メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

メルカリで購入後《購入者の情報》はどこまで出品者は見れる?購入者の電話番号や出品者の情報が表示されない理由とは?

スポンサーリンク

メルカリで購入後《購入者の情報》はどこまで出品者は見れる?購入者の電話番号や出品者の情報が表示されない理由とは?

メルカリ初心者さんからすると、メルカリで商品を購入して取引を開始した場合、自分の個人情報はどこまで相手に渡るのか?が気になりますよね。

 

私も最初メルカリで購入をした時に「メルカリの会員登録で色々な情報を登録させられたけど、これってどこまで相手に伝わるの?」と一瞬不安になったことがあります。

 

メルカリの会員登録の際には住所、名前、電話番号、誕生日、メールアドレスまで入力する必要があるため、これが全て出品者・購入者に渡ったら怖いことになりますよね。

 

そんなメルカリで商品購入後、購入者の情報がどこまで出品者に伝わるのか?について詳しく書いていきます!

 

匿名配送での取引は一切個人情報は相手に伝わらない!

 

メルカリではらくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便といった匿名配送ができる配送方法があります。

 

これらの配送方法の場合は、出品者は手書きで宛名を書くする必要もなく、購入者の個人情報は取引画面上にも一切表示されることはありません。

 

匿名配送を利用すると、購入後にメルカリが出品者・購入者の住所や氏名のデータを集約した二次元コードを発行します。

 

その二次元コードを使って出品者が発送作業を行うため、出品者も配送時に一切購入者の情報がわからず、さらに購入者も荷物の受け取り時に出品者の情報が伏せた状態で荷物が届くようになっています。

 

そのため、取引終了まで一切お互いの情報がわからないまま取引ができるのです。

 

また、ゆうゆうメルカリ便は、購入者の都道府県、郵便番号の初めの数字のみ配送伝票に印字されますが、それ以降の市町村等の情報は一切わからないようになっています。

 

匿名配送以外の商品を購入すると出品者が見られる情報とは?

 

メルカリで商品を購入し、その商品が匿名配送(らくらくメルカリ便・ゆうゆうメルカリ便)以外の配送方法だった場合は、取引画面上に下記の情報が表示され、出品者も見られるようになります。

 

・購入者の住所(郵便番号も)

・購入者の名前(フルネーム)

 

 

これは荷物を配送をする際に必ず必要な情報となるため、これらの情報は出品者へ行きます。

 

メルカリの会員登録の際に入力した電話番号やメールアドレス、誕生日等の情報は出品者には行きません。

 

購入者情報の表示は代金が支払われてから

メルカリで購入者が商品を購入するとすぐに出品者は購入者の情報が見ることができるのか、というとそうではありません。

 

メルカリでは商品を購入しても購入者が代金を支払ってから購入者の住所・氏名が出品者に公開されるようになっています。

 

クレジットカードや全額ポイント利用、全額売上金などでの支払いの場合は、購入時に即決済が完了しますが、コンビニ払い・ATM払いの場合は購入後に購入者が支払いに行く必要があり、支払い待ちの期間があります。

 

その支払い待ちの期間中は購入者の情報は非公開となります。

 

その理由は、まだ発送ができる状態では無いのに購入者の住所・氏名を表示すると、支払い前に商品を発送してしまう出品者がいるからです。

 

購入後すぐに購入者の情報が公開されてしまうと、もう自分が商品を発送しなければいけないと勘違いしてしまう出品者もいるでしょう。

 

また、もし支払い待ちの状態で発送をしてしまったら、代金が支払われていないのに商品を発送してしまう代金未払いのトラブルにも繋がる可能性があります。

 

そのようなトラブルを防ぐためにも、購入者が商品代金を支払って商品を発送できる状態になってから、購入者の住所と氏名を公開する流れとなっています。

 

 

商品発送の際に購入者の電話番号が必要なのでは?

 

商品を発送する際、配送方法によっては受取人(購入者)の電話番号を書く欄があります。

 

その際、上記の通りメルカリでは購入者の住所と氏名しか教えてもらえないので、出品者は「電話番号の欄どうしようかな・・・・」と思ってしまうでしょう。

 

 

そもそもメルカリが取引画面に購入者の住所と氏名は表示するものの、なぜ電話番号を表示しないかというと、ユーザー間でストーカー行為、嫌がらせ行為、メルカリ以外での連絡を取ることを禁止しているからです。

 

電話番号さえあればショートメールでメールも送ることができますし、電話番号を使った嫌がらせやストーカー行為も可能です。

(メルカリでは取引画面以外でのメッセージのやりとりや外部機能を使って連絡を取ることは禁止になっています)

 

そのようなトラブル防止のためにも電話番号は公表しないのだと思われます。

 

 

そのため、受取人(購入者)の電話番号を記載しなければいけない配送方法の場合は、窓口の人に「相手の電話番号がわからないのですが空欄でもいいですか?」と聞いてみてもいいでしょう。

 

実際に私が電話番号を空欄にした状態でも発送ができた配送方法もあります。

 

その際「必ず電話番号を記載してください」と言われれば、メッセージで相手の電話番号を聞く必要がありますが、せっかく配送場所まで来たのに、また購入者へメッセージで電話番号を聞いてその返信を待っていたら大変ですよね。

 

そのため、私の場合はひとまず自分の電話番号を書くようにしています。

 

私は今まで頻繁に自分の電話番号を書いて発送したことがありますが、過去に配送業者から電話が来たということもありませんので(もちろん購入者からも)、スムーズに購入者が荷物を受け取ってくれれば、特に電話が来るということもないでしょう。

 

購入者は出品者の情報が見られない!これって不公平?

 

上でもご紹介した通り、メルカリでは購入後の取引画面では購入者の住所・氏名のみが表示され、出品者の情報は一切購入者に表示されなくなっています。

 

このことがわかると購入者は「なんで自分だけ相手に個人情報を教えるの?これって不公平じゃない?」と思うかもしれません。

 

ですが、必要最低限の情報しか表示しないということを事務局が決めているのだと思われます。

 

実際に、購入者の住所・氏名がないと荷物が配送できないので絶対に必要な情報となりますが、出品者の住所・氏名は購入者に教えたところで取引で必要なわけではありません。

 

そのため、出品者の住所や氏名を購入者に教えたところで、ただ取引画面上に出品者の不必要な情報が公開されているというだけになります。

 

購入者からすれば「出品者も同じように個人情報を教えるべき!」と思うかもしれませんが、購入者だけの情報が公開されるのは仕方がありませんので、こういうものだと思うしかありません。

 

取引完了後は購入者の情報は非公開になる!

 

「取引中は自分の住所と名前を出品者は見ることができる」と思うと、購入者からすればなんだか嫌ですよね。

 

この自分の情報はいつまで出品者に公開されるのか?と心配になってしまいます。

 

ですがメルカリでは購入者が荷物を受け取り、評価をつけて取引が完了すると出品者に自分の情報は非公開になります。

 

つまり、メルカリの取引画面で購入者の住所・氏名の情報が出品者が見られる期間は、購入者が支払い完了後~取引完了までとなります。

 

 

購入者情報は配送以外の利用は絶対にやめましょう!

 

以上が、メルカリで商品購入後、購入者の情報がどこまで出品者に渡るのか?についてでした。

 

メルカリでは購入者の情報は、住所と氏名しか伝わりません。

 

基本は配送に使う最低限の情報しか伝わらないですし、出品者の個人情報は表示されないようになっています。

 

出品者はもし配送の際に電話番号が必要な時は相手へ事情を話して教えてもらうか、出品者自身の電話番号を書いても良いでしょう。

 

ただし、購入者の電話番号を聞いたら配送以外での利用は絶対にやめましょう。

(もちろん電話番号だけに限らずです!)