんなラクマでブランド品を出品する際の、気をつけるべき4つのブランド名表記についてご紹介します。

 

ラクマで出品するならブランド名表記に注意!守るべき4つのルール

ブランド品をラクマで出品する場合、出品者が守るべきことが4つあります。

 

これを守るだけで多くのユーザーに商品ページを見てもらうことができ、一気に売れやすくなります!

ブランド名を商品情報に必ず入れる

まずは、商品のブランド名は必ず商品名・商品説明文のどちらかに入れましょう。

 

その理由は、ほとんどの人がブランド名を入力して検索をするからです。

 

例えば、ラクマでFENDI(フェンディ)のバッグが欲しいと思った場合、必ず検索窓に入れるのは「フェンディ バッグ」のはずです。

 

「バッグ」「バッグ レディース」だけで検索をしては、フェンディ以外のバッグばかりがヒットして、なかなかフェンディのバッグに辿り着けません。

 

ですが「フェンディ」も付け加えるだけで、フェンディのバッグのみがヒットするようになり商品が探しやすくなります。

 

このようにブランド品は誰もが知っているワードだからこそ、検索されやすく需要も高いのです。

 

また、高級ブランド品であればあるほどブランドの価値は高いので、必ず商品名・商品説明文のどちらかにはブランド名を記載するようにしましょう。

ブランド名はブランドの公式表記と同じにする

またその時に大事になるのは、ブランド名を商品名・商品説明文に記載する時はブランドの公式表記と全く同じ表記をするということです。

 

これはどういうことかというと、FENDIの場合は商品タグやブランドの看板などに載っているブランドの表記は「FENDI」となっています。


ブランドが決めてる表記は、小文字ではなく大文字の「FENDI」になるので、必ず大文字の「FENDI」と記入をする必要があります。

小文字だとこんなにも違和感がある

「フェンディの場合、なぜ小文字表記はだめなの?」と思う人もいるかもしれません。

 

では例えば、フェンディのバッグが下記のようにラクマで売られているとしたら、その商品名を見てどう感じますか?

①FENDI レディースバッグ
②fendi レディースバッグ


どちらも同じフェンディの英語表記ですが、①は大文字で②が小文字です。

 

どちらも「F」「E」「N」「D」「I」の綴りですが、パッと見て感じるものが違うと思います。

①は「あのブランドのフェンディか!」と一目でわかりますが、②の小文字表記では、パッと見ただけではあの高級ブランドのフェンディだとは思わないはずです。

その理由は、私たちはブランドが提示しているブランドの表記・大文字の「FENDI」に見慣れているからです。


つまり、フェンディのバッグをラクマで出品したとして、商品名を②の「fendi」で販売してしまうと、ユーザーはその商品ページを見ても「ん?fendi?何か違う?」と思い、違和感を感じて購入を諦める可能性があります。

 

中には「これは偽物のフェンディ・・・?」と疑ってしまう人もいるかもしれません。

これではせっかく人気ブランドのFENDIを販売していても、FENDIと感じてもらえずとてももったいないです。

そのため、ブランド名は必ず公式の表記と同じように記載をしましょう。

英語・カタカナ表記のどちらも記載する

ラクマの出品者の中には「FENDI バッグ」などと商品名に、ブランド名を英語表記だけを入れている人が多くいますが、これも非常にもったいないです。

 

ブランド名は英語表記だけでなく、カタカナ表記の「フェンディ」も追加するとさらにアクセスが2倍になる可能性があります。

 

その理由は、ラクマの検索窓でFENDIのバッグを検索したいと思った場合、「FENDIバッグ」と入力して検索をする人と「フェンディ バッグ」とカタカナ表記で入力する人がいるからです。

 

またさらに言えば、ユーザーはわざわざ英語表記で「FENDI」と入力するよりも、「フェンディ」とカタカナで入力した方が断然楽です。

 

そのため、「FENDIバッグ」よりも「フェンディ バッグ」と入力して検索する人の方が多いかもしれません。

 

つまりフェンディのバッグを出品するのなら、商品名は「FENDI フェンディ バッグ」と英語表記とカタカナ表記のどちらも記載をした方が圧倒的に検索にヒットしやすく、たくさんのユーザーに商品を見てもらえるようになります。

ブランドが登録されていれば必ず選択する

また、ラクマでは出品時にブランドを選択できる欄があります。

 

ラクマ ブランド名選択

 

この欄は、そのブランドがラクマ内に登録されていれば、必ず選択するようにしましょう。

 

なぜなら、万が一商品名・商品説明文にブランド名の表記が抜けていても、ここでブランドを選択しているとそのブランド名で検索をした時に同じように商品がヒットするようになっているからです。

 

また、同じブランドの商品を閲覧しているユーザーに関連商品として表示されることもあるため、類似商品を閲覧しているユーザーにも商品を見てもらえる可能性が高くなります。

 

ラクマ 関連商品 ブランド

 

このように、ブランド名を設定しているだけで意外なところから辿って商品を見てくれるケースもあるので、アクセスを増やすためにも必ずブランドは選択するようにしましょう。

ラクマでは好きなブランドが登録できる

さらにブランドを設定して出品をすることで嬉しい点が、ラクマではそのブランドを「好きなブランド」に登録しているユーザーがいると、そのユーザーに商品を表示されやすくなります。

 

例えばラクマのメニューから「探す」をタップすると「ブランドからさがす」という項目が表示されます。

ラクマ 好きなブランドの検索方法

 

その「ブランドからさがす」をタップすると、事前に登録している好きなブランドが優先して上に表示されるようになっています。

 

ラクマ 好きなブランドの登録設定

 

つまり、ユーザーがそのブランドを好きなブランドに事前に登録していれば、優先してそのブランドの商品を表示してくれるのです。

 

万が一好きなブランドに登録をしていなくてもここからブランドを検索すれば、そのブランドに設定されている商品を表示されるようになります。

 

いずれにしても、出品時にブランドを設定していることで様々な面でブランドから商品を表示されやすくなり、ユーザーに商品を見てもらえる確率がアップします。

 

↓ラクマの好きなブランドの設定方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ブランド名の入力・設定の注意点や疑問を解決!こんな場合はどうする?

そんなラクマでブランド品を出品・販売する場合、「じゃあこの場合はどうすればいい?」「こんな場合でも売れる?」などと疑問があるかもしれません。

 

そんなラクマでのブランド品販売の様々な疑問を解決していきます!

大文字・小文字でも検索にヒットする?

上の「ブランド名はブランドの公式の表記がおすすめ」という内容を知り、「今まで大文字の綴りのところを小文字にしていた!これは検索に問題はないの?」と心配になる方もいるかもしれません。

ですが、ラクマでは大文字でも小文字でも綴りが間違っていなければ検索には引っかかるようになっています。
(例:大文字の「FENDI」で検索しても小文字の「fendi」の商品も検索にヒットします)

つまり、検索の面では全く問題はありません。

 

ただし上でも解説の通り、その後にユーザーが商品ページを見た時に小文字表記だとピンとこず、購入をしてもらえない可能性があるので注意です。

ラクマにブランド名が登録されていない場合は?

また、上では「ラクマの出品画面ではブランドを必ず選択する」とご紹介しましたが、中には「ラクマにブランド名がない」というブランドも多くあります。

 

有名ブランドや人気ブランド、ラクマでよく検索されているブランドは登録されていますが、マイナーなブランドになると登録されていないことがあります。

 

そんな場合はブランドは選択せず、商品名・商品説明文のどちらかにブランド名を入力するようにしましょう。

異なるブランドの選択はラクマでは禁止

ちなみに、ラクマでブランドが登録されていないからと言って全く関係のないブランドを選択して出品する出品者がいますが、これはラクマの規約違反となります。

 

ラクマのルールにも下記のように記載されています。

禁止行為:虚偽のブランドや無関係なカテゴリの設定

商品のブランドやカテゴリは適切に設定してください。

例えば下記のようなことは禁止しています。

・LIZLISAに似ているLIZLISAではない商品のブランドを『LIZLISA』に設定する
・本やCD、DVDを『その他』カテゴリで出品する

 

見る人が勘違いしないよう、商品情報は適切に設定しましょう。

引用:ラクマのルール - フリマアプリ ラクマ

 

ラクマのルールにもあるように、本来のブランドとは異なるブランドを選択して出品した場合、商品を探しているユーザーにとって非常にわかりづらくなりますし、「このブランドと書いてあったから購入したのに届いてみたら違った!」などとトラブルにも発展する可能性があるので危険です。

 

またこれがラクマ事務局に見つかったり通報されたりすれば、利用停止などのペナルティが課される可能性もあるので、くれぐれも異なるブランドは選択しないようにしましょう。

 

ラクマのブランド品の出品はブランド名の表記が大事!

以上が、ラクマでブランド品を販売する際のブランド名の表記についてでした!

 

ブランド品は人気ブランドであればあるほど探している人の数は多く、出品してすぐに売れる可能性もあります。

 

その際、ブランド名の表記を間違っていたり表記に漏れがある場合は、本当にその商品を探しているユーザーに見てもらえない可能性があり、非常にもったいないです。

  

ぜひブランド品をラクマで出品する際は、表記に間違いのないように正しく記入するようにしましょう。