3UP♡専業主婦が在宅副業でリッチになる方法

普通の専業主婦がフリマアプリ・オークションサイトを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

フリマアプリは値下げ交渉はつきもの!値切りをされた時のパターン別対処法!

この記事をシェアする

f:id:colotanblog:20170628143329j:plain

 

こんにちは!ころたんです。


メルカリやラクマ、フリルでものを販売しているときに絶対に起こるのが「値下げ交渉」(値切り交渉・値引き交渉)。

例えば3000円で販売しているものに対して、「2500円にならないですか?」「どのくらいまでなら値下げ可能ですか?」などとコメント欄に来たりします。


まあフリマアプリなのでこれはつきものです。

お客さんも中古でもいいから安いものが欲しいわけで、いかに安く値切って買うかが購入者にとっては大事になったりします。


ですが出品者からすると値下げは嬉しいものではありませんよね。

こちらからすると送料や商品の原価などを考慮した上で価格を付けているので、できればこちらが提示している価格で販売したいですよね。


かといって「値下げはしません」と冷たく返してしまうとその後その方は購入してくれなくなることもあります。


そこで「できるだけ値下げはしたくない、だけど買って欲しい」と思う出品者さんのために私が日頃使っている値下げの対処方をパターン別でお教えします♪
 



フリマアプリで値下げ交渉をされた時のいくつかのパターン

①納得できる範囲内での金額の値下げ交渉の場合


相手が提示してくる価格に納得できてその価格で販売してもいいと思う場合には気持ち良く答えましょう。

→返信例
「ありがとうございます。ご希望の◎◎◎円への値下げOKです。ただ今価格を変更しましたのでご購入をお待ちしております。」


私の場合、要望がない限り専用にはしません。
価格のみを変更してコメントを返信しています。


「値下げコメントをくれた方以外の人に購入されたら嫌だ」、「専用にして欲しいと言われた」などがあればその方専用のページに編集してあげましょう。


②こちらが納得できない金額の値下げ交渉の場合


評価もよく、気持ち良く取引ができそうな相手だけど自分が納得できない金額を提示されてしまう場合があります。


その場合は、「その価格は無理だけどこの価格ならどう?」と自分から提案してみましょう。


→返信例
「申し訳ありませんが送料がこちら負担のためご提示の金額までの値下げは厳しいです。送料込み◎◎◎円までなら値下げは可能ですがいかがでしょうか?」


私の場合は全商品送料無料(私負担)で販売しているので、大きな値下げはしていません。


ですので、きちんと「送料がこちら負担だから大きな値下げはできない」という意思を伝えましょう。


ただでさえ宅配便の場合600~1000円程度の送料を負担しなければいけないので。。。


「本当は気持ちに応えたいけど送料が・・・」と伝えれば、こちらが提案した金額で了承してくれる方も結構いますよ♪


③現在の価格から値下げをしたくない場合


「もうこの価格以外での販売は考えていない」という時や「出品したばかりなのにすぐに値下げ交渉が来た・・・」というパターンです。


→返信例1
「申し訳ありませんが、(出品したばかりですので)現在のところ値下げは考えておりません。この価格でもう少し様子を見させてください。何卒よろしくお願い致します。」


→返信例2
「申し訳ありませんが、他ショップでもたくさんいいねをいただいている商品となりますので、現在のところ値下げは考えておりません。何卒よろしくお願いいたします。」


出品してすぐの商品の場合は、「もう少しこの価格で様子を見たい」という意思を伝えましょう。

また、解答例2のように「他ショップでも好評いただいている」と伝えるとすぐにその価格で購入してくれる方もいました。笑

結局はお客さんも最初の価格で納得していて、「さらに安くなれば嬉しいな」くらいの方もいるので、値下げが無理でも状況によってはその価格のまま購入してくれる方もいます。


また、ここから絶対に値下げをしたくないという場合は100~200円を上乗せした価格に変更することもおすすめです。

お客さんとしては「値切ってこの価格で買った!」という達成感が欲しかったりするので、値下げ交渉をされることを想定して気持ち高めに金額をつけて、値下げ交渉をされた時に少しだけ値下げしてあげるというのもポイントです。


④予想以上に安い金額で値下げ交渉をされた場合


たまに「無理だろ」と思うような金額を提示してくる方がいます。
例えば、10000円で売っているものに対して「4500円なら買います」など。


中には上から目線で「この価格なら買ってもいいけど」的な感じでくる方もいますので、気持ちよく取引ができないと思った相手にははっきり断ることも大事です。


→返信例
「申し訳ありませんがそこまでの値引き不可です。」


そのような人に個人情報を教えてまで取引をしたくないですよね。
相手が礼儀のないコメントをしてくる方の場合は、こちらもいちいち構ってられませんのでさらっと、かつはっきりとお断りしましょう。


⑤いくらまでなら値下げが可能かを聞かれた場合


これ、結構非常識ですよね・・・。
私はこの質問が来た時が一番不快です。


なぜなら相手が望む最低ラインの金額がわからないから。


私の場合、この質問が一番困るので、予めプロフィールに
「値下げ交渉の際は希望の価格を提示した上でコメントください。その価格までの値下げが可能かどうかをこちらで判断させていただきます。」

と書いています。

なのでこの質問が来た時は、下記のように返信しています。

 

相手の評価やプロフィールを見て取引してもいいかなと思った場合

→解答例
「プロフィールに記載の通り、希望の価格をご提示いただけますでしょうか?その価格までの値下げが可能かどうかをこちらで判断させていただければと思います。」

取引したくない相手の場合

→解答例
「申し訳ありませんが、値下げは考えておりません。よろしくお願いいたします。」

とただでさえ一番困る質問な上に評価も態度もイマイチの時ははっきりお断りしています。



以上がメルカリやラクマ、フリルで販売するにあたりよくある値下げ交渉のパターンです。

基本、取引したくないと思う場合はしっかりお断りを入れることが大事です。


また、値下げ交渉をされても気持ち良く取引ができる相手なら、こちらも誠意を持って対応してあげましょう♪


ちなみに、値下げ交渉をされてその価格でOKの場合、その価格へ変更してコメントを返信しても購入をしてこない方がたまーにいます。


気が変わってしまったのか、ただのコメント逃げ常習犯なのか。。。

その場合、別の記事でも書いたように、不要、購入の意思がないと判断した人のコメントはすぐに削除するようにしましょう!


▼別記事も参考に♪▼

colotanblog.hatenablog.com

 

値下げ交渉が来ると「またか~」と思ってしまいますが、お互いが納得出来る価格で取引することが一番大事です!
気持ち良く取引ができるよう値下げ交渉の返信もきちんと対応しましょう♪


▼実際にあったメルカリ内の謎の値切り交渉!▼

colotanblog.hatenablog.com