メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典

普通の専業主婦がメルカリ・ラクマ・ヤフオクを使い最高月収18万円の副業中♪ 誰にでもできる売れるコツ・販売ノウハウをご紹介!

“メルカリ・ラクマ・ヤフオク活用辞典"

招待コードをぜひ使ってください!
メルカリXMYJNC
ラクマkBzKK

PayPayフリマTT6A1E

新規会員登録時に上の招待コードを入力すると、
メルカリは500ポイント、ラクマで100ポイント、
PayPayフリマで300円相当のPayPayボーナスをGET!
(↑各サイトの入力方法に飛べます)

ヤフオクの違反申告は意味ない?うざいだけ?違反商品が削除されないのはなぜ?

ヤフオクの違反申告は意味ない?うざいだけ?違反商品が削除されないのはなぜ?

  

この記事では、下記のことについてまとめています。

 

● ヤフオクの違反申告は意味ない?

意味がない・うざいだけと言われる理由

 

ヤフオクの違反申告は意味ない?うざいだけ?

 

ヤフオクの違反申告機能とは、ユーザーがヤフオクに通報ができる機能です。

 

ヤフオクに出品されている商品の中で「これヤフオクの規約違反だ!」と他のユーザーが判断し違反申告ボタンを押すと、簡単にヤフオク事務局に通報をすることができます。

 

また、違反申告は匿名で行うことができます。

 

出品者は誰からの違反申告かはわからないようになっているため、相手が特定できないという特徴もあります。

違反申告をすることでどうなる?

ヤフオクでユーザーが違反申告をすると、このようなことに繋がります。

 

● 規約違反している商品を事務局に通報できる

● 出品者に商品の見直しの警告ができる

● 規約違反に該当する場合、出品者は違反に気づくことができる

● ヤフオクの安全な取引につながる

 

ヤフオクの出品者の中には、違反していることをわかって出品している人もいます。

 

そのような商品は、商品を探しているユーザーからすれば迷惑でしかありません。

 

ヤフオクのルール違反をしている商品は、購入してもトラブルの元です。

 

そのためにもヤフオクでは、ユーザーが違反商品を見つけ次第、すぐに事務局に通報ができる「違反申告」機能があるのです。

 

ヤフオクの違反申告はうざい!意味ない!と評判

 ヤフオクの違反申告は、残念ながら「うざい」「意味ない」と多くの声が上がっています。

 

 

その理由は、下記が挙げられます。

嫌がらせ目的で違反申告される場合がある

ヤフオクの違反申告は、本来の目的とは異なることに使われてしまうこともあります。

 

それは、違反していない商品であっても嫌がらせ・いたずら目的で違反申告されてしまうことです。

 

実際に私も、何も違反していない商品であるのに違反申告がたくさん届いたことがありました。

 

違反申告は匿名でできてしまうため「身元がバレないからやってしまえ」と、面白半分でやるユーザーも多くいます。

違反申告はユーザーの判断

ヤフオクの違反申告は、あくまで違反申告をしてきたユーザーの判断です。

 

そのユーザーが「これは違反だ!」と思っても、実は事務局側がチェックしても「これは違反でないですよ」となるケースもあります。

 

「これは違反だ!」と感じるハードルは、ユーザーごとに異なります。

 

そのため、違反をしていないのに違反申告が多くくると、出品者としてはうんざりしています。

違反商品を見つけても、なかなか商品が削除されない

確実に違反商品であっても、ユーザーが違反申告をしてもなかなか商品が削除されないケースもあります。

 

実際に、ネット上では「手元にない商品を販売している出品者に対して違反申告をしたのに、その後もずっと販売し続けている人がいる」という声がありました。

 

違反申告をしてもなかなか商品を削除されず、さらには出品制限・利用停止などのペナルティも科されていない人もいるようです。

ヤフオクで違反商品であっても商品が削除されない理由

 

ヤフオクで完全なる違反であっても違反申告後、なかなか商品が削除されないことがあります。

 

その考えられる理由については、下記が挙げられます。

違反申告の通知後、数日で商品が削除される

ヤフオクで違反申告をすれば、すぐに違反商品が削除されるわけではありません。

 

通知が届いた後、出品者は違反に該当するかどうかを確認し、ページ修正する必要があります。

 

その修正に少し時間がかかる場合があります。

 

それを待っても出品者がページ修正等の対応を取らない場合は、事務局の判断で違反商品は削除されます。

事務局の対応が追いついていない

次に考えられるのは、ヤフオク事務局の対応が追いついていないことです。

 

違反申告はどんなユーザーでも申告できてしまうため、事務局に届く数が多いのが現状です。

 

それを目視で一つづつ確認すれば、かなりの時間がとられてしまいます。

いたずらも多く判断に時間がかかる

また、違反申告はほとんどが「いたずら」「嫌がらせ」だと言われています。

 

面白半分で違反申告をしてくるユーザーも多いため、違反申告が来てもいたずらか違反かの判断に時間がかかる場合もあります。

ヤフオクの違反申告はとりあえずある機能と思っても良い?

 

ヤフオクで出品した商品に違反申告が入ると、出品者としては「なんで?」とパニックになります。

 

ですが、実際のところ落札者側からすれば「意味がない」、出品者側からすれば「うざいだけ」と言われているのが現状です。

 

違反申告のほとんどがいたずらのため、出品者もあまり深く感じていない場合も多いです。

 

いたずらの場合は件数も多いため、全ての違反内容を確認できないこともあります。

 

その中に違反商品が含まれていたとしても、見落としてしまい放置されてしまうケースもあるでしょう。

 

違反申告機能がある以上は、事務局にはしっかり管理して欲しいところですが、「とりあえずある機能」くらいに思っておきましょう。