メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

招待コードをぜひ使ってください!
メルカリXMYJNC
ラクマkBzKK

PayPayフリマTT6A1E

新規会員登録時に上の招待コードを入力すると、
メルカリは500ポイント、ラクマで100ポイント、
PayPayフリマで300円相当のPayPayボーナスをGET!
(↑各サイトの入力方法に飛べます)

【メルカリのオファー機能終了】なぜなくなった?その理由とは?

メルカリのオファーとは?利用できるカテゴリーややり方、断る場合は?

 

この記事では、下記のことについてまとめています。

 

メルカリのオファー機能とは?

メルカリでオファーが終了した理由

 

メルカリのオファー機能とは?終了したのはなぜ?

 

以前のメルカリには「オファー」という機能がありました。

 

オファー機能とは、値引き交渉をコメント欄ではなくボタン一つで行える機能です。

 

今までのメルカリでは、ユーザーが値引きをして欲しい場合は、商品のコメント欄に「●●円への値引きはできますか?」などと文章で価格交渉を行っていました。

 

ですが文字での価格交渉は購入者・出品者ともに手間がかかり、ストレスに感じる人が多くいました。

 

ですがオファー機能を使えば、文章でやり取りをしなくて済みます。

 

さらにはユーザーは、希望金額を入力したら後は値下げの可否を待つだけでとても手軽です。

 

出品者・購入者ともに、楽に値下げ交渉が行えるようになりました。

 

オファー機能終了!その理由は?

そんなメルカリのオファー機能は、2020年10月をもって終了してしまいました。

 

その理由については、メルカリでは公式に発表していません。

 

終了のお知らせが出ただけで、その理由は明らかにされていません。

 

ですが「オファー終了は、下記のことが原因なのでは?」とネット上でささやかれています。

オファーは出品者から超不評だったから

まず考えられるのは、オファー機能は出品者から不評だったことです。

 

オファー機能はコミュニケーションを取らずに、手軽に値引き交渉ができる機能です。

 

これはユーザーにとっては手軽でいいかもしれませんが、値引きをしたくない出品者にとってはオファーが当たり前のように使われるといい気はしません。

 

「オファーは購入者しか得をしない機能」と、出品者からはとても不評な機能でした。

無言の値引き交渉にいい気はしない

オファー機能はコミュニケーションが一切がないまま、いきなり無言の値引き交渉が来ます。

 

例えば従来通りだと、このような値引き交渉が来ていました。

 

「はじめまして!

この商品がすっごく気になっています。

●●●円へのお値引きは可能でしょうか?」

 

ですがオファーは「●●●円への値引きオファーが届いています」と通知が来るだけです。

 

これでは出品者としては、従来通り値引き交渉コメントをもらった方が気分はいいに決まっています。

 

「値引きして欲しいなら挨拶くらいしてよ・・・」というのが、出品者側の本音です。

手軽だからこそあり得ない額の値引き交渉がくる

また、オファー機能は誰でも手軽に値引き交渉ができてしまう点から、あり得ない額の値引き金額を要求されることも多かったです。

 

コメントでやりとりをしなくていい反面、失礼な額の値引きもしやすくなってしまったのが現実です。

値引きを勧めることでメルカリ側の手数料が下がる

オファー機能は、簡単に言えば値引きを勧めるような機能です。

 

値引きが当たり前のように行われれば、メルカリ事務局からしても徴収する販売手数料が下がるのも当たり前のことです。

 

「オファー機能は出品者だけでなく、事務局の首も締めてしまう」ということに、事務局が後から気づいたのかもしれません。

値引きはコメントのやり取りがあってこそ

メルカリでは、オファー機能は不評で終わってしまいました。

 

その理由は、やはり「無言で値引きを要求するなんて出品者に失礼」という点が大きかったのだと思われます。

 

値引き交渉は「交渉」です。

 

ユーザーと出品者がコメント欄でやりとりをしあうことで、「この人ならいいかな」「今回は要望通り値引きを引き受けよう」と思って、値引きに発展するのが本来の流れです。

 

そんな相手の人間性を感じることもないまま、無言の値引き交渉がくればやはり出品者としては不快でしかありません。

 

値引き交渉も楽しめるフリマアプリだからこそ、やはりコミュニケーション能力が必要ということですね。

 メルカリのオファーは終了!値引き交渉はコメント欄で

 

メルカリのオファー機能は、リリースされたばかりの頃は「手軽で便利な機能」だと言われていました。

 

ですがいざ使ってみると、購入者しか得をしない機能だったのです。

 

値引きを受ける側の出品者にとっては、何一つメリットがなかったというのが本音です。

 

今後メルカリでは、値引き交渉は必ずコメント欄でやりとりをすることになりそうですね。

メルカリ出品者さんにおすすめ情報・サイト

 

メルカリ出品者さんにおすすめの情報やサイトをまとめています。

 

興味があるものがあれば、ぜひ日頃のメルカリ販売に役立ててください。

【仕入れ】グッズステーション

【ラクマ転売におすすめ】個人仕入れが可能なサイトまとめ

画像引用:ネット販売向け卸サイト「グッズステーション」

 

グッズステーションは、人気な輸入商品を卸販売しているサイトです。

 

商品を仕入れてメルカリで販売したい方は、グッズステーションはとてもおすすめです。

 

主にAmazonで商品を出品している人向けになりますが、仕入れた商品をメルカリやラクマなどに出品することも可能です。

グッズステーションの特徴

人気な輸入商品を卸販売しているサイト

購入した商品の「商品撮影・販売用画像」の作成サービスあり

販売先がAmazonの場合は「販売用ページ」を作成するサービスもある

中国の上海に物流倉庫を確保

トレンドに準じて、売れ筋商品の輸入から新製品の開発まで行っている

 

 

メルカリで物販もやってみたい方は、安心安全な卸サイトから商品を仕入れてみるのもおすすめです。

 

 

\ メルカリで物販をするなら! /

グッズステーションをチェックする

【買取】バイセル

f:id:colotanblog:20220416144644j:plain

画像引用:満足価格!お引越しで整理したいモノの買取【バイセル】

 

バイセルは、幅広い商材を高額で買い取ってくれる買取サービスです。

 

メルカリで売るのは面倒な大型商品や出品時にルールがあるカテゴリーは、バイセルで一気に買い取ってもらうのも手です。

バイセルの特徴

フリマアプリで売るには面倒で大変なものを、一気に買い取りしてくれる

ブランド品 お酒 切手 楽器 食器 家電 ゴルフ用品 など)

宅配買取・出張買取・店頭買取から選べる

査定は無料

出張買取は全国対応

 

無料で査定をしてもらえるため、どのくらいの買取価格になるか試しに申し込んでみるのもおすすめです!

 

 

\ なかなか売れなかったものが売れるかも! /

バイセルをチェックする

【買取】Pollet(ポレット)

 

ポレットは使わなくなった不要品、商品券、ポイントまで、身の回りのものを簡単に現金化できる買取アプリです。

 

アプリ操作のため手順も簡単、不要なモノをダンボールに詰めるだけですぐに買取してもらえます。

ポレットの特徴

不用品から金券類まで幅広い買取が可能

フリマアプリでは出品禁止のものも買い取ってもらえる

(余った年賀状・金券・ポイント・外貨・株主優待券など)

不要なものをダンボールに詰めて送るだけ

自宅に箱がない場合も取り寄せ可能

身分証の提出や買取リストの作成など一切不要でラク

 

 

\ アプリで簡単買取! /

ポレットをチェックする